【FGO】その破壊力は未だ最強クラス!? 足柄山の金太郎「坂田 金時」の取り扱い説明書

6月15日より復刻された『天魔御伽草子 鬼ヶ島』。

その登場サーヴァントが、現在聖晶石召喚において日替わりでピックアップされています。

ピックアップされているサーヴァントはどれも一線級なので、どのサーヴァントを狙うべきか迷うところ。

今回は、そんなピックアップのうちの1人「坂田 金時」についてご紹介します。

実装から長いですが、彼もまだ一線級のおすすめサーヴァントです。

鬼ヶ島ピックアップ

どれも優秀な魅惑のピックアップ!!

「坂田 金時」ってなにもの?

「坂田 金時」と言う名に、馴染みの無い人も多いのではないでしょうか? しかし、何を隠そう彼は日本人なら誰でも知っている物語の主人公でもあるのです。以下で、そんな金時について、伝承とFGO世界両面からざっくりと見ていきましょう。

伝承における「坂田 金時」

平安時代中期の人物。幼名は、「金太郎」。

絵本や童謡で非常に有名な「金太郎」その人です。

現在の神奈川と静岡の県境にある足柄山で育った金時は、熊と相撲を取るなど怪力の童子として当時から有名だったとされています。

その噂を聞きつけた「源 頼光」に見出された金時は、彼の腹心の部下として活躍。

類まれな怪力を武器に、頼光と共に「酒呑童子」や「鬼蜘蛛」などの怪異を討伐したとされています。

FGOにおける「坂田 金時」

金髪おかっぱが印象的な青年。

平安時代の人物ですが、すっかり俗世に染まってしまった様子で、伝承とはかけ離れたカジュアルな出で立ち。

その様子に、牛若丸はかなりの衝撃を受けていました。

バーサーカーとして現界していますが、「狂化」ランクが低いため意思疎通だけでなく、会話も可能。

ただし、小学生並と言われる精神年齢の低さから、理知的な会話は不可能とされています。

ストーリーでは4章の土壇場に玉藻と共にまさかの登場。

活性魔霧を全部引きはがすという活躍を見せ、主人公に希望を繋ぎます。

「坂田 金時」の性能

知名度補正が乗ったのか、カルデアに召喚された「坂田 金時」は 非常に強力なサーヴァント。子どものヒーロー「金太郎」の性能を見ていきましょう。

坂田 金時

とりあえず、そのベルトはどうかと思う。。。

ステータス

クラス:バーサーカー レア:星5 所持カード:QABBB
HP (初期/最大):1782/12150
ATK(初期/最大):1964/12712

スキル

スキル1 「怪力」 CT:7
自身の攻撃力大アップ(1ターン)

スキル2 「動物会話」 CT:8
自身のNPを増やす

スキル3 「天性の肉体」 CT:7
自身の攻撃弱体耐性アップ(3ターン)&自身のHPを大回復

宝具

「黄金衝撃(ゴールデンスパーク)」 属性:Buster
敵単体に超強力な防御力無視攻撃【Lv.1~】&中確率でスタン付与

雑感

ステータス配分は、バーサーカーらしくATK偏重。

その数値は、FGO参戦サーヴァントの中でも指折りを誇ります。

反面、HPはかなり心許ない数値。防御や回避スキルも無いので、耐久力には期待できません。

ステータス配分に比例するように、スキルもほぼ攻撃特化。

持続は短いですが強力なバフスキル「怪力」と最大でNPを50獲得する「動物会話」のシナジーが高く、あらゆる状況から強力な宝具を叩き込むことができます。

残る「天性の肉体」は貴重なHP回復スキルですが、耐久力が低い金時には気休め程度でしょう。

「坂田 金時」の運用案

清々しいまでに攻撃に特化している「坂田 金時」。そのため、アタッカー以外の運用はあり得ません。

運用案その① パーティーのメインアタッカー

多くの人が思い浮かべるであろう運用案。

べらぼうに高いATKとあらゆるクラスの弱点を突けるクラス特性を活かし、雑魚からボスまで1人で蹴散らさせます。

ただし、金時の耐久力はほとんど皆無なので、高難度ともなると介護が必須です。

介護役は「マシュ」や「ゲオルギウス」などタゲ集中スキル持ちが適正。

なかでもBusterカードバフをもち火力支援も行える「レオニダス」は、相性抜群なのでおすすめ。

礼装はNPチャージ系が鉄板ですが、NP獲得スキルを持つ金時には必ずしも必須ではありません。

「鋼の鍛錬」や「不夜の薔薇」で耐久力を補うのも良いでしょう。

運用案その② 対ボスキラー

ボス戦と同時に控えから出し、宝具の一撃でボスを蹴散らして頂く運用案。

「怪力」で強化した宝具の火力は今なおトップクラスなので、チェインを含めればほぼ全てのボスをワンキルできてしまいます。

礼装は「ハロウィン・プリンセス」や「ゴールデン相撲」などNPチャージと火力強化がセットのスキルを持ったものがおすすめ。

「動物会話」以外のNP獲得手段を確保できるなら「黒の聖杯」も選択肢に入ります。

まとめ

「クー・フーリン(オルタ)」や「ジャンヌ・ダルク(オルタ)」の実装で、メインアタッカーとしての運用は下火の感を否めなません。

それでも、希少なNP獲得スキル「動物会話」を起点にした速効は、金時にしか出来ない芸当。

まだまだ要所要所で活躍を見せてくれます。

何より、控えから出た瞬間に「ゴールデンスパァァーク!!」は楽で良いですよ。

ライター: すらっツ

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。