【FGO】Buster型☆4アルターエゴ「パッションリップ」を紹介

2017年5月1日よりスタートした期間限定イベント「BBちゃんの逆襲/電子の海で会いましょう!」。

そのピックアップサーヴァントである☆4アルターエゴ「パッションリップ」ですが、初見の方はその巨大過ぎるそれに度肝を抜かれたことと思います。

そんな彼女のステータスを紹介したいと思います。
パッションリップの性能

ステータスとコマンドカード

まずは、基本となるステータスとコマンドカードについて解説します。

ステータス

☆4アルターエゴ
最大レベル:80
最大HP:10901/最大ATK:10299

HPとATKの均整がとれたバランス型のステータスです。

☆4としては高いATKが優秀です。

クラススキル

対魔力 C
自身の弱体耐性をアップ

単独行動 C
自身のクリティカル威力をアップ

気配遮断 A+
自身のスター発生率をアップ

女神の神格 C
自身に与ダメージプラス状態を付与&弱体耐性をアップ

ハイ・サーヴァント A
効果なし

クラス:アルターエゴについて

メルトリリス及びパッションリップは、新クラスであるアルターエゴが設定されています。

クラス相性は、剣・槍・弓の3騎士クラスには攻撃半減し、術・騎・殺・狂の4騎士クラスには攻撃倍増となり、バーサーカー以外からの攻撃は等倍です。

4クラスに有利が取れる攻撃的なクラスですが、攻撃を半減出来ないため、思わぬ事故死には注意しましょう。

コマンドカード

Quick1枚/Arts1枚/Buster3枚

見た目に違わず攻撃型のカード構成となっています。

クラス相性的にも、バーサーカーに近い感覚で扱えるでしょう。

パッションリップのスキル

次にスキルを解説します。

ブレスト・バレー A:CT7

自身にダメージをカットする状態(3回・5T)&弱体無効状態(3回・5T)を付与
ダメージカットと弱体無効状態を付与します。後述するトラッシュ&クラッシュに関わる重要スキルです。

ダメージカット効果は、スキルレベルに応じて500~1000ダメージをカットするため、生存力が大きく向上します。

付与されるダメージカットと弱体無効状態は、回数制ですが付与ターンは無限ではなく、5ターンの制限があることに注意しましょう。

被虐体質 A:CT6

自身にターゲット集中状態を付与(1ターン)&防御力をアップ(1ターン)
ターゲット集中効果と防御力アップを同時に付与します。これによりリップは、一時的な盾となることができます。

付与される防御力アップの効果は、スキルレベルに応じて大きく上昇し、使い勝手が良くなります。

また、持続が短い代わりにクールタイムも最短4ターンと短く、スキルレベルを上げる恩恵が大きいスキルと言えます。

トラッシュ&クラッシュ EX

自身の攻撃力をアップ(3ターン)&無敵貫通状態(3ターン)&攻撃時に確率で即死効果が発生(3ターン・1回)&防御力をアップ(1ターン)&スタン状態を付与(1ターン)【デメリット】

5つの効果を同時に付与する豪華なスキル。付与される全ての効果が強力です。

攻撃力と防御力アップの効果は大きく、攻防どちらの面でも役に立ち、無敵貫通も攻撃のテンポを妨げづらくするのに役立ちます。

即死効果は、確率が低いため発動すればラッキー程度に考えましょう。

唯一のデメリットであるスタン付与は、スキルを使った瞬間付与されるため、そのままでは1ターンを無駄にしてしまいます。

しかしブレスト・バレーの弱体無効状態で防ぐことが出来るため、これらと組み合わせて使うことが前提のスキルと言えます。

そのため、スキル使用時は必ずブレスト・バレーから使用しましょう。

パッションリップの宝具『死が二人を別離つとも』

次に宝具を紹介します。

性能と効果

敵全体に強力な攻撃&味方全体のHPを回復

HP回復効果は、オーバーチャージで効果アップします。

道中での露払いに優秀

全体攻撃宝具かつ、クラス相性の広さを活かした露払いとして役立ちます。

ボス戦ではやや火力不足ですが、HP回復効果もあるため無駄にはならないでしょう。

ちなみに宝具名の読みが、ブリュンヒルデの宝具「死がふたりを分断つまで」と同じ「ブリュンヒルデ・ロマンシア」となっています。

これは、パッションリップを構成する女神の一人がブリュンヒルデということから来ています。

また、CCC登場時は表記も一致する「死がふたりを分断つまで」を使用し、効果も回復ではなく即死という真逆の効果でした。

まとめ:アタッカー兼盾となれるバランス型

HPとATKのバランスがとれたステータスと、スキルの各々が強力かつがっちり噛み合うシナジーを持ち味方を守ることに向いています。

しかし、Buster3枚という攻撃型の構成のため、攻める場合でも強いというのは盾役として大きなアドバンテージと言えます。

全クラスから等倍以上を食らう点も、スキルの防御力アップと宝具の回復でカバーできるため、耐久も優れています。

広いクラス相性と全体攻撃宝具を活かし、4騎士が混合して登場するクエストでは道中の露払いとして活躍してくれるでしょう。

ライター: 北蛇

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。