【FGO】ガウェインの能力をチェック 攻撃系バフとBuster3枚の組み合わせが強烈な攻撃的セイバー

ガウェインはメインシナリオ6章をクリアした後、ストーリー召喚で入手できるようになる星4セイバーです。

メインシナリオでは特殊バフが付与された屈指の強敵として戦うことになりますが、CCCコラボイベントでは頼れる味方として活躍します。

イベント中は、CCCコラボイベントのイベント素材であるサクラチップを増やす効果も持っており、鈴鹿御前を持っていないのであれば対ランサーの周回用として重宝するサーヴァントです。

今回はガウェインの能力をチェックしていきます。

ガウェイン 攻撃的セイバー

基本的なステータス

ガウェインは、星4セイバーの中でもトップクラスのATKを誇ります。

ガウェインの基本的なステータスは以下の通りです。

ステータス

クラス:セイバー
レアリティ:星4

最大レベル:80

最大HP:11419
最大ATK:10173

コマンドカード

Quick1枚、Arts1枚、Buster3枚

クラススキル

対魔力[B]:自身の弱体耐性をアップ

騎乗[B]:自身のクイックカードの性能をアップ

ガウェインの宝具『転輪する勝利の剣』

ガウェインが使用する宝具『転輪する勝利の剣』についての解説です。

効果

カード種別:Buster

敵全体に強力な攻撃&敵全体にスキル封印状態を付与(1ターン)&敵全体にやけど状態を付与(5ターン)<オーバーチャージで効果アップ>

厄介なスキルを止められる全体宝具

ガウェインの宝具はスキル封印状態とやけど状態を付与する効果の付いた全体攻撃です。

複数の攻撃系バフスキルを使った上で発動すれば、大きなダメージが期待できます。

スキル封印状態の付与は厄介なスキルを止められるため、サーヴァントなど多彩なスキルを使う敵との戦いで有用です。

HPが減少すると回避・無敵状態を付与してくる敵や、チャージ増加スキルで素早く宝具を使ってくる敵などとも戦いやすくなります。

やけど状態は宝具攻撃と比べると与えるダメージは少ないですが、ガッツ状態への対策としては十分なダメージ量です。

ガウェインが習得するスキル

ガウェインが習得するスキルについての解説です。

聖者の数字[EX]

効果:自身の攻撃力をアップ(3ターン)&〔陽射し〕のあるフィールドにおいてのみ、自身のBusterカード性能をアップ(3ターン)

クールタイム:7ターン

オーソドックスな攻撃力アップに、場所を限定したBusterカード強化が付いたスキルです。

攻撃力アップは単独でも十分な効果量が設定されているので、〔陽射し〕のないフィールドでも十分に役立ちます。

しかし、バフの種類が異なるBusterカード強化が発揮されるとかなり火力が底上げできるので、できれば適したクエストに連れて行きたいところです。

屋外で太陽の光が表示されている場所は、大半が〔陽射し〕のあるフィールドと判定されますが、夕方など一部の場所では太陽があってもBusterカード強化が発揮されないこともあります。

カリスマ[E]

効果:味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)

クールタイム:7ターン

パーティー全体の攻撃力を上げる効果を持つスキルです。

汎用性が高く使いやすいスキルと言えますが、スキルランクの関係上、効果量は控えめに設定されています。

他のサーヴァントのカリスマと同じ感覚で使用すると火力不足を感じることもあるでしょう。

ただ、聖者の数字のスキルレベルアップで強化されるのはBuster部分だけなので、フィールドを問わずに性能を強化したいなら、こちらのスキルを育成するという選択肢もあります。

べルシラックの帯[EX]

効果:自身のNPを増やす&スターを獲得&自身にガッツ状態を付与(1回)

クールタイム:8ターン

NPチャージ、スター獲得、ガッツ付与という3つの効果を持つスキルです。

それぞれの効果にシナジーがあるわけではありませんが、どれも便利な効果で使いやすいスキルと言えます。

ガウェインのコマンドカード構成はセイバーながらBuster3枚と偏っているので、宝具を使うためのNPチャージは重宝しますし、Busterカードのクリティカルを狙うならスター獲得も強力です。

また、ガッツ状態の付与は星4セイバーの中では攻撃寄りのステータスを持つガウェインをフォローするのに適しています。

ただし、スキルレベル育成で強化されるのはスター獲得数とガッツで復活したときのHPのみなので、NPチャージをメインに使うなら育成を後回しにしても良いでしょう。

ガウェインにおすすめの概念礼装

ガウェインをパーティーに採用する際、装備させるおすすめの概念礼装を紹介します。

王の相伴

戦闘開始時NPチャージとBusterカード強化の効果を持つ概念礼装です。

ガウェインはArtsカードが1枚しかないため、宝具を使う場合にはNP関連の補助が欲しいサーヴァントと言えます。

王の相伴はNP50%を確保しつつ、宝具自体の威力もBusterカード強化で上げることが可能です。

また、3枚あるBusterカードのダメージも上げられるので、宝具を使った後のアタッカーとしても活用しやすくなります。

カレイドスコープ

戦闘開始時NPチャージ効果を持つ概念礼装です。

王の相伴と違ってダメージを上げることはできませんが、NP80%からスタートできるのでべルシラックの帯の+20%と合わせて開幕から宝具を使えるようになります。

序盤からHPの高いランサーが多数出現するクエストを攻略する際におすすめの組み合わせです。

まとめ:攻撃役のセイバーとして強力な性能を持つ

ガウェインは複数の攻撃系バフスキルに加え、宝具と合わせて4枚のBusterカードを持つ攻撃的なサーヴァントです。

特に陽射しのあるフィールドでは非常に強烈なアタッカーとして活躍できます。

反面、防御面はガッツ状態の付与しかないため、戦闘が長引く可能性のあるクエストでは他のサーヴァントでフォローする必要があるでしょう。

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます