【FGO】☆5バーサーカー「ヴラド三世」を紹介 スキル強化で火力と安定感がアップ

ヴラド三世は初期から登場している☆5バーサーカーです。

初期は耐久サーヴァントの冷遇、宝具火力の低さから低い評価を受けがちでしたが、スキル・宝具の強化実装や強力なサポーターサーヴァントが追加されたことで、評価が見直されつつあります。

この記事では、ヴラド三世の性能について紹介したいと思います。
ヴラド三世の性能紹介

ステータスとコマンドカード

まずは、基本となるステータスとコマンドカードについて解説します。

ステータス

☆5バーサーカー
最大レベル:90
最大HP:13770/最大ATK:11499

バーサーカーとしてはHP寄りのステータスで、スキルと合わせて耐久面に優れています。

しかし、全クラスから弱点を突かれるため過信は禁物。

クラススキル

狂化 EX
自身のBusterカード性能をアップ

コマンドカード

Quick1枚/Arts2枚/Buster2枚

バーサーカーでは珍しいArts2枚構成となっています。NP効率は良くないため、アーツチェインやスキルで補いましょう。

ヴラド三世のスキル

次にスキルを解説します。

吸血 A:CT8

敵単体のチャージを高確率で減らす&自身のNPを増やす

敵単体のチャージを減らしつつ、自身のNPを増やす複合スキル。チャージ減少が成功しなくても、NPは増加します。

SL1でもチャージ減少の確率は高いですが、SL10にすることで確定で減少させることが出来ます。NP増加効果もSLに応じて上昇するため、レベルアップの恩恵は大きめです。

遅延を行いつつ、自身の低いNP効率を補えるため、出来るだけ強化したいスキルです。

変化 C:CT7

自身の防御力をアップ(3ターン)

防御力を上昇させる汎用スキルです。効果はそれなりですが、バーサーカーの脆さをある程度補うことが出来ます。

しかし、ある程度のため過信は禁物。真価を発揮するのは強化後からです。

[強化後]鮮血の伝承 A+:CT7

自身の防御力をアップ(3ターン)&攻撃力をアップ(3ターン)

幕間の物語「レジェンド・オブ・ドラキュリア II」をクリアすることで”変化”が強化されます。

防御力アップ効果が上昇し、攻撃力アップ効果が追加されます。今まで他サーヴァントに頼るしかなかった攻撃バフを自身で付与できるようになり、攻撃面にも磨きがかかります。

CTも据え置きで最短5ターンのため、玉藻の前でCTを短縮してやれば間隔を置かずに付与し続けることも可能です。

こちらも”吸血”と同様にCT短縮の恩恵が大きいため、出来るだけ強化したいスキルです。

戦闘続行A:CT9

自身にガッツ状態を付与(5ターン)

死にやすいバーサーカーのため、ガッツ付与が役立つ場面は多そうです。

耐久に優れているヴラド三世ですが、死ぬ時はあっさり死ぬため危なくなる前にガッツ付与をしましょう。

ヴラド三世の宝具『血塗れ王鬼』

次に宝具を紹介します。

性能と効果

Arts:敵単体に超強力な攻撃+スター大量獲得

幕間の物語「レジェンド・オブ・ドラキュリアⅠ」を強化することで、宝具威力がアップ&スター獲得数がアップします。

本領発揮は宝具強化後から

宝具強化前では、他サーヴァントのArts単体宝具と比べて威力が低く、低評価を受ける一因となっていました。

しかし、現在は宝具強化が実装され、相性のいいサーヴァントが追加されたことでArts属性であることを活かせるようになってきました。

スター獲得数も強化後は20個と多めのため、次ターンにクリティカルへと繋げることが可能です。

相性のいいサーヴァント・礼装

低いNP効率を補い、Arts2+1枚を活かすためにもArtsが多いサーヴァントを編成したいところです。

礼装は、Arts強化が出来るものがいいでしょう。

玉藻の前:☆5キャスター

「ヴラド三世と相性がいいサーヴァント」で真っ先に候補になるサーヴァントです。

“狐の嫁入り”のArts強化と回復、”呪術”によるチャージ減少、『水天日光天照八野鎮石』のCT短縮とNP配布…とヴラド三世の弱点を補いながら、さらに長所を伸ばすことが出来ます。

ここに諸葛孔明を加えることで、さらに攻防面を強化することが出来ますが、☆5サーヴァントが3騎必要ということもあり、編成難易度が高いのが難点。

また、『水天日光天照八野鎮石』のCT短縮を活かすためにもヴラド三世のSLを強化する必要があるため、その点でも難易度が高いといえます。

ネロ・ブライド:☆5セイバー

2+1枚のArtsを持ち、アーツチェインを組みやすくなりお互いに宝具が使いやすくなります。

スキルも攻撃バフ・回復&防御バフ・NP獲得量アップとヴラド三世に欲しいものが揃っています。宝具の防御ダウンとクリティカル発生率ダウンも持続ターンが長く便利な効果です。

BB:☆4ムーンキャンサー

玉藻の前の『水天日光天照八野鎮石』同様に、宝具にNP配布効果があるため宝具の回転率を高めることができます。

スター集中スキルを持つため、ヴラド三世の宝具で獲得したスターを活かすことができ、CT3の回復と無敵解除&スタン付与スキルも便利です。

まとめ:継戦力に優れるバーサーカー

ヴラド三世は「倒れることを前提にした瞬間火力」ではなく「場に留まり続けて火力を発揮する」ため、他のバーサーカーとは違った運用が求められます。

十全の性能を発揮するには、スキル強化やパーティ編成を考える必要がありますが、これからも登場するであろう長期戦での活躍が見込めまれます。

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます