【FGO】鉄壁の要塞聖女!ジャンヌ・ダルクのステータスと運用方法

Fate/EXTRA CCCコラボイベントで実装された新クラス「ムーンキャンサー」。このクラスはアヴェンジャーに有利で、ルーラーに不利という特性を持ちます。これにより、エクストラクラスでもいよいよ三すくみが成立しました。
アヴェンジャーの登場以降、ジャンヌの宝具と似たスキルを持つマーリンも加わるなどやや影の薄い印象だった彼女ですが、イベント中に予想されるムーンキャンサーとの戦闘で第一線への返り咲きが期待できます!
そこで、今回は巌窟王にして「人間要塞」と言わしめる耐久力を誇るジャンヌの基本ステータスと運用を改めてご紹介。

ジャンヌ編成 ジャンヌの運用方法を紹介

ジャンヌ・ダルクの基本ステータス

クラス:ルーラー
筋力B 耐久B 敏捷A
魔力A 幸運C 宝具A++

Lv90 HP16500 ATK9593
コマンドカード Quick1枚 Arts3枚 Buster1枚

スキル1「啓示A」
自身に毎ターンスター獲得状態を付与(3ターン)

スキル2「真名看破B」
敵単体[サーヴァント]の宝具威力大ダウン(1ターン)

スキル3「神明裁決A」
敵単体[サーヴァント]を行動不能状態にする(1ターン)

クラススキル
「対魔力EX」
自身の弱体耐性をアップ

ジャンヌ宝具 ジャンヌの運用方法を紹介

宝具「我が神はここにありて」(リュミノジテ・エテルネッル)
ランクA-
カード種類 Arts
種別 結界宝具
味方全体に無敵付与(1ターン)&防御力アップ(3ターン)&毎ターンHP回復付与(2ターン)<OCで効果アップ>+自身にスタン付与(2ターン)【デメリット】

他の追随を許さない耐久力

HPは全サーヴァント中最高の16500。加えて、アヴェンジャーとバーサーカー、シールダー以外からの攻撃はすべからく威力ダウンされるため圧倒的な耐久力を誇ります。
ATK数値は☆5中で最低ですが、ルーラーには1.1倍の攻撃力補正があるため実際の火力はもう少し高くなります。ほぼ全てのクラスを等倍で叩ける強さはマシュが証明済み。崩れぬ防御と同時にある程度の火力を担える、まさに攻防一体となった要塞です。

いざという時に全体を守ってくれる宝具

宝具「我が神はここにありて」は、味方全体に無敵&防御力アップ&毎ターンHP回復状態を付与できる優れもの。この宝具で序盤の窮地を脱することができた、という方も少なくないのではないでしょうか。
しかし、宝具を撃ったターンを含めて2ターンのスタンという手痛いデメリットもあります。行動不能中はスキルも使用不可、CTも減らないため全く動けません。ここは今後の調整が待たれる部分です。
Artsカードが多くNP回収が速いので、スタンはあるものの宝具の連射性はそこまで悪くありません。どうしても生まれてしまう宝具と宝具の隙間は、スキル「神明裁決」によるスタン付与で埋めるのも手です。ただし対象は[サーヴァント]のみなので要注意。

「真名看破」の効果があまり高くない…

スタン付与の「神明裁決」、毎ターンスター獲得の「啓示」と攻防にバランスの良いスキル。加えて「真名看破」で宝具威力をダウンさせ、盤石の守り…と言いたいところですが、「真名看破」の効果は最大レベルでも30%ダウン。レベル1では15%ダウンと、「大ダウン」の効果説明文に似つかわしくない数値です。
いざ相手の宝具が来る時、ジャンヌの宝具や「神明裁決」はまだ撃てない、ならば「真名看破」で!と考えると痛い目を見てしまうかもしれません。このスキルには過度な期待をせず、スキルレベルアップの優先度も低く設定するのが良いでしょう。
「神明裁決」は逆にレベル1から70%、レベル7で100%(相手の弱体耐性を考慮しない場合)の確率でスタンとある程度安定しているので、スターを安定供給できる「啓示」から上げるのがオススメです。

ジャンヌ・ダルクを主軸にパーティを編成してみよう

やはり耐久の要となるジャンヌ。耐久に特化したパーティを組むか、アタッカーを守る役目を担ってもらうか、そこはカルデアの事情とマスターの采配次第です。オススメはArts中心のパーティで宝具の回転率を上げる編成。

マーリンで隙を生じない二段構え

Arts3枚のコマンド構成を持ち、ジャンヌの隙をカバーしてくれるスキル構成のマーリン。ライバルのように扱われがちですが、互いの隙を補い合える性能です。マーリンによるスキル「幻術」の無敵、ジャンヌの宝具、スキル「神明裁決」によるスタン付与を駆使すればまず危ない局面で手を打てないということはないでしょう。
それだけでなく、マーリンの宝具「永久に閉ざされた理想郷」によるHP回復効果もジャンヌの宝具と重ねれば更に安定。宝具にはスター獲得状態付与もあり、ジャンヌの「啓示」と併用すればアタッカーへのスター供給も十分な量を確保できます。アタッカーのクリティカル威力を「英雄作成」でダメ押しすれば、耐久と火力を供えたパーティになることでしょう。

また、同じような運用が可能なサーヴァントにハンス・クリスチャン・アンデルセンも挙げられます。宝具による回復、スキル「無辜の怪物」でスター獲得状態の付与、スキル「人間観察」でクリティカル威力アップ。無敵付与スキルはないのでマーリンとはまた違う戦法になりますが、耐久力の底上げには十分すぎる性能と言えます。

アタッカーにはランスロット〔セイバー〕が好相性

Arts主体のアタッカーで、スター生成・獲得能力に優れているのがランスロット〔セイバー〕です。Arts宝具でチェインを組みやすい他、非常に高い倍率のスター集中アップスキル「無窮の武練」に、スター獲得状態付与&クリティカル威力アップの「騎士は徒手にて死せず」を持ち、ジャンヌの「啓示」によるスター供給のサポートを十全に受けることができます。
耐久面をサポートするスキルは持っておらず、HPも☆4の平均的な数値なので、そこをジャンヌで補うと良いでしょう。宝具によるダメージ増加状態付与により、ジャンヌで攻撃する際にも与ダメージ増加が見込めるのも嬉しい点。

オススメの礼装は「聖者の依代」

ジャンヌの礼装は、NP獲得量の増加やArtsカード性能アップの効果を持つものがオススメです。
「聖者の依代(自身に弱体無効状態を付与(3回)&NP獲得量を15%アップ)」は、宝具によるスタンを無効化しつつNP獲得量をアップしてくれるジャンヌ向けの礼装。
そのほかには以下のような礼装がオススメできます。
・忠犬待ったなし(自身のArtsカード性能を8%アップ&NP獲得量を15%アップ)
・天の晩餐(自身のNP獲得量を25%アップ)
・ショコラティエ(自身のArtsカード性能を15%アップ&毎ターンクリティカルスター3個獲得状態を付与)
「2030年の欠片(自身に毎ターンクリティカルスター8個獲得状態を付与)」も、スター供給を安定させるにはピッタリです。

まとめ

ムーンキャンサーがどのような戦法を取ってこようと、ジャンヌの耐久力と相性ならばある程度は安心できそうです。今一度、初心に立ち返ってジャンヌの強さを再確認しましょう!

ライター: さばかん

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。