【FGO】事前情報だけで真名を当てた人はすごい!? 2人目の星4アヴェンジャー「新宿のアヴェンジャー」の取り扱い説明書

900万ピックアップ召喚と童子ピックアップ召喚が終了し、代わりにはじまった新宿ピックアップ召喚。

3人(?)ピックアップされていますが、そのなかで「新宿のアヴェンジャー」が明らかに異彩を放っています。

なにしろ、犬です。乗っている人も頭がありません。

いったい彼は何者なのでしょうか?

今回はその疑問も含め、「新宿のアヴェンジャー」についてご紹介します。

新宿ピックアップ

やっぱりわんこが目立つよなぁ

【ネタバレ注意!!】「新宿のアヴェンジャー」ってなにもの?

おそらく真名を当てられた人は少数かと思われる「新宿のアヴェンジャー」。そんな彼(?)の人となりについて、まずはざっくりとご説明します。思いっきりネタバレなので、バレたくない人は読み飛ばしてください。

作中における「新宿のアヴェンジャー」

真名は「へシアン・ロボ」。『スリーピー・ホロウ』で有名なドイツ人の傭兵「へシアン」と、『シートン動物記』に登場する狼王「ロボ」を複合させた真名です。

『スリーピー・ホロウ』は、アメリカ開拓期より伝わる都市伝説。

首を切られて殺されたドイツ人傭兵「へシアン」が首なし騎士として復活し、ニューヨーク近郊の森の中で犠牲者を待っている、と言うのが都市伝説の概要です。

一方、『シートン動物記』はアメリカの博物学者シートンが著した動物物語。

狼王「ロボ」はその一節に登場します。

それによると「ロボ」は恐るべき力と知性を兼ね揃えた古狼。

人間さえ手玉に取ったとされますが、妻のブランカを囮に使った罠からは逃げられず捕縛され、最期は人間が与える食事を拒否し餓死したと綴られています。

FGOにおける「新宿のアヴェンジャー」

3メートルを超えるとされる狼と、それに騎乗する首なしの騎士。

乗り手ではなく狼が主のため、人語は解せません。

もとはライダーでしたが、途中で霊基が変質しアヴェンジャーにクラスチェンジしました。

ストーリーでは第一部クリア後に出現する亜種特異点「悪性隔絶魔境 新宿」に登場。

新宿を徘徊する驚異のサーヴァントとして、主人公の前に何度も何度も立ち塞がります。

「新宿のアヴェンジャー」の性能

カルデアに召喚されたわんこの性能を見ていきましょう。

新宿のアヴェンジャー

ストーリーでは4回も戦う怨敵です

ステータス

クラス:アヴェンジャー レア:星4 所持カード:QQAAB
HP (初期/最大):1591/9949
ATK(初期/最大):1771/10628

スキル

スキル1 「堕天の魔」 CT:7
自身のスター集中度をアップ(1ターン)&自身の防御力をアップ(1ターン)

スキル2 「怪力」 CT:7
自身の攻撃力をアップ(2ターン)

スキル3 「死を纏う者」 CT:7
敵単体の即死耐性をダウン(1ターン)&敵単体の攻撃力をダウン(1ターン)&敵単体の強化状態を解除

宝具

「遙かなる者への斬罪(フリーレン・シャルフリヒター)」 属性:Quick
自身に必中状態を付与(1ターン)&敵単体に超強力な攻撃【Lv.1~】&敵単体を中確率で即死〈オーバーチャージで確率アップ〉

雑感

一部のバーサーカーなどで見られるHPよりATKの方が高いステータス配分が特徴。

このことから完全なるアタッカーに思いがちですが、スキルは意外に堅実なバランス型です。

「堕天の魔」はアヴェンジャーの欠点とも言うべき、スター集中率と防御力の低さをを埋め合わせるバフスキル。効果は強力ですが、1ターンしか持続しないので、使いどころを見極める必要があります。

一方、「怪力」は持続が2ターンの攻撃バフ。上記のクリティカルと組み合わせるにも、宝具の火力を底上げするにも使える優秀なスキルです。

残る「死を纏う者」は、唯一のデバフスキル。宝具の即死確率の底上げがまず思い浮かびますが、強化状態を解除する効果も貴重かつ有用。どちらに主眼を置くかはそのときどきで判断しましょう。

宝具はQuick属性の単体攻撃。ダメージ直前に必中が付与されるので、メイン火力としてだけではなく、厄介な回避持ちのメタとしても活躍が期待できます。

「新宿のアヴェンジャー」の運用案

何でもそつなくこなす反面、器用貧乏にもなりやすい「新宿のアヴェンジャー」。ここではそんな「新宿のアヴェンジャー」を器用貧乏で終わらせない運用方を提案します。

運用案その① クリティカルパーティーのアタッカー

おそらくは真っ先に思い浮かぶであろう運用案。

本人の悪くない星出し性能と、スター集中スキル「堕天の魔」に目を付け、クリティカルアタッカーとして活路を見出します。

爆発力を秘めていますが、スキルの持続が1ターンしかなく、また素のスター集中率も低いため、長期戦は苦手。

長期戦を望むなら、礼装や味方サーヴァントのサポートが必須です。

運用案その② 二重バフパーティーのアタッカー

「新宿のアヴェンジャー」は、特性【男性】と【悪】持ち。そして、ほぼ全てのクラスに等倍以上の火力を叩き出せるアヴェンジャー。

これにら目を付け、二重バフで火力を超強化し、汎用的なアタッカーとして運用すると言う案。

相手を選ばない活躍ができますが、サポートサーヴァントが星5の「メイヴ」と「新宿のアーチャー」しかいないため、編成の難易度が高いのが惜しいところです。

まとめ

高いATKと、2種類の火力バフで高い打点を叩き出せるアタッカー。

クラスも優秀なので汎用性は抜群です。

反面、飛びぬけた性能が無いため、汎用性が器用貧乏に変わってしまうことも少なくありません。

そうならないためにも計画的に運用してあげましょう。

ポテンシャルを最大限に活かした「新宿のアヴェンジャー」はかなり優秀なアタッカーですよ。

執筆者: 編集部

コメント

コメントはまだありません。

ログインしています » | ログアウト
500

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。