【FGO】真名当ては一番簡単だった!? 天に百八ある輝き「新宿のアサシン」の取り扱い説明書

900万ピックアップ召喚と童子ピックアップ召喚が終了し、代わりにはじまった新宿ピックアップ召喚。

ピックアップされている3人は、ストーリーを進めないと真名が分からない仕様になっています。

断片的なヒントは出されているので、真名を予想してみましょう。

おそらく「新宿のアサシン」がもっとも簡単なので、まず彼から予測するのがおすすめです。

以下は、そんな「新宿のアサシン」の紹介になります。

ネタバレも含まれるので、十分に注意してご精読ください。

新宿ピックアップ

ここまで女っ気のないピックアップも珍しい

【ネタバレ注意!!】「新宿のアサシン」ってなにもの?

無頼漢、天に百八ある輝き、拳法など、断片的に出されていた「新宿のアサシン」。既にピンと来ている人も多いのではないでしょうか? 以下では、そんな彼ついて、ざっくりとご説明しています。思いっきりネタバレなので、バレたくない人は読み飛ばしてください。

伝承における「新宿のアサシン」

真名は「燕青(えんせい)」。中国が誇る四大奇書のひとつ『水滸伝』に登場する無頼漢です。

幼くして孤児となってしまった燕青。

しかし、不幸中の幸いにも資産家「盧俊義」に拾われ、家族のように非常に可愛がられます。

それ故に、燕青は「盧俊義」に恩義を感じ、長じて忠誠を誓うようになりました。

しかし、この「盧俊義」が問題のある人物で、自信家過ぎるために燕青の苦言や忠言をことごとく無視してしまいます。

結局、その自信過剰は最後まで改められることは無く、失意に沈んだ燕青は「盧俊義」の元を去っていきました。

燕青は物語から退場し、「盧俊義」は燕青の危惧が実現する形で命を落とすことになります。

ちなみに、燕青は中国拳法のひとつ「燕青流」の開祖とされています。

もちろん虚偽であり、拍付のために名前を使われたと言うのが真相だそうです。

FGOにおける「新宿のアサシン」

伊達者を意味する浪子(ろうし)の渾名に相応しい、端正な顔立ちの青年。

しかしその内面は、とある人物に「いつ爆発するかも分からない、悪意をもった爆弾」と評される本能に則した独特の行動理念の持ち主で、そのために常人の理解を飛び越えた行動を引き起こします。

恐ろしいことに、時折、自分の理解を超えることもあるのだとか。

トーリーでは第一部クリア後に出現する亜種特異点「悪性隔絶魔境 新宿」に登場。

独特の行動理念に基づいた荒唐無稽な行動で、主人公一行をしばしば混乱させます。

「新宿のアサシン」の性能

カルデアに伊達男の性能を見ていきましょう。

燕青

背景と合わせて中華系と分かりますね

ステータス

クラス:アサシン レア:星4 所持カード:QQQAB
HP (初期/最大):1862/11637
ATK(初期/最大):1443/8661

スキル

スキル1 「中国拳法」 CT:7
自身のスター集中度をアップ(1ターン)&自身のNP獲得量をアップ1ターン)

スキル2 「諜報」 CT:7
自身のスター発生率をアップ(3ターン)

スキル3 「天巧星」 CT:8
自身のスター集中度をダウン(1ターン)&スターを獲得

宝具

「十面埋伏・無影の如く(じゅうめんまいふく・むえいのごとく)」 属性:Quick
敵単体に超強力な攻撃【Lv.1~】&敵単体のクリティカル威力ダウン(3ターン)〈オーバーチャージで効果アップ〉

雑感

星4アサシン最高のHPと最低のATKが特徴的な「新宿のアサシン」。

もっとも、クラススキル「無頼漢」でQuickカードとクリティカル威力が底上げされているので、実際の火力は数値以上なのですが。

スキルは全てスター関係で統一されています。

そのなかでは、自身のスター集中率を下げつつスターを獲得する「天巧星」が特筆。

これにより、少ないスターでも効率的に味方アタッカーにスターを集めることが可能なため、他のサーヴァントには真似できない独特の立ち位置を獲得しています。

宝具はQuick属性の単体攻撃。ヒット数が多いため、うまくQチェインを組めれば大量のスターの獲得が可能です。

「新宿のアサシン」の運用案

「新宿のアサシン」のスキルはどれもスター関係のため、スターを絡めた運用が吉。いくつか運用方を提案しましょう。

運用案その① クリティカルパーティーのアタッカー

スターを絡めると言ったらまずはこれ。

スキル「諜報」も相なって本人の星出し性能が高いため、「中国拳法」と合わせて高い自己完結力を秘めています。

パートナーが誰でも機能しますが、素のATKが低く、クリティカルバフスキルはないため、火力を底上げできる「アタランテ」や「孔明」などと組ませるのがおすすめです。

運用案その② クリティカルパーティーのサブアタッカー兼サポーター

使いこなすのは難しいですが、燕青のポテンシャルをフルに発揮できる運用案。

ある時は、「諜報」で大量のスターを獲得し、「天巧星」で疑似的にアタッカーにスターを集中させるサポーター。

ある時は、「中国拳法」で自身にスターを集めて殴りに行くアタッカーと、カードや敵に応じた臨機応変な働きが可能です。

まとめ

「新宿のアサシン」は全てのスキルがスターに特化したスターのスペシャリスト。

アタッカーとしても機能しますが、サポーターとしても機能する器用さをも持ち併せています。

その肝となる「天巧星」は、過剰なスターで味方を疑似的にサポートしていたこれまでのスター供給係に一石を投じた画期的なスキル。

スター供給係に新たな方向性を示したと言っても良いでしょう。

ただしその分だけ癖が強く、慣れていないとスキルを持て余してしまうこともしばしばです。

ライター: 編集部

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク