【HIT】多くの仲間と協力して強くなって報酬を入手しよう!ギルド加入のすすめ

冒険エリア「シラン平野地帯7ー5」クリアすると、ギルド戦のコンテンツが解放されます。

ギルドでは他のギルドとリアルタイムで対戦できる、ギルド戦に参加できるなど様々なことができます。

ギルドについて紹介していきます。

共鳴の亀裂に挑戦

共鳴の亀裂は、選択したギルドメンバーと一緒に進められるダンジョンです。キャラクターレベルが25レベルになると、入場することできるようになります。全10ステージあり各ステージをクリアすると「クリア報酬」と「ギルド・貢献ポイント」が手に入ります。

10ステージ目をクリアするまで、無制限で参加できます。

ギルドスキルが適用できる

HIT、ギルドスキル画面。

ギルドスキル購入画面。
ギルドスキルが購入できるのは、ギルドマスターのみ。

ギルドのレベルに応じてギルドスキルを適用できます。

ギルドスキルはギルドのレベルによって効果量が上昇します。ギルドスキルの購入は、加入しているギルドを作ったマスターのみが購入できます。
  • 経験値UP
  • ゴールド獲得UP
  • 冒険ダメージUP
  • 対戦ダメージUP
  • 冒険被ダメージDOWN
  • 対戦被ダメージDOWN

ギルドレベルを上げよう

ギルドポイントはギルドのレベルを上げ、貢献ポイントはギルドショップでアイテムと交換できます。

ギルドなので多くのギルドメンバーを集めて、毎日ギルド寄付をしたりして協力していきましょう。

ギルド・貢献ポイントの入手方法

  • 冒険エリアをクリア

1ステージクリアでギルド・貢献ポイントがそれぞれ2ポイント入手できます。

一度クリアしたステージは、何度でもポイントを入手できます。

パスチケットを使って経験値・ゴールドのボーナスがついたエリアを周回すれば、レベル上げやゴールド稼ぎも同時にできます。

  • 決闘場・乱闘場に参加

決闘場と乱闘場は勝敗に関係なく参加するだけで、ギルド・貢献ポイントがそれぞれ4ポイント入手できます。

自分の実力を試しつつ、積極的に参加してみましょう。

  • レイドに参加

レイドも勝敗に関係なく参加するだけで、ギルド・貢献ポイントがそれぞれ4ポイント入手できます。

参加可能時間になったら、こちらも積極的に参加していきたいです。

  • 共鳴の亀裂をクリア

最初に紹介した共鳴の亀裂のステージをクリアすると、1日1回ポイントが入手できます。

ギルドショップが使える

ギルドショップ画面

ギルドショップ画面。
毎日貢献ポイントを集めて、アイテムと交換できる。

貢献ポイントを集めて、特定のアイテムと交換が出来ます。

交換できるアイテムは、ギルドレベルによって変わってきます。

ギルド戦に挑戦

冒険エリア「シラン平野地帯7-5」をクリアすると解放されます。

ギルド戦は、毎日13:00~15:0021:00~23:00の2回開催されます。

1試合3分でポイント消費で最大10回、1回50ジェムで最大30回参加が可能です。

ギルド戦の成績によってランキングされ、ランキングの順位によって報酬のジェムが貰えます。

毎週日曜23:00にランキング集計されて、月曜に報酬が配布されます。

ギルド戦の戦い方

ギルド戦は3人で1つのチームを作って、他のギルドとリアルタイムで対戦できます。

リアルタイムなので、戦略が必要になってきます。

  • 個人プレーをしない

ギルド戦は、仲間の2人をどれだけ連携できるかがカギになってきます。

仲間が攻められているときに、1人で逃げ出すなんてことはしないですよね?

同じギルドの仲間ですから、支援をしたいところです。

支援に入るときは、相手の後方から攻めていきましょう。

  • 橋に飛び出して行かない

戦闘開始序盤で3人そろって、相手の陣地に突っ込んで行かないようにしましょう。

回避が上手な人や「不屈」の固有スキルをもった人が、先頭になって戦闘を進めましょう。

まずは、そこから展開していく作戦を立てましょう。

  • 画面下に位置どる

相手の位置や味方の位置を把握でき、全体を見渡せる画面下に位置どりましょう。

いつでも味方を支援できて攻めに転じる事ができるので、意識してみましょう。

  • 拘束を狙う

理想の戦い方は、3対1または2体1に持ち込むことです。

気絶状態にできるスキル当てて気絶状態を狙うことで、コンボに繋げて確実にKILLを稼ぐことが出来ます。

味方だけでなく仲間を守る事にもつながってきます。

  • 相手を起こさない

相手を気絶状態に出来たなら相手を起き上がらせる可能性のある、ルーカスのスキル「天翔鳳凰」などのスキルを当てないようにしましょう。

ギルド戦に挑むときは、セットするスキルの効果を確認しておきましょう。

  • スキルを大切に

スキルを無駄に連発しないようにしましょう。

相手を拘束したり自分や味方を守るにも、スキルがあれば対応できます。

対人戦同様スキルは相手に先だしさせて、カウンターを狙って行きましょう。

  • スキルのクールタイムで形勢逆転

スキルのクールタイムの時、味方を支援したり相手にスキルを発動させて形勢を変える事が出来ます。

その時に、画面下に位置どっていれば、効率よく立ち回れるかと思います。

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

下に続きます