【FGO】霊基保管室を利用して、イベントで手に入る概念礼装用EXPカードを保管しよう

復刻ぐだぐだ本能寺イベントでは、本能寺ポイントの達成報酬として2種類の概念礼装用EXPカードを入手できます。

手に入れてすぐに手持ちの概念礼装へ合成しても良いですが、タイミングを見計らうことでより多くの経験値を獲得可能です。

今回の記事では霊基保管室を利用して概念礼装用EXPカードを保管しておくことのメリットや霊基保管室の活用方法を紹介します。

霊基保管室の概念礼装用EXPカード

霊基保管室で保管すれば、パーティー編成の邪魔になりません

概念礼装用EXPカードの解説

復刻ぐだぐだ本能寺イベントで入手できる概念礼装用EXPカードは「概念礼装EXPカード:ノッブ」「概念礼装EXPカード:おき太」の2種類です。

本能寺ポイントの序盤では「概念礼装EXPカード:おき太」をもらえる数が多く、終盤に近づくにつれ「概念礼装EXPカード:ノッブ」の割合が増えてきます。

それぞれ、どのような効果を持っているのかを確認しておきます。

概念礼装EXPカード:ノッブ

レアリティ:星4

効果:なし

Fate ぐだぐだオーダー版の織田信長をあしらった概念礼装です。

概念礼装としての効果はなく、ステータスへの修正も0であるため、装備させる意味はありません。

他の概念礼装に合成してレベルを強化するのが基本的な役割です。

通常の星4概念礼装で獲得できる経験値は10000ですが、概念礼装EXPカード:ノッブはその3倍の30000EXPを獲得できます。

ちなみに初期レベルと最大レベルが同一なので、この概念礼装自体を強化することはできません。

概念礼装EXPカード:ノッブ

装備させても無駄にパーティーのコストが増えるだけです

概念礼装EXPカード:おき太

レアリティ:星3

効果:なし

Fate ぐだぐだオーダー版の沖田総司をあしらった概念礼装です。

概念礼装EXPカード:ノッブと同じく、合成用の概念礼装となっています。

ただし、レアリティは1つ下がった星3です。

通常の星3概念礼装で獲得できる経験値は6000ですが、概念礼装EXPカード:ノッブはその3倍の18000EXPを獲得できます。

概念礼装EXPカード:おき太

こちらもサーヴァントに装備させる意味は特にありません

概念礼装EXPカードを合成するタイミング

概念礼装を他の概念礼装に合成して強化する場合、より高い成果が狙えるタイミングが存在します。

それは、大成功・極大成功の発生率がアップするイベントの開催時です。

大成功・極大成功の発生率アップイベント

サーヴァントおよび概念礼装の強化時、大成功・極大成功が発生する確率がアップするイベントです。

大成功した場合は得られる経験値が2倍、極大成功した場合は3倍になるので、獲得できる経験値の期待値が上昇します。

いつ開催されるかは不定期ですが、概念礼装は種火と異なり入手手段が限られるのでイベントを待つ意味は大きいです。

サーヴァントが装備している概念礼装のステータス修正があとちょっとだけ高ければクエストをクリアできる、といった状況でない限りはイベント開催まで強化合成用の概念礼装を残しておくことをおすすめします。

霊基保管室を利用するメリット

霊基保管室は倉庫とは別にサーヴァント・概念礼装を保管しておけるスペースです。

初期段階ではそれぞれ100個保管しておくことができ、マナプリズムを消費することでスペースを増やすこともできます。

保管・取り出しにコストがかかることはありません。

倉庫ではなく霊基保管室を利用するメリットには以下のようなものがあります。

間違えて合成することがない

霊基保管室にある概念礼装は、強化で合成する概念礼装を選ぶ際に表示されません。

そのため、合成するつもりがないにも関わらず間違えて合成してしまうというような事態を防ぐことができます。

ロックをかけることでも対応できますが、強化時の選択の邪魔になるので霊基保管室を利用した方が便利です。

パーティー編成時の邪魔にならない

概念礼装EXPカードはサーヴァントに装備させる意味のない概念礼装なので、倉庫に置いたままだとパーティー編成の邪魔になってしまいます。

霊基保管室にある概念礼装は、パーティー編成時に表示されなくなるので必要な概念礼装を装備させる際のストレスを解消できます。

倉庫内の概念礼装EXPカードの数が多くなってくるとスクロールの頻度が増えてしまうため、霊基保管室へ移動させて手間を省きましょう。

霊基保管室の他の活用方法

霊基保管室には概念礼装EXPカードを保管しておく以外にも活用方法があります。

マナプリズムを消費して霊基保管室を拡張するべきかどうかを判断する際には、以下のような用法についても意識しておくと良いでしょう。

種火やフォウ君の保管

曜日クエストやフレンドポイント召喚などで入手した種火やフォウ君を保管しておき、必要になったら取り出すという活用法です。

育成したいサーヴァントがいない場合や、将来入手する可能性のあるサーヴァントのために保管しておきたい場合に便利です。

使用頻度の低いサーヴァントの保管

周回向きの性能ではないものの、高難易度クエストで活躍する機会があるサーヴァントを保管しておく用法です。

普段使わないサーヴァントを倉庫から取り除くことで、パーティー編成時の検索性を高めることができます。

単騎チャレンジ用のレベル1レオニダスなども、霊基保管室に置いておけば邪魔になりません。

イベント用概念礼装の保管

イベント時にのみ素材ドロップ数増加などの特殊な効果が追加される概念礼装を保管しておくという活用法です。

装備させたときの効果はいまいちでも、イベントでは役に立つ概念礼装を必要に応じて取り出すことができます。

特に効果の小さい星3概念礼装は、倉庫ではなく霊基保管室に置いておくことがおすすめです。

復刻イベントが開催されることが多くなってきたため、今後活用する機会は増えてくるでしょう。

まとめ:霊基保管室を積極的に活用しよう

概念礼装用EXPカードを霊基保管室にしておくことは、獲得できる経験値を増やすことにつながります。

その他にも霊基保管室にはさまざまな活用方法があるので、今まで使ったことのない人はぜひ利用してみてください。

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

下に続きます