【FGO】使い手の腕が試されるFGO最凶のデバッファー!? 牛頭の怪物「アステリオス」の取り扱い説明書

たとえ誰でも入手できる低レアサーヴァントであっても、それなりに使い道があるのがFGOの良いところ。

オンリーワンの性能を持つサーヴァントも多く、手持ちが豪華になった後も意外に出番があったりもします。

今回紹介するのは、そんなオンリーワンな性能のサーヴァント「アステリオス」。

星1と言うだけで見向きもしないのは少し勿体ないですよ。

フレンドガチャ

フレンドガチャで入手が容易!! 宝具レベルもすぐMaxに

「アステリオス」ってなにもの?

日本における知名度は、ほぼ皆無な「アステリオス」。しかし、それは本名の話で、異名の方はすこぶる有名です。そんな「アステリオス」の人となりについて、伝承とFGOの両面から探ってみましょう。

伝承における「アステリオス」

ギリシア神話に登場する人物にして、クレタ島のミノス王の第一子「アステリオス」。本名に馴染みが無くとも、異名を聞けばピンと来る人も多いでしょう。

異名は「ミノタウロス」。ご存知の通り、牛頭人身の怪物の名です。

産まれながらにして既に怪物であった「アステリオス」。

しかし、そもそもの原因は、父であるミノス王が神との約束を破ってしまったためでした。

産まれてきた息子の人ならざる姿に愕然としたミノス王は、自身の不義を隠すために「アステリオス」を迷宮に閉じ込めてしまいます。閉じ込めた息子の食料として、少年少女を生贄に送りながら。

そんな「アステリオス」ですが、アテネの英雄「テセウス」によって最期を迎えることになります。

FGOにおける「アステリオス」

おぞましい牛の仮面で素顔を隠した、屈強な肉体の青年。

しかし、仮面の下の素顔は、肉体の屈強さや伝承で伝わる残忍さに反して幼気です。

内面も子どものように純真で、怪物とは一線を画した印象を抱かせます。

ストーリーでは第3章に登場。

怪物としてではなく、1人の人間として気にかけてくれた「エウリュアレ」と主人公のために命を張る姿に胸を打たれた人も多いのではないでしょうか?

決意

強い決意を胸にギリシャ最高の大英雄に立ち向かう

「アステリオス」の性能

カルデアにやってきた「アステリオス」。その性能を見ていきましょう。

アステリオス

ある意味では犠牲者

ステータス

クラス:バーサーカー レア:星1 所持カード:QABBB
HP (初期/最大):1320/6604
ATK(初期/最大):1097/6037

スキル

スキル1 「怪力」 CT:7
自身の攻撃力アップ(3ターン)

スキル2 「天性の魔」 CT:7
自身の攻撃弱体耐性アップ(3ターン) & 自身の防御力アップ(3ターン)

スキル3 「深淵のラブリュス」 CT:7
自身のスター集中度をアップ(1ターン) & 自身のバスターカード性能をアップ(1ターン)

宝具

「万古不易の迷宮(ケイオス・ラビュリントス)」 属性:Arts
敵全体の攻撃力ダウン【Lv.1~】(6ターン) & 防御力ダウン(6ターン)〈オーバーチャージで効果UP〉
<強化後>
敵全体の攻撃力ダウン【Lv.1~】(6ターン) & 防御力ダウン(6ターン)〈オーバーチャージで効果UP〉 & 攻撃力ダウン大(1ターン) & 防御力ダウン大(1ターン)

雑感

星1レアのバーサーカー。紙耐久のバーサーカーに加え、HPも低いため油断するとすぐ死にます。

素のATKも低いため、アタッカーとして機能させるのは工夫が必要で運用は難しいです。

一方で、スキルは全て汎用性に優れた使いやすいモノ揃い。

スキル1「怪力」で貧弱な攻撃力を、スキル2「天性の魔」で耐久を補うことができバランスは抜群。

取得には強化クエストをクリアする必要がありますが、「深淵のラブリュス」で爆発力を付与できるのもポイントです。

宝具は、キャスターでよく見るダメージ無の全体デバフ。

ただし、「アステリオス」のそれは、持続が6ターンと言う点で他とは一線を画しています。

NP効率の悪ささえカバーできれば、宝具の重ね掛けで、長期間敵を骨抜きにしてしまうことも十分可能です。

「アステリオス」の運用案

「アステリオス」の運用案をご紹介します。

運用案その① ダブルアステリオスシステム

一部に熱烈な信奉者がいると言われているシステム。

アステリオスの宝具を連発し、敵の攻守を極限まで低下させつつタコ殴りにする戦法です。

大ボスすら完封してしまうポテンシャルを秘めていますが、本人が落ちると機能不全に陥ってしまう上に、本人も落ちやすいので運用には細心の注意が必要。

また、サポート欄にアステリオスを出している人が少ないのも問題です。

運用案その② ボス戦用のブースター

アステリオスの宝具のデバフに目を付け、それを起点とした宝具チェインで大ダメージを叩き出す運用案。

とくに宝具強化後はデバフ効果が強烈なため、ある程度の宝具アタッカーが2人入ればHPが50万を超えるようなボスすら瞬殺が可能です。

道中の安定感の無さが唯一の課題。壁を入れるなどして対応しましょう。

まとめ

星1と言うことで敬遠してしまっている人も多いですが、実は高いポテンシャルを秘めている「アステリオス」。

育成優先度は決して高くはありませんが、他では代用不可能な面白い運用ができるので、あらかたの育成が済んだ人は育ててみてはいかがでしょうか?

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

新着コメント

  1. 2017年6月30日 9:37 PM

    クラスがキャスターになってますよ

    • すらっツ
      2017年7月1日 12:38 AM

      ありがとうございます。
      修正しました。

下に続きます