【FGO】オリオンの能力をチェック 対男性以外でも頼れる星5アーチャー

オリオンは期間限定イベント「月の女神はお団子の夢を見るか?」で登場し、その後ガチャで恒常入手できるようになった星5アーチャーです。

男性に対する強力な特攻スキルを持っている上、複数のデバフを与える単体宝具を持っているので高難易度のクエストを攻略する際に頼れる存在と言えます。

メインシナリオ1部6章のガウェイン戦でフル活用したプレイヤーも多いのではないでしょうか。

900万DL記念ピックアップ召喚では日替わりピックアップ対象に選ばれているので、手に入れるには絶好の機会です。

今回はオリオンの能力をチェックしていきます。

オリオン 対男性以外でも頼れる星5アーチャー

基本的なステータス

オリオンは星5アーチャーの中でHPが高くATKが低い防御寄りのステータスを持っています。

また、アクションをするのは女性のアルテミスですが、データ上は頭に乗っているオリオンを参照するため、男性扱いのサーヴァントです。

オリオンの基本的なステータスは以下の通りです。

ステータス

クラス:アーチャー
レアリティ:星5

最大レベル:90

最大HP:14553
最大ATK:11107

コマンドカード

Quick2枚、Arts2枚、Buster1枚

クラススキル

対魔力[D]:自身の弱体耐性を少しアップ

単独行動[A+]:自身のクリティカル威力をアップ

オリオンの宝具『月女神の愛矢恋矢』

オリオンが使用する宝具『月女神の愛矢恋矢』についての解説です。

効果

カード種別:Arts

敵単体に超強力な攻撃&敵単体の攻撃力ダウン大(3ターン)&敵単体のチャージを中確率で減らす>オーバーチャージで確率アップ>

幕間の物語をクリアすることで威力とチャージ減少の確率がアップし、敵単体のクリティカル発生率ダウン<オーバーチャージで確率アップ>という効果が追加されます。

デバフ効果も強力な単体宝具

オリオンの宝具は複数のデバフ効果の付いた単体攻撃です。

攻撃力ダウン・チャージ減少に加え、幕間クエストのクリアでクリティカル発生率を下げることもできるようになるので、攻撃が強力なボスから受けるダメージを抑えやすくなります。

単純なダメージソースとしても優秀で、男性特攻の対象となるエネミーであればかなりの瞬間火力を叩き出すことができるでしょう。

ただし、オリオンはArtsカードのNP効率が低めに設定されているため、宝具を安定して使うためには概念礼装などでの補助が欲しいところです。

オリオンが習得するスキル

オリオンが習得するスキルについての解説です。

攻防両面のバフを付与することができるスキル群を持っています。

女神の寵愛[EX]

効果:自身の防御力を大アップ(1ターン)&自身の攻撃力をアップ(3ターン)&自身の弱体耐性をアップ(3ターン)

クールタイム:7ターン

3種類のバフを付与する効果を持ったスキルです。

防御力大アップは効果時間が1ターンしかありませんが、代わりに効果量は大きくスキルレベルを上げることでかなりのダメージを防げるようになります。

セイバークラスの敵であれば、相手によっては宝具を受けきることもできるでしょう。

攻撃力アップと弱体耐性アップはスキルレベルに関わらず効果が一定ですが、最初から十分なアップ幅となっているので問題ありません。

移り気への楔[A+]

効果:自身に[男性]特攻状態を付与(1ターン)

クールタイム:7ターン

男性の特性を持つ敵に対する特攻を得るスキルです。

初期段階でも強力ですが、スキルレベル上昇に伴う強化の恩恵が大きいので、ぜひ育てておきたいスキルと言えます。

スキルレベルを上げておけば、セイバークラス以外の男性エネミーに対してもダメージソースとして活用できるでしょう。

心眼(偽)[B-]

効果:自身に回避状態を付与(1ターン)&自身のクリティカル威力アップ(3ターン)

クールタイム:ターン

回避状態の付与とクリティカル強化の効果を持つスキルです。

回避状態は必中・無敵貫通を持つ敵を相手にする場合を除けば無駄にならない効果ですし、クリティカル威力アップもスターが集まりやすいアーチャークラスの特性上かなり役立ちます。

オリオンはスキルランクの高い単独行動も習得しているため、スターを供給する手段があれば非常に有用です。

オリオンにおすすめの概念礼装

オリオンをパーティーに採用する際、装備させるおすすめの概念礼装を紹介します。

センセイとボク

戦闘開始時NPチャージとスター集中度アップの効果を持つ概念礼装です。

ArtsカードのNP獲得量が少ないことがオリオンの弱点ですが、戦闘開始時NPチャージ効果があれば宝具使用までかかる時間を短縮できます。

また、スター集中度アップによってアーチャー統一編成でもクリティカルを発生させやすくなり、心眼(偽)のクリティカル威力アップ効果を活かしやすくなります。

キャスターなどスター集中度の低いクラスのサーヴァントとパーティーを組む場合には、スター獲得能力を得る至るべき場所などを装備させても良いでしょう。

誉れを此処に

宝具威力アップ・クリティカル威力アップ・毎ターンスター獲得という3つの効果を持つ概念礼装です。

スター供給からのクリティカル攻撃でダメージを与えていき、NPもチャージしていくという戦略に適しています。

宝具のダメージも上げることができるので、宝具始動のブレイブチェインを決めればかなりの火力を出すことができるはずです。

ただし、戦闘開始時NPチャージと比べるとコマンドカードの配布運に頼る部分が大きく、なかなか宝具を使えないケースも出てきます。

Artsカードを先頭に置いたQuickカードによるNP獲得で、意識的にNPを溜めていく必要がある点に注意です。

まとめ:男性以外を相手にしても活躍できる優秀なサーヴァント

オリオンは男性特攻スキルばかりが取り上げられがちですが、他スキルのバフ・宝具のデバフによって男性以外の敵を相手にしても活躍できるサーヴァントです。

特に生存力が重要となる高難易度クエストではその能力を活かしやすいので、育成しておいて損はありません。

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。