【FGO】初心者の助けとなる☆3サーヴァントを紹介 セイバー編

FGOにおいて高レアリティのサーヴァントは、基本的に強く使い勝手の良い性能です。

では、無料で入手できる☆3以下のサーヴァントが無用なのかと言えばそうではありません。そもそも高レアサーヴァントは簡単に入手できないため、入手するまでは繋ぎ役として有用です。

また、一部のサーヴァントは汎用性に劣るものの一点に特化していたり、コストパフォーマンスが優れていたりと戦力が整ってきても育成するメリットがあります。

この記事では、恒常かつ無料で入手できる最高レアリティである☆3サーヴァント、セイバークラスについて紹介したいと思います。

ジル・ド・レ

ジル・ド・レ
HP:10498/ATK:6645
Quick1/Arts2/Buster2

通常攻撃に特化した宝具とスキルが特徴

☆3ながら10000を超えるHPが特徴的なセイバークラスのジル・ド・レ。素のATKこそ低いものの、宝具がそれを補います。

宝具『神聖たる旗に集いて吼えよ』は、自身の攻撃力を大アップ&スター獲得し、防御力ダウンのデバフを付与。

攻撃力アップの効果は、全サーヴァント中でもトップのため、低いATKを感じさせないダメージを叩き出すことが出来ます。

強化クエストクリアで獲得する第3スキル”プレラーティの激励”は、スキルレベル10なら効果ターンとCTが一致するため、常時付与が可能なBuster強化スキル。

クラススキル”狂化 EX”と合わせてBusterをさらに強化されます。

難点は、要となるBusterは2枚しか無くカード配布に左右されがちな点。宝具のバフは凄まじく高いものの、同時に付与される防御力ダウンも無視できないレベルです。

運用にはそれらの弱点を補う必要があるため、あまり初心者向きとは言えないかもしれません。

ガイウス・ユリウス・カエサル

カエサル
HP:9595/ATK:7497
Quick2/Arts1/Buster2

貴重な単体攻撃宝具を持つセイバー

ジルと同じく初期から登場している☆3セイバーであるカエサル。初期はこの二人しか☆3セイバーが居なかったこともあり、お世話になったマスターは多いのではないでしょうか。

特徴としては、単体攻撃宝具を持つことが挙げられます。セイバーは全体攻撃宝具が多いクラスのため、単体相手に高ダメージを出しやすいサーヴァントは、実は貴重です。

フレンドガチャからも入手できるため、宝具レベルを挙げやすく威力を高めやすいのもそれに拍車をかけます。

スキルも、味方の宝具威力をアップさせる”軍略”と攻撃バフの”カリスマ”という使い所がわかりやすく、扱いやすいものが揃っており、初心者でも使いこなせるでしょう。

以上の点から、☆3セイバーの中でも一押しのサーヴァントと言えます。

フェルグス・マック・ロイ

フェルグス
HP:9786/ATK:7460
Quick1/Arts1/Buster3

攻撃的な性能をした全体攻撃宝具持ち

セイバーでは珍しいBuster3枚というカード構成に、攻撃バフスキル”勇猛”所持という攻撃的なセイバーです。

カエサルが単体攻撃宝具セイバーなのに対し、こちらは全体攻撃宝具『虹霓剣』を持ちます。

カエサル同様フレンドガチャから入手できるため成長させやすく、宝具強化実装済みのため威力は高め。雑魚にはもちろんボス相手でも高ダメージが出しやすいです。

耐久面も防御バフを付与する”反骨の相”、1ターンの回避を付与する”心眼(真)”があり十分。

攻守のバランスが良く、カエサルと並んで初心者にオススメのセイバーと言えます。

ベディヴィエール

ベディヴィエール
HP:9595/ATK:7627
Quick2/Arts1/Buster2

性能は文句無し。しかし入手に難あり

ベディヴィエールは、6章クリアのクリア報酬であり、その後ストーリーガチャに追加されるサーヴァントです。

宝具『剣を摂れ、銀色の腕』は、攻撃前にBuster強化(1ターン)を付与し攻撃するため、宝具そのものだけでなく後続のBusterも恩恵があります。貴重な単体攻撃宝具というのも見逃せません。

スキルレベルに関係なく30のNPを獲得する”沈着冷静”という優秀なスキルもあり、宝具が使いやすいというのも長所。

味方全体の防御力をアップさせる”守護の誓約”もあり、パーティの火力だけでなく生存にも貢献することが出来ます。

このように、性能に問題ないベディヴィエールですが、ストーリー追加のため通常のピックアップガチャに含まれず、6章クリア後のストーリーガチャでのみ入手できます。

そのため宝具レベルが上げづらく、威力を伸ばしづらいという欠点があります。

ピックアップガチャでベディヴィエールを入手したい場合は、召喚可能サーヴァントに含まれるか事前に確認しましょう。

まとめ:選択肢は狭いが優秀なサーヴァントが揃う

扱いやすさ・入手性を考慮すると選択肢となるのは、カエサルとフェルグスの2名となります。

候補こそ少ないものの、性能的には申し分なく高レアセイバーが充実してくるまでは、十分に役目を果たしてくれるでしょう。

ライター: 北蛇

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。