【FGO】真名は超簡単!? 密林の女王「エルドラドのバーサーカー」の取り扱い説明書

1.5部から始まった楽しい楽しい真名当て。

今回事前にビジュアルが公開されていたのは、「不夜城のキャスター」と「エルドラドのバーサーカー」、「不夜城のアサシン」の3人です。

前回の「ロボ」と言うとんでもない変化球も無く、今回は全員シンプルな真名でした。

とくに「エルドラドのバーサーカー」は序盤からヒント満載なので、すぐにピンと来てしまった人も多いはず。

今回はそんな「エルドラドのバーサーカー」をご紹介いたします。

アガルタピックアップ

今回は星4が強い!?

【ネタバレ注意】「エルドラドのバーサーカー」ってなにもの?

以下で「エルドラドのバーサーカー」の人となりを、伝承とFGOの両面からざっくりと見ていきます。思いっきりネタバレなので、まだそこまで進んでいない人は飛ばしてください。

伝承における「エルドラドのバーサーカー」

ギリシア神話に登場する女性だらけのアマゾネスを束ねた女王「ペンテシレイア」がその真名。

ちなみに、ヘラクレスにだまし討ちにされた「ヒッポリュテ」は姉にあたります。

ギリシア神話上では、トロイア戦争期に登場。

「ヘクトール」亡き後のトロイアの要として大活躍を見せますが、最期はトロイア戦争最大の英雄「アキレウス」の決闘で力尽きます。

戯曲『ペンテジレーア』においては、紆余曲折の末にアキレウスに勝利し、彼の死体を「食べる」と言う衝撃の行動に打って出ます。

FGOにおける「ペンテシレイア」

際どすぎる格好と、鍛え抜かれた腹筋が眩しい少女。

頭に美をつけてもおかしくない整った容貌をしていますが、本人の前でその言葉は禁句とされています。

なんでも、戦士として鍛錬を積み、戦士としての誇り高い彼女にとって、強さより美しさを評価されてしまうのは我慢ならないのだとか。

そのため、生前、自分との決闘に勝利しておきながら、その強さではなく美しさを称えた「アキレウス」には並々ならぬ憎悪を抱いています。

『アガルタの女』では、割と序盤にアマゾネスの女王として登場。

真名のヒントをたくさん残して、嵐のように去っていきました。

「エルドラドのバーサーカー」の性能

特定の状況下で周りが見えなくなる「エルドラドのバーサーカー」。その性能を見ていきましょう。

とにかくおっかないお方。シナリオでは凄い顔になる・・・

ステータス

クラス:バーサーカー レア:星4 所持カード:QABBB
HP (初期/最大):1628/10175
ATK(初期/最大):1750/10502

スキル

スキル1 「カリスマ」 CT:7
味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)

スキル2 「黄金律(美)」 CT:8
自身に弱体無効状態を付与(3ターン) & 自身に毎ターンNP獲得状態を付与(3ターン)

スキル3 「女帝のカリスマ」 CT:7
味方全体のBusterカード性能をアップ(3ターン) & 自身に【ギリシャ神話系男性】特攻状態を付与能をアップ(3ターン)

宝具

「????????」 属性:Buster
敵単体に超強力な攻撃【Lv.1~】 & 敵単体の攻撃力をダウン(3ターン)〈オーバーチャージで効果アップ〉

雑感

分かりやすいくらいに攻撃に偏重した星4バーサーカー。

そのATK値は、「ヘラクレス」に次いで、星4バーサーカー第2位です。

しかも、攻防バランスの取れたスキルの「ヘラクレス」に対し、「エルドラドのバーサーカー」のそれは完全なる攻撃重視。

お馴染みの「カリスマ」と、Busterカードの性能を上げる「女帝のカリスマ」と、3ターン持続の攻撃バフが2種類もあるため、実際の攻撃性能は「ヘラクレス」さえ凌駕します。

また、スキルレベル最大で合計60ものNPを回収できる「黄金律(美)」も、素のNP効率が劣悪なバーサーカーには嬉しいスキル。おかげで、礼装の選択肢も広いです。

このように攻撃性能はずば抜けているので、防御が紙なのは目を瞑りましょう。

「エルドラドのバーサーカー」の運用案

清々しいまでに攻撃に能力を全振りした「エルドラドのバーサーカー」。そのおすすめの運用案をご紹介します。

運用案その① パーティーのメインアタッカー

もっとも単純な運用案。星5にも匹敵する圧倒的な火力で、ごりごり敵を削っていきます。

何も考えなくても強いのですが、耐久面の不安は拭えないので、「ゲオルギウス」や「レオニダス」などの盾で守ってあげしましょう。

おすすめの概念礼装は、「ゴールデン相撲」や「聖夜の晩餐」など初期NPチャージと何かしらの攻撃バフが合わさったもの。

「黄金律(美)」がありNPを溜めやすいので「リミテッド /ゼロオーバー」などのBusterカードバフ概念礼装も選択肢に入ります。

運用案その② パーティーのサポーター

全体に撒ける攻撃バフが2種類ある「エルドラドのバーサーカー」は、意外にもサポーターとしての適性アリ。

無駄に星を吸わないのもグッドです。

が、如何せん落ちやすいので、何かしらの対策は必須になります。

サポーターに盾を用意するのは本末転倒なので、「月霊髄液」で無敵をつけたり「白薔薇の姫」でガッツをつけたりと、概念礼装でカバーしましょう。

まとめ

強力なサーヴァントひしめく星4バーサーカーでも、腐らない良性能のサーヴァント。

「不夜城のキャスター」があまりにもピーキーだったのに比べ、オーソドックスで使いやすいです。

今回のピックアップ屈指の当たりと言っても良いでしょう。

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

新着コメント

  1. 2017年7月9日 12:16 PM

    女帝のカリスマじゃなくて軍神咆哮が正しいスキル名ですよ。

  2. 2017年7月9日 10:23 AM

    こいつの言うことあまり宛にならない

  3. 朝のウサギ
    2017年7月8日 4:19 PM

    ペルソナ3で桐条 美鶴の専用ペルソナ
    だったのが印象的です( ̄∇ ̄*)ゞ
    チケで召還してしまいました。
    僕的にはキャスター狙いだったのに…
    石は水着に確保してるので今回は我慢かな

  4. 2017年7月8日 10:26 AM

    なんで武蔵坊弁慶の紹介文には日本での知名度はいまいちとか書いてあるのに、ペンテシレイアはすぐにピンと来た人もいるとか書いてあんだよ
    圧倒的に多い弁慶のほうが有名だろ
    歴史の授業で習うぞ

コメントをもっとみる

スポンサーリンク