【FGO】不夜城のキャスターの性能をチェック 王特性への対策を複数持つ星5キャスター

不夜城のキャスターは「亜種特異点2 伝承地底世界アガルタ アガルタの女」の実装に伴って登場した星5キャスターです。

アガルタピックアップ召喚で出現確率が上がっていますが、新宿のアーチャーと異なりストーリー召喚へ追加されるので期間終了後も手に入れることができます。

極端に防御寄りの性能、王特性を持つ敵への対策など癖の強いサーヴァントなので、適切に運用するには能力に対する理解が必要です。

今回は不夜城のキャスターの能力をチェックしていきます。

不夜城のキャスター 王特性対策を持つ星5キャスター

基本的なステータス

不夜城のキャスターは、星5サーヴァントの中でかなり防御寄りのステータスを持っています。

不夜城のキャスターの基本的なステータスは以下の通りです。

ステータス

クラス:キャスター
レアリティ:星5

最大レベル:90

最大HP:15846
最大ATK:9212

コマンドカード

Quick1枚、Arts3枚、Buster1枚

クラススキル

陣地作成[A++]:自身のArtsカードの性能をアップ

不夜城のキャスターの宝具『???』

不夜城のキャスターが使用する宝具『???』についての解説です。

効果

カード種別:Arts

自身の宝具威力をアップ(1ターン)&敵全体に強力な〔王〕特攻攻撃<オーバーチャージで特攻威力アップ>

王特性を持つ敵に強い全体宝具

不夜城のキャスターの宝具は、宝具威力アップと王特攻が付いた全体攻撃です。

アガルタのシナリオを進めることで宝具名が判明します。

宝具威力アップは攻撃前に適用されるためダメージを伸ばすことができますが、不夜城のキャスター自身のATKが低めなので、他のサーヴァントよりも特に火力が高いというわけではありません。

王特攻の効果はかなり強力ですが、王特性を持つ敵への全体攻撃が役立つ状況は複数のシャドウサーヴァントが出現するクエストなどに限られるので、性能をフルに活かす機会は少ないです。

普段は汎用的に使える全体宝具で、王特性を持つボスに対しては単体宝具のようにも使えるぐらいの認識で運用するのが良いのではないでしょうか。

なお、ヒット数は多めなので、宝具攻撃によるNP獲得はなかなか優秀です。

不夜城のキャスターが習得するスキル

不夜城のキャスターが習得するスキルについての解説です。

語り手[EX]

効果:敵単体のチャージを高確率で1減らす&自身のArtsカード性能をアップ(1ターン)

クールタイム:8ターン

チャージ減少とArts強化の効果を持つスキルです。

チャージ減少効果は初期状態でもなかなかの成功率ですが、スキルレベルを上げることで確実性が高まります。

Artsカード性能アップは効果時間が1ターンのみで恩恵もそれほど大きくありませんが、チャージ減少との複合効果と考えれば十分納得できる効果です。

チャージ減少はそれほどタイミングを選ばない効果なので、Artsチェインや宝具使用のタイミングで使っていくことになるでしょう。

生存の閨[A+]

効果:敵全体[男性]に低確率で魅了付与(1ターン)&自身の防御力をアップ(2ターン)

クールタイム:8ターン

魅了状態の付与と防御力アップの効果を持つスキルです。

魅了付与は敵全体に効果があるものの、男性のみが対象で初期段階の成功率も低く設定されています。

そのため、敵が魅了状態になることを前提にした戦略は危険です。

防御力アップは2ターン継続する上、アップ幅もなかなか優秀なのでこちらの効果をメインに使うことが多くなるでしょう。

不夜城のキャスター自身のHPが高いので、長期間戦場にとどまることができます。

対英雄[A]

効果:自身にガッツ状態を付与(5ターン、1回)&[王]特性の敵単体の攻撃力をダウン(1ターン)

クールタイム:8ターン

ガッツ状態付与と王の攻撃力を下げる効果を持つスキルです。

ガッツ状態は効果時間が5ターンと長く、使いやすい効果と言えます。

生存の閨で防御力を上げていれば、復活後のHPでもある程度耐久できるでしょう。

王特性を持つ敵への攻撃力ダウン効果は汎用性が低いものの、効果はかなり強力です。

他の攻撃力ダウンや味方への防御力アップを組み合わせれば、宝具を受けきることも可能となります。

王特性を持つ敵はサーヴァントが中心ですが、アマゾネスクイーンなど一部のエネミーにも効果があることを覚えておくと良いでしょう。

不夜城のキャスターにおすすめの概念礼装

不夜城のキャスターをパーティーに採用する際、装備させるおすすめの概念礼装を紹介します。

キュート・オランジェット

NP獲得量アップと宝具威力アップの効果を持つ概念礼装です。

3枚あるArtsカードとランクの高い陣地作成スキルをNP獲得量アップで補助することで、複数回の宝具使用も狙うことができます。

さらに宝具威力アップで不足しがちな火力を補うこともできるので、宝具メインの運用であればおすすめできる概念礼装です。

Artsカードを強化してNP獲得量・宝具ダメージを上げられるフォーマルクラフトなどを装備させる選択肢もあります。

恋談火焔行

男性特攻状態の付与と弱体付与成功率アップの効果を持つ概念礼装です。

王特性を持つ男性サーヴァントを狙い撃ちにするなら、おすすめの効果と言えます。

男性特攻で低めのATKを補いつつ、弱体付与成功率アップで魅了状態を付与しやすくすることが可能です。

また、対魔力を持つ敵に対して、対英雄の防御力ダウンを確実に決めることもできます。

まとめ:真価を発揮できる相手が限られるサーヴァント

不夜城のキャスターは王や男性など、対象が限られるスキル・宝具を複数持つサーヴァントです。

そのため、真価を発揮できる相手が限られてしまいます。

まだ主力の少ないプレイヤーよりも、既に戦力の揃っているプレイヤーがピンポイントで戦力を補強する際に適した性能と言えるでしょう。

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク