【FGO】これから始めるFGO~サーヴァントの育成編~

2016年末に第1部が完結し、現在は第2部に向けて1.5部が配信中のFGO。

SNSなどの盛り上がりをみて「やってみようかな」と思った方もいるのではないでしょうか。

この記事では、FGOをこれから始める人達のために基本的なシステム解説などを行いたいと思います。

今回は、サーヴァントの育成システムについて解説します。

サーヴァントのレベルアップ

バトルを行うのはマスターではなくサーヴァント。いくらマスターレベルが高くてもサーヴァントのレベルが低くては戦いになりません。

この項目では、サーヴァントの成長方法について解説します。

バトルではレベルが上がらない

FGOでは、バトルを繰り返してもサーヴァントには経験値が入らず、一切レベルは成長しません。

では、どうやって成長させるのかと言うと、主に叡智の○○という経験値素材(以下種火)を使用します。

この種火は、各クラス+ALLの計8種類、☆1~4が存在し、種火のクラスと同じサーヴァントに合成することで効率よく成長させることが出来ます。

レアリティの低い種火は、仕様QPに対して得られる経験値が低いため、それらは売ってしまっても構いません。

サーヴァントも合成素材にすることが出来ますが、効率が大きく落ちるため推奨しません。
これからFGO:種火解説通称イクラ。これがログインボーナスだった時期もありました。

種火クエストで効率的にレベルアップ

種火は、主にカルデアゲート>曜日クエストから選択できる「○曜 種火集め ○級」から入手することになります。

曜日ごとに入手できる種火のクラスが違うため、集中して集めたい場合は事前に入手できるクラスをチェックしましょう。

基本的には超級を周回するのが効率がいいですが、始めたばかりではクリアが難しい場合もあります。

その場合は、強いフレンドサーヴァントを選択しましょう。

野良フレンドサーヴァントは宝具を使用できませんが、クリアには十分な戦力となります。「クーフーリン[オルタ]」など高レベルのバーサーカーがオススメです。

フォウくんを食べさせよう

フレンドガチャやダヴィンチちゃんの工房で入手できるフォウくんカード。

これは、サーヴァントに合成することでHPとATKを上昇させることができる素材です。

種火とは違い、ALLを除き対応したクラスでしか合成することが出来ません。

霊基再臨をしよう

サーヴァントの現時点での最大レベルに達すると、レベル上限をアップさせる霊基再臨が行えるようになります。

性能面だけでなく、ビジュアル面でも重要な要素のため、しっかり把握しましょう。

性能だけでなくグラフィックが変化する

☆4サーヴァントを例にすると、初期状態での最大レベル40に達することで霊基再臨が行えるようになります。

第1再臨を行うと最大レベルが50に、第2再臨を行うと60に…というように最大レベルが上昇します。

この最終上限レベルは、レアリティごとに決まっており聖杯再臨でのみ上限をアップすることができます。

また、霊基再臨を行うとカードイラスト、バトル中のグラフィックが変更されます。

最終再臨の際には、カードイラストが専用のものに変更されるため、これを育成の目標にするマスターも多いようです。
これからFGO:れいきさいりんイラストやグラフィックは変更できるのでご安心。

必要な素材はクエストで入手

一部の特殊なクラス・サーヴァントを除くと、再臨に必要な素材はクエストから入手します。

○○ピース・モニュメントは、曜日クエスト ○の修練場から入手でき、対応したクラスごとに必要になります。

それ以外の素材は、各エネミーごとに対応してドロップする他、特定のクエストクリアで確定入手することが出来ます。

しかし、フリークエストでのドロップ確率は低いため、基本的には期間限定イベントでの入手が主になります。

サーヴァントのスキル

サーヴァントには、3つのスキルが存在し、戦闘をより有利にすすめることができます。

スキルレベル(以下SL)を成長させるメリット・デメリットについて解説します。

スキルレベルを上げてさらに強く

SLを成長させることで、効果がアップします。

アルトリアの「直感 A」を例にするとスキルレベル1と10では獲得できるスターが5~15個と大きく違います。

また、SL6とSL10ごとにクールタイムが1ずつ減少し、「直感 A」の場合は最終的にクールタイム5ターンとなります。

クールタイムが1ターン短いかどうかで生死を分ける場面もあるため、成長させる恩恵はかなり大きいといえます。

初心者のうちは無理しない

しかし、SLを成長させるには大量の素材とQPが要求されます。

☆5サーヴァントのスキル1つをSL10にする場合に必要なQPだけで342,400,000という重いコストが掛かり、その分霊基再臨も遅れてしまいます。

そのため、素材とQPに余裕がない初心者のうちは、サーヴァントの霊基再臨を優先しましょう。

サーヴァントの絆を深めよう

クエストクリア時に入手できる絆ポイント。直接成長には関係しませんが、サーヴァントとの絆を示す重要な数値です。

マイルーム会話・幕間の物語の解放条件となる

獲得した絆ポイントが一定値に達すると絆レベルが上昇し、最大で10までアップします。

この一定値というのはサーヴァントごとに異なり、あっさりLV5になるものもいれば、根気よく深める必要があるものもいます。

絆レベルが一定以上であることが幕間の物語の条件となることもあり、育成したいサーヴァントは積極的に連れ回しましょう。

また、絆レベル1~5ごとにマイルームでタッチした際のセリフが変わっていきます。

最初はつっけんどんだったサーヴァントも、絆レベル5になれば心許してくれるようになるのは感慨深いものがあります。

絆を深めたご褒美『絆礼装』

絆レベル1~5までに必要な絆ポイントは多くて数万程度ですが、LV6~10に必要なポイントは150万前後と莫大です。

それを乗り越えて絆LV10に至ると、そのサーヴァントが装備したときのみ効果が発揮される絆礼装を手に入れることが出来ます。

お気に入りのサーヴァントがいるならば、常にサブメンバーに入れておくと多少ですが入手が楽になるでしょう。

まとめ:育成は焦らずじっくりと

一気にレベルもスキルレベルも…といっぺんにやろうとすると、必要な素材の多さにげんなりしてしまいます。

序盤であれば第1再臨をするだけでも十分な戦力になりますし、スキルレベルも中盤以降から手をつけても遅くありません。

慌てず自分にペースに合わせて、サーヴァントたちを成長させていきましょう。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます