【FGO】兵どもが夢のあと・・・・・・。たぶんみんな一杯でた「ジャガーマン」の取り扱い説明書

900万ピックアップ召喚が、先日、ついに終了しました。

約半年ぶりの「イシュタル」登場だったので、張り切ってしまった人も多いのではないでしょうか?

その戦果については、あえて聞かないことにします。

さて、そんなことより「ジャガーマン」です。

前回のピックアップで、おそらく多くの人が宝具を重ねたであろう「ジャガーマン」。

なかなかお目にかかれない彼女の性能はいかほどなのでしょうか?

「ジャガーマン」の概要と共にご紹介します。

900万ピックアップ

今は亡き900万DL記念召喚

「ジャガーマン」ってなにもの?

多くの人が衝撃をうけたであろう「ジャガーマン」。名前も見た目もイロモノ以外のなにものでもありませんが、実は由緒正しきモチーフをもっていたりします。その概要を見ていきましょう。

神話における「ジャガーマン」

中南米において、ジャガーはもっとも獰猛な肉食動物。

そのため、古くからジャガーは「戦い」と「死」を象徴する存在として崇められてきました。

紀元前1200年頃に存在したとされるオルメカ文明ではジャガーを神として信仰していたとされていますし、アステカ神話における最高神の一柱「テスカトリポカ」も、ジャガーの姿をしていたとされています。

また、紀元前5世紀には、そんなジャガーを象徴とした「ジャガーの戦士」なる戦士団が存在したと言われています。

ジャガーマンが召喚時に口にするジャガーの戦士は、おそらく彼らのことと思われます。

FGOにおける「ジャガーマン」

実装と同時に、Fate古参ユーザーに衝撃を与えたサーヴァント。

依り代となったのは、言うまでもなくFateシリーズ屈指のネタキャラ「藤村 大河」です。

なんでも選定に当たって、聖杯に縁ある人間の中でもっとも野生の力と野生の宿命を帯びた者が選ばれたのだとか。納得ですね!!

ストーリーにおいては第7章にまさかの参戦。

ケツァルコアトルと因縁のある「テスカトリポカ」を信奉するジャガーの戦士を自称するだけに、ケツァルコアトルからはぞんざいに扱われていました。

フリーダムな性格のため若干取り扱いには苦労しましたが、それでも最後まで主人公と共に立ち向かいます。

「ジャガーマン」の性能

カルデアに召喚されてしまった彼女の性能を見ていきましょう。

ジャガーマン

ジャガーと言うよりタイガー。。。

ステータス

クラス:ランサー レア:星3 所持カード:QQABB
HP (初期/最大):1726/9593
ATK(初期/最大):1304/7022

スキル

スキル1 「ジャガー・パンチ」 CT:12
自身のBusterカード性能をアップ(3ターン)&自身の精神異常耐性をアップ(3ターン)&自身に回避状態を付与(2回)&スターを大量獲得(1ターン)

スキル2 「ジャガー・キック」 CT:7
自身の攻撃力をアップ(2ターン)

スキル3 「ジャガー・アイ」 CT:8
自身のクリティカル威力をアップ(3ターン)&〔森林〕のあるフィールドにおいてのみ、自身のスター発生率をアップ(3ターン)&〔森林〕のあるフィールドにおいてのみ、自身のスター集中度をアップ(3ターン)

宝具

「逃れ得ぬ死の鉤爪(グレート・デス・クロー)」 属性:Buster
自身に必中状態を付与(1ターン)+敵単体に超強力な攻撃&弱体耐性をダウン(3ターン)〈オーバーチャージで効果アップ〉

雑感

ふざけたビジュアルに反して、その性能は一級品。

ランサーの星3と言えばアニキこと「クー・フーリン」が筆頭ですが、ジャガーマンはそんな彼に勝るとも劣りません。

特筆すべきは、優秀なスキル構成でしょう。

とくにカードバフや回避、スター獲得など優秀な効果がてんこ盛りの「ジャガー・パンチ」の性能は星3の次元を超えています。

ただし、CTがかなり長く取り回しが悪いので、使いどころは厳選が必要です。

対する第2スキルの「ジャガー・キック」は分かりやすい攻撃バフ。「ジャガー・パンチ」と組み合わせることで、お手軽に高火力を実現可能です。

残る「ジャガー・アイ」も、シンプルなクリティカルバフ。条件次第でクリティカルアタッカーに必要なバフを全て賄えますが、その条件を満たすのは困難です。

宝具は単体への超強力攻撃。ダメージ判定前に必中バフが入るので、厄介な回避スキル持ちのメタとして活躍が期待できます。

「ジャガーマン」の運用案

強力なスキルを誇る反面、やや取り回しの難しいジャガーマン。ここではおすすめの運用方を提案します。

運用案その① クリティカルパーティーのアタッカー

「ジャガー・アイ」を活かしてクリティカルアタッカーとして扱う運用案。

攻撃バフを全て乗せたクリティカルアタックの火力は、星3ランサー随一です。

注意点としては、〔森林〕以外ではその性能の全てを発揮できないこと。

〔森林〕以外では、スター集中バフも機能しないので、概念礼装でカバーする必要があります。

運用案その② 宝具の一発花火

2種類の攻撃バフで、高HPのボスにぶつける運用案。

宝具レベル5ともなればかなりの火力を出せるので、意外にも有用です。

とくに、自身に回避を付与する「ゲイザー」とは好相性で、ほぼ確実に葬ってくれます。

ただし、ジャガーマン自体はNP獲得スキルを持っていないため、何らかの補助は必須です。

まとめ

今回のピックアップで、気づいたら宝具レベル5になっていた人も多いだろう「ジャガーマン」。

見た目に反して、その性能は折り紙付きです。

単体宝具のランサーがいない人は育ててみてはいかがでしょうか? 

とくに新宿での「禁断の頁」集めには自信を持っておすすめできますよ。

ライター: 編集部

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク