【FGO】どのイベントでも活躍間違いなしの「マシュ・キリエライト」鉄壁の守備を使いこなしましょう!

FGOをプレイしている方なら誰でも持っているサーヴァントであるマシュ。
FGOが始まった当初は「レベル上限が30」「宝具レベル1」「レベルあげの優先度最下位」
等好き放題言われていましたが、6章が実装されたあたりから評価は激変
今では、個々の意見もあるとは思いますが、最強の一角となりました
そんなマシュの性能を見ていきましょう!

みんなの相棒マシュ!

みんなの相棒マシュ!

マシュってどんなサーヴァント?

カルデア局員、マシュ・キリエライトが
サーヴァントと憑依融合した姿。
デミ・サーヴァントと呼ばれる。
(キャラクター詳細より)

詳細からわかるように、彼女は正規のサーヴァントではありません。
憑依融合したサーヴァントとの出会いの経緯はアニメ版を見ていただければわかりやすいと思います。

このFGOの一部のストーリーは、彼女の成長の物語と言えると思います。
まだ、一部をクリアしていない方は是非最後までプレイしてみてください。

ちなみに、声優が変わったことでも有名な彼女。
どちらのマシュもかわいらしいので、ぜひ聞き比べを。

シールダークラス

彼女はこの作品で唯一のシールダーというクラス保持者です。
このクラスは特別で、どのクラスにも弱点になりません。
どのクラス相手でも弱点をとれるバーサーカーですら弱点にならないため、
相対的な攻撃力・防御力が上がります。

ステータス・霊基再臨の仕様

最大レベル:80

HP:1854/12877
ATK:1261/8730

ステータスはシールダーのクラスが他にいないので比べようがありませんが、
耐久型のステータスと言えます。
HPは他のクラスのサーヴァントと比べても高く、それでいてATKもそこそこにある…
ステータスに関しては優秀の一言でしょう。

彼女のレベルは他のサーヴァント同様に上げることが出来ますが、
霊基再臨は彼女だけの特別仕様となっています。
サーヴァント紹介で一部は彼女の成長の物語と言いましたが、
それにちなんでか、一部のストーリーの進行状況に応じて霊基再臨します。
時間はかかりますが、根気よくストーリーをクリアしましょう!

クラススキル

では、クラススキルを確認しましょう!

対魔力A

自身の弱体耐性をアップ

騎乗C

自身のQuickカードの性能を少しアップ

このクラススキルをみていると彼女に憑依融合しているサーヴァントは三騎士の適性があったみいたですね。
まあ、もうクリアしている方にとっては今更感がありますが…
とにかく、真名が明らかになるまでには色々な憶測がありました
円卓の騎士関連であることは4章あたりで明らかにはなっていましたが

クラススキルは対魔力がAなことを除けば特別なところはありません。
騎乗スキルを持っていますが、彼女のQuickカードはあまり強くないので、
あまり気にしないようにしょう。

コマンドカード構成

Buster:2枚 Quick:1枚 Arts:2枚

コマンドカード構成はセイバークラスによくみられる構成となっています。
彼女の宝具がArts属性であることから、Arts Brave Chainを組むことができます。
それぞれのカードの性能が極めて高いわけではありませんが、
クラス補正を受けないので、相対的に攻撃力は上がります!
今後のアップデートなどでそれぞれのカードのHit数が上がったりしたらいいですね

保有スキル

続いて保有スキルを確認しましょう!

今は脆き雪花の壁

味方全体の防御力をアップ[Lv.](3ターン)

↓強化後(6章クリア)

誉れ堅き雪花の壁

味方全体の防御力をアップ[Lv.](3ターン)
&被ダメージカット状態を付与(1回)

強化されるまでは防御力が上昇するだけのスキルでした。
ですが、6章をクリアすることでダメージカット状態が加わります!
しかも、防御力アップの倍率も向上するという嬉しい誤算。
誉れ堅くなることでなんとビックリ被ダメージがデバフ抜きで0になることも…

時に煙る白亜の壁

味方単体に無敵状態を付与(1ターン)
&NPを増やす[Lv.]

一時期彼女の宝具とも言われていた強力なスキル
スキルの効果対象を選べることから、ターゲット集中などのスキルと同時に使われることが多いですが、
ここぞというときのNPブーストにも使えます。
効果量は決して大きいとは言えませんが、Lv.1の状態でも10増加させることができます。

奮い断つ決意の盾

自身にターゲット集中状態を付与(1ターン)
&NP獲得量を大アップ[Lv.](1ターン)

白亜の壁と同時に使うことが多いスキル。
自身にターゲットを集中できるため、無敵状態と組み合わせれば
敵の宝具を封じる手段にもなります。
そしてこのスキルの魅力はNP獲得量大アップにあります。
このNP効率の向上っぷりが尋常じゃないんです。
Artsさえ打てればほぼNPが貯まるくらいには効率があがります。
共に1ターンと効果時間は短いのがネックですが、十二分に強いスキルです。

スキル構成を見ると、
味方を守ることに特化したスキル構成となっています。
スキルあげの優先度は雪花の壁≧決意の盾≧白亜の壁
かと思います。
どれも優秀なスキルかつスキル上げの素材も入手が容易なものが多いため、
全てLv10まで上げることをおすすめします!
(QPはかかりますが…)

強力な守備宝具!

宝具名:仮想宝具 擬似展開/人理の礎(ロード・カルデアス)
→いまは遙か理想の城(ロード・キャメロット)
属性:Arts
ランク:D→B+++
種別:対人宝具→対悪宝具
味方全体の防御力アップ(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>
+ダメージカット状態を付与[Lv.](3ターン)

味方全体の防御力アップ(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>
+ダメージカット状態を付与[Lv.](3ターン)
+自身を除く味方全体の攻撃力アップ

元から守備を固めるための宝具として優秀だった宝具がストーリーを進めることで更に優秀になります!
強化後に追加される自身以外の攻撃力アップはそこんじゅそこらのカリスマよりも効果が高いという代物。
上手く使いこなしましょう!

おすすめの概念礼装

コストが0であることから、どんな礼装をつけても問題ありません。
イベントでは限定礼装キャリアーとして使うことも多いのでは?
それはさておき、性能面で言うなら
純粋にHPを高めるために「ハッピー×3・オーダー」や「理想の王聖」
星出しの補助のために「2030年の欠片」
生存力をあげるために「コードキャスト」や「鋼の鍛錬」
「魔術髄液」、「みこっと!花嫁修業」、「聖者の行進」
などなど、様々な選択肢があります。
Arts性能を高める礼装もありです。

運用方法

守備を固めるときはまず選択肢に出てくるサーヴァントです。
組み合わせる対象としては、孔明やマーリン、玉藻の前など
Artsパーティのメンバーから選ぶことになります。
ダブルマーリンやダブルマシュなどの編成にするとかなり耐久力のある編成になります。
どうしても勝てない相手が出てきたら、耐久編成で挑んでみましょう。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード

下に続きます