【FGO】アーラシュの能力をチェック 自爆する宝具がさまざまな戦略を生み出す星1アーチャー

アーラシュはフレンドポイント召喚で入手できる星1のアーチャーです。

発動時に自身が即死する代わりに強力な全体攻撃を行える宝具を持ち、周回に便利な性能となっています。

また、自発的に退場することができるため、やられたときに効果が発揮される概念礼装を装備させたり、任意のタイミングで自爆して控えのサーヴァントを呼び出したりとさまざまな戦略をとることが可能です。

現在開催中の羅生門イベントでも「ゴールデン捕鯉魚図」のスター獲得効果を活用するため、あるいは全滅周回による鬼瓢箪稼ぎのためなど、幅広い用途で起用されており、今後のイベントでも活躍が予想されます。

今回は初心者でも入手しやすいアーラシュの能力をチェックしていきます。

アーラシュ 自爆する宝具を持つアーチャー

基本的なステータス

アーラシュの基本的なステータスは以下の通りです。

ステータス

クラス:アーチャー
レアリティ:星1

最大レベル:60

最大HP:7122
最大ATK:5816

コマンドカード

Quick1枚、Arts2枚、Buster2枚

クラススキル

対魔力[C]:自身の弱体耐性を少しアップ

単独行動[C]:自身のクリティカル威力を少しアップ

アーラシュの宝具『流星一条』

アーラシュが使用する宝具『流星一条』についての解説です。

効果

カード種別:Buster

敵全体に超強力な攻撃<オーバーチャージで威力アップ>+自身に即死効果【デメリット】

幕間の物語をクリアすると、攻撃威力およびオーバーチャージによる威力アップが強化されます。

自身の即死と引き換えに大ダメージを与える全体宝具

アーラシュの宝具は発動後に自身が即死するデメリットを持つ全体攻撃です。

デメリットがあるせいか全体攻撃の威力は非常に大きく、星1サーヴァントとは思えないほどのダメージを叩き出すことができます。

また、オーバーチャージで直接威力がアップすることも特徴的で、宝具チェインによってさらなる大火力を目指すことも可能です。

即死してしまうことでパーティーの戦力は減ってしまいますが、自分の好きなタイミングで退場させることができるので単なるデメリットというわけではありません。

戦場の状況に合わせて控えのサーヴァントを戦場に出したり、五百年の妄執のような概念礼装の効果を好きなときに発動したりと使い道は多彩です。

アーラシュが習得するスキル

アーラシュが習得するスキルについての解説です。

頑健[EX]

効果:自身の防御力アップ(3ターン)&毒耐性をアップ(3ターン)

クールタイム:7ターン

防御力と毒耐性を上げることができるスキルです。

防御力アップは3ターン継続し、受けるダメージを着実に軽減してくれます。

NPをチャージして宝具を使えるようになるまでの時間を稼ぐことができるため、有用です。

対して毒耐性アップは毒を喰らう機会がほとんどないため、活用する機会はあまりありません。

ただ、効果量は初期段階からかなり高めに設定されているので、継続ダメージの大きい毒を付与するエネミーが今後登場すれば評価が変わる可能性はあります。

千里眼[A]

効果:自身のスター発生アップ(3ターン)

クールタイム:8ターン

攻撃によるスター生成能力を上げるスキルです。

アーラシュはスター集中度が高めのアーチャーであり、クリティカル威力を上げる単独行動のクラススキルも習得しているので、生み出したスターを自身で活用することができます。

ただ、Quickカード1枚というコマンドカード構成のため、アサシンクラスのスター発生アップなどと比べると恩恵は少ないです。

他の2つのスキルよりも優先して育成する必要はないでしょう。

弓矢作成[A]

効果:自身のNPを増やす&HPを回復

クールタイム:8ターン

強化クエストをクリアすることで習得できるスキルです。

NPを直接チャージできる上にHP回復でNPを稼ぐターンを長くできるので、宝具の使用を力強くサポートできるスキルと言えます。

初期段階でもNPを+20%できるので、カレイドスコープを装備させれば開幕から宝具を使うことも可能です。

スキルレベル上昇によるHP回復量の増加の恩恵が意外と大きいので、育てておくと安定感が増します。

アーラシュにおすすめの概念礼装

アーラシュをパーティーに採用する際、装備させるおすすめの概念礼装を紹介します。

魔性菩薩

戦闘開始時NPチャージ効果と宝具のチャージ段階アップ効果を持つ概念礼装です。

アーラシュの宝具はオーバーチャージで威力を上げることができます。

特に幕間クエストクリア後はチャージ1段階ごとのダメージ増加が大きくなるため、宝具の火力アップに貢献してくれる効果です。

チャージ段階アップは1回しか効果がありませんが、宝具使用後は即退場するアーラシュであれば問題ありません。

戦闘開始時NPチャージ効果も宝具使用までのターン数を短縮してくれるので、非常に役立つ効果です。

五百年の妄執

退場時に2ターンの宝具封印状態と10ターンの呪い状態を付与する概念礼装です。

アーラシュの宝具の使用後に退場するデメリットを逆に利用して、任意のタイミングで宝具封印を行うことができるようになります。

宝具封印状態はターン終了時のチャージ増加も防げるので、その間に撃破したり、防御系スキルを再利用できるようになるまでの時間を稼いだりすることが可能です。

アーラシュの宝具で火力を出したいのであれば、Busterカード強化に退場時のNPチャージ効果の付いた慈悲無き者を装備させる手もあります。

まとめ:星1とは思えない火力と多彩な戦略の起点となるサーヴァント

アーラシュは宝具で星1のレアリティとは思えない火力を出すことができる上、退場するデメリットをさまざまな戦略の起点にすることが可能なサーヴァントです。

入手難易度が低く、種火周回など普段のクエストでも役立つので、手持ちのアーチャーの数に関わらず育成する価値があります。

ライター: 編集部

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク