【FGO】みんな大好きハサン先生!? ハサンの名を継ぐものの1人「呪腕のハサン」の取り扱い説明書

低レアであっても、しっかりと活躍できるのがFGOのよいところ。

とくに「呪腕のハサン」は、入手難度が低い割に、スキルが非常に使いやすい優秀なサーヴァントです。

ストーリーで印象的な活躍を見せ、愛着を抱いた人も多いであろう「呪腕のハサン」に今一度、目を向けてみませんか?

まだ手持ちが揃っていない人には、育てやすく強いので特におすすめですよ。

今回はそんな「呪腕のハサン」についてご紹介します。

フレンドガチャ

フレンドガチャで入手が容易!! 宝具レベルもすぐMaxに

「呪腕のハサン」ってなにもの?

FGOには家族(?)で出演するハサン一族。暗殺教団の首領が代々襲名するようですが、そもそも「ハサン」とは何なのでしょうか? 史実とFGOの両方から迫っていきたいと思います。

史実における「ハサン」

11世紀から12世紀にかけて実在した人物。本名「ハサン・ザッハーハ」。

イスラム教シーア派のイスマーイール派・ニザール派、いわゆる「暗殺教団」の開祖として知られる人物です。

伝説によると「暗殺教団」は狂信的な暗殺集団で、敵対する者を次々暗殺していく者として伝えられ、とくに欧州では広く恐れられました。

冒険家「マルコ・ポーロ」も、人々を洗脳し暗殺者に仕立て上げる暗殺教団の首領「山の翁」伝説を伝えています。

暗殺者を意味する「アサシン」も、彼らが暗殺決行時に吸っていた「ハシシ」と言う麻薬にルーツがあるとされています。

が、彼ら「暗殺教団」が暗殺を武器にしたのは間違いないようですが、「山の翁」や「ハシシ」などはそれに尾びれがついた伝説なのだそうです。

FGOにおける「呪腕のハサン」

真っ黒な頭陀袋を被った年齢不詳の男。顔は髑髏の仮面で隠され、素顔を知ることはできません。

本名は「ハナム」。「ハサン」の名を襲名したいが故に全てを捨て、誰でもない何かに成り果ててしまった悲しき男です。

と、かなり悲惨なバックボーンのある彼ですが、その性格は意外にも情に厚い人情家。

異教徒である主人公を簡単に信じてしまう人の好さも持ち合わせています。

そんな彼とは、ストーリー6章で轡を並べて共に戦うことになります。

今まで不遇と叫ばれていたハサンが大活躍するので、ハサンファンは必見です。

ハサンの独白

やるせない気持ちになるハサンの独白

「呪腕のハサン」の性能

多くのユーザーから先生と慕われる「呪腕のハサン」。その性能を見ていきましょう。

ハサン

この形で実はめちゃくちゃいい人

ステータス

クラス:ランサー レア:星2 所持カード:QQQAB
HP (初期/最大):1429/7594
ATK(初期/最大):1114/6280

スキル

スキル1 「投擲(短刀)」 CT:6
スターを獲得

スキル2 「自己改造」 CT:7
自身のクリティカル威力アップ(3ターン)

スキル3 「風除けの加護」 CT:7
自身に回避状態を付与(3回) & 自身のスター発生をアップ(3ターン)

宝具

「妄想心音(ザバーニーヤ)」 属性: Quick
敵単体に超強力な攻撃【Lv.1~】 & 高確率で即死効果〈オーバーチャージで確率アップ〉

雑感

スター管理に長けたスタンダードな性能のアサシン。

ステータス的にはとくに見どころはありませんが、所持カードが優秀で大量のスターを稼ぐことが可能です。

加えてハサンは、スキルも全てスター関連。

なかでも、第3スキル「風除けの加護」は貧弱な耐久を補う超重要スキル。スター発生率アップの恩恵をいまいち実感できないのが残念ですが、最優先でレベルをあげるべきスキルです。

クリティカルバフスキルの「自己改造」も、貧弱なATKを補う意味では重要。「風除けの加護」に準じて上げていきましょう。

重要度は上二つに比べると劣りますが、任意のタイミングでスターを取り出せる「投擲(短刀)」も便利なスキルです。

「呪腕のハサン」の運用案

「呪腕のハサン」のおすすめの運用案をご紹介します。

運用案その① クリティカルパーティーのサブアタッカー兼スター供給係

高性能な3枚のクイックカードでパーティーにスターを供給しつつ、「自己改造」で殴りにも行ける運用案。

「風除けの加護」のおかげで低い耐久をカバーできるため、短期戦にも長期戦にも対応できる汎用性がポイントです。

概念礼装は、心許ないATKを補いつつNP獲得とスター供給補助できる「イマジナリアラウンド」や「いつかの夏」がおすすめ。

ある程度攻撃を捨てても良いならば、居座り性能を生かして「2030年の欠片」を持たせるのも良いです。

運用案その② 対高HPボスへの秘密兵器

宝具の即死効果に注目した運用案。

気が遠くなるほど高いHPのボスであろうとも、運次第で瞬殺可能なのが魅力です。

ギャンブル要素が強すぎるように見えて、実は即死効果の命中率が高いため意外に有用。

とくに即死耐性を下げるスキルを持つ「両儀 式」や、絆礼装「シャイタンの腕」と併用すれば、かなり信頼が置ける戦術になり得ます。

ただし、サーヴァントや特定の敵にはほとんど即死が入らない点は要注意。相手は選びましょう。

まとめ

「呪腕のハサン」は、高いレベルのスター供給能力を備えた優秀なサーヴァント。

高レアのアサシンがいないなら優先的に育てても損はありません。

コストも安いので、長くカルデアのスター供給係を担ってくれるはずです。

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

新着コメント

  1. ハサンファン
    2017年10月7日 9:40 PM

    クラスは「ランサー」ではなく、「アサシン」です

スポンサーリンク