【FGO】初心者の助けとなる☆3サーヴァントを紹介 アーチャー編

FGOにおいて高レアリティのサーヴァントは、基本的に強く使い勝手の良い性能です。

では、無料で入手できる☆3以下のサーヴァントが無用なのかと言えばそうではありません。そもそも高レアサーヴァントは簡単に入手できないため、入手するまでは繋ぎ役として有用です。

また、一部のサーヴァントは汎用性に劣るものの一点に特化していたり、コストパフォーマンスが優れていたりと戦力が整ってきても育成するメリットがあります。

この記事では、恒常かつ無料で入手できる最高レアリティである☆3サーヴァント、アーチャークラスについて紹介したいと思います。

ロビンフッド

ロビン
HP:10187/ATK:6715
Quick2/Arts2/Buster1

特攻発動がしやすい宝具が強力

HPに高く振られたステータスをしており、通常攻撃の火力は高くありませんが、最大の特徴である宝具がそれを補います。

宝具『祈りの弓』は『[毒]が付与された敵に対して超強力特攻攻撃』という効果を持ち、ステータスの低さを感じさせないほどのダメージを発揮します。

この毒は自身のスキル”破壊工作”で付与できるため、ほぼ全ての敵に対して特攻攻撃による超火力を発揮できるのがロビンの最大の長所です。

難点は、有利相性であるセイバーは”対魔力”を持つことが多く、毒付与が失敗する可能性がある点。毒が付与されていない場合は、平凡な威力となってしまいます。

[男性]特攻宝具を持つエウリュアレとは、その点を考えて差別化し運用したいところです。

子ギル

子ギル
HP:8731/ATK:7696
Quick1/Arts2/Buster2

強力な宝具威力ダウンを付与する宝具が特徴的

☆5アーチャーや☆4キャスターとしても登場しているギルガメッシュが子供となった姿。

高ランクの”カリスマ”により味方の火力補助をしやすく、[人型]という広範囲の特性を対象にした魅了”紅顔の美少年”を持ち、味方の援護をしやすいスキル構成です。

宝具『王の財宝』は敵全体に強烈な攻撃+宝具威力ダウン&クリティカル威力ダウン&弱体耐性ダウンを付与します。

この宝具威力ダウンの効果は非常に大きく、防御アップバフやさらに宝具威力ダウンを付与することで敵の宝具を無傷でやり過ごすことも可能です。回避や無敵では対処できない宝具に対するメタとなる効果と言えます。

総じて高ステータスに物を言わせてガンガン攻める☆5の姿とは違い、スキルや宝具の追加効果を使いこなし味方と立ち回るスタイルとなっています。

味方との編成を考慮することで、それぞれの効果をより活かせるでしょう。

ビリー・ザ・キッド

ビリー
HP:8731/ATK:7696
Quick2/Arts2/Buster1

クリティカルに特化したスキルが光る

ガンマンとして有名なビリー・ザ・キッドその人で、それを象徴するスキル”射撃 A++”が最大の特徴です。

アン・ポニー&メアリー・リードが持つ”射撃 B”と同効果ですが、ビリーのものはランクが非常に高く、効果倍率もそれに伴い強化されています。

効果ターンこそ1ターンですが、それを補うほどの高火力は魅力的です。

最大で50のNPを獲得する”クイックドロウ”、1ターンの回避を付与する”心眼(偽)”と他スキルも強力なため”射撃”のクールタイム中でもある程度戦えるのも長所。

宝具も強化クエスト実装済みのため、宝具でもダメージを出しやすいのも見逃せません。

ただし、ビリー本人はスター集中スキルがなく、スター発生率もよくありません。適当なパーティ編成や装備では本領を発揮できないため、彼を活かせる構成をしっかりと考える必要があります。

エウリュアレ

エウリュアレ
HP:9506/ATK:7032
Quick2/Arts2/Buster1

男性メタとなる女神様

[男性]に対して効果を発揮するスキルと宝具を持つアーチャーで、男性相手であれば一方的に攻撃し続けることも可能です。

敵のチャージを減らしつつNPを獲得する”吸血”、[異性]を魅了する”魅惑の美声”、自身のArtsを強化する”女神のきまぐれ”と有用なスキルが揃います。

最大の特徴である宝具は、男性に対して特攻&魅了を付与するというもの。特攻倍率は非常に高く、☆3とは思えない火力を発揮することが可能です。

男性に対して非常に強いため、難所として知られる6章のガウェイン戦などエウリュアレの有無が難易度に関わる場面も存在するほどです。

難点は、男性以外には平凡なアーチャーとなってしまうこと。戦う相手はしっかり選びましょう。

ダビデ

ダビデ
HP:8643/ATK:7736
Quick1/Arts3/Buster1

全体回避付与スキルが超強力

第3章のクリア報酬サーヴァントであり、確定で入手が可能なサーヴァントの1騎。

最大の特徴は、味方全体に回避(1回)を付与するスキル”治癒の竪琴”。敵の全体攻撃宝具から味方を守る事ができる優秀なスキルです。これだけのためにダビデを採用する価値があります。

他スキルも防御アップ&回復の”神の加護”、味方全体の火力アップ”カリスマ”と使いやすいスキルが揃います。

とりあえず控えに入れて必要なときに”オーダーチェンジ”で呼び出すという運用が便利かつ強力です。もちろんメインで戦える実力もあるため、育成価値は高いといえるでしょう。

俵藤太

淘汰
HP:9800/ATK:7032
Quick1/Arts2/Buster2

手堅いスキルが揃う耐久寄りのアーチャー

弓を使わないことで有名なアーチャークラスですが、その中でも米俵を投げつけるという斬新なアーチャー。性能的には、手堅いスキルが揃い扱いやすいためご安心を。

3ターン持続するBuster強化&HP回復の”龍神の加護”、2回の回避を付与する”矢避けの加護”と扱いやすく強力なものが並びます。

そして特徴的なスキルが、味方全体の最大HPをアップさせる”無尽俵”。最大HP上昇量と同等のHPを回復し、効果切れの際も回復分は据え置きのため回復スキルとしても使えます。

宝具は敵全体に[魔性]特攻攻撃を行う『八幡祈願・大妖射貫』。特攻範囲はやや狭いですが、自身のBusterバフで強化できるため雑魚相手なら十分なダメージを出せます。

まとめ:それぞれが違った強みを持つ

☆3アーチャーはそれぞれが違った長所を持ち、様々な選択肢があります。

余裕があれば、一人だけでなく何人かを育成するのもいいかもしれません。

ライター: 北蛇

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。