【FGO】今更ひとには聞けない「諸葛孔明」の性能をチェック

初期から登場している☆5キャスター「諸葛孔明[エルメロイ二世]」。
最初期は晩成型の性能と効果の薄いデバフ宝具ということで☆5最弱とまで言われましたが、その後性能強化されたことで、現在は☆5でも最高クラスの性能となりました。

「宝具でダメージ与えられないって弱くない?」「スキルの効果もよくわからない」「強いって言われてるけど何が強いの?」。

そんな初心者に向けて彼の性能を紹介したいと思います。

孔明

★5キャスター『諸葛孔明』

ステータスとコマンドカード

まずは、基本となるステータスとコマンドカードについて解説します。

ステータス

☆5キャスター
最大レベル:90
最大HP:14259/最大ATK:10598

大きくHPに偏ったステータスとなっています。サポーターに適した孔明にとって、生き残りやすいことは追い風になります。
ATKは☆5でも下位に位置し、キャスタークラスということもあってアタッカーには向きません。

クラススキル

陣地作成 A
自身のArtsカード性能をアップ

道具作成 B
自身の弱体付与成功率をアップ

コマンドカード

Quick1枚/Arts3枚/Buster1枚

キャスターらしくArts3枚構成です。
Arts1枚のNP回収率はやや上程度なので、NPを溜める際は積極的にアーツチェインを組んだり3枚目に置くなどしましょう。

性能に関係ない点として、第3再臨を行うことでバトルキャラがエルメロイ二世からウェイバーに変更されます。

変更後もバトルキャラの切り替えができるため、好みの方を選びましょう。

諸葛孔明のスキル

次にスキルを解説します。

鑑識眼 A

味方単体のクリティカル威力アップ(3ターン)&NPを増やす(30)

味方単体のクリティカル威力アップ効果は、パーティ編成を選ぶため活かす場合は工夫が必要です。

効果倍率は高いため、クリティカルが発生さえすれば見合った効果を発揮してくれます。

本命は、味方単体のNPを30増やすというもの。
限凸「虚数魔術」や「カレイドスコープ」を装備させたサーヴァントに使用することで、宝具の即発動が可能です。

NP効率の悪いサーヴァントの欠点を補うことが出来る極めて強力なスキルといえます。

軍師の忠言 A+

味方全体の防御力をアップ(3ターン)&被ダメージカット状態を付与(3ターン)&NPを少し増やす(10)

味方全体の耐久面を強化しつつ、NPを10増やします。

防御力アップ効果と被ダメージカットは効果倍率が高く目に見えてダメージを減らしてくれます。他の防御バフを重ねることでダメージを0にすることも可能です。

NPを増やす効果は10ですが、味方全体のNPを増やすスキルはとても貴重なため様々な場面で役に立ちます。

軍師の指揮 A+

味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)&与ダメージプラス状態を付与(3ターン)&NPを少し増やす(10)

攻撃力アップ効果は、スキルレベル1の時点でSL10の「カリスマ A」と同等の効果を持ちます。
その上クールタイムも6ターンまで短縮されるため、汎用性の高いバフスキルと言えます。

難点は、獲得するタイミングが第3再臨後と遅い点。

これが使えるかどうかで孔明の使い勝手は大きく変わるため、出来るだけ優先してレベルを上げましょう。

これぞ大軍師の究極陣形「石兵八陣」

次に宝具を紹介します。

性能と効果

Arts属性。
敵全体にチャージ減少&中確率でスタン&呪い付与(3ターン)&防御力ダウン(3ターン)

スタン効果はオーバーチャージで効果がアップします。

呪い効果は、宝具強化クエストクリアで効果が6ターンに延長し、ダメージがアップします。

デバフ宝具では最高クラスの性能を持つ

ダメージが無い宝具のため、初心者からは弱いと思われがちですがそんなことはありません。

まず、チャージ減少効果はほぼ確定で成功するため、確実に1ターンの時間を稼ぐことが出来ます。

これは、チャージゲージの短いアーチャー、アサシンクラスと戦う際は生命線に成りえます。

スタン効果は、それなりの成功率で1ターン無防備に出来る強力な状態異常。

チャージゲージMAXの場合でもあらゆる行動が行えないため、被ダメの減少に貢献してくれます。

防御力ダウンの効果も敵全体に適用されるデバフだけでなく単体デバフでも見た場合でも、強力な倍率です。

宝具強化クエストクリアは、防御力ダウンの効果が強化されます。

孔明のNP効率はアーツチェインの行いやすさと自身のスキルのおかげで高いため、何度も重ねることでさらに効果が高まります。

強化クエスト解放条件が「霊基再臨4回」「絆レベル5」と厳しいですが、見返りは大きいため積極的にレベルを上げましょう。

相性のいいサーヴァント・礼装

基本的にどんなサーヴァントでも相性がいい……というよりも、相性が悪いサーヴァントはいないと言ってもいいくらいです。

たとえライダークラスを相手にしても、「軍師の忠言」が効いていると案外生き残ってくれます。

なので、相性がいいサーヴァントよりも自分が使いたいサーヴァントを編成するのがいいかもしれません。

礼装に関しては、サポーター向きの性能ということで味方の補助ができるものがいいでしょう。

編成コストがキツイ場合はいっそ付けないというのもアリです。それだけの性能が孔明にはあります。

2030年の欠片

☆5礼装。自身に毎ターンクリティカルスター8個獲得状態を付与。
「鑑識眼」のクリティカル強化を活かす場合は、スター獲得が出来る礼装がいいでしょう。
孔明はHPの高さと「軍師の忠言」があり生き残りやすく、最後までスターを供給してくれます。

絆礼装

☆4礼装。自身がフィールドにいる間、味方全体のBusterカードの性能を15%アップ。
バーサーカーなどBuster中心のサーヴァントと一緒に編成する場合にオススメです。
孔明がフィールドにいないと効果が発揮されませんが、生き残りやすいため問題にはならないでしょう。

マシュ・キリエライト

☆3(☆4)シールダー。全マスターが所持する後輩系女子。
「誉れ堅き雪花の壁」や宝具の防御バフを「軍師の忠言」に重ねることで凄まじい耐久を得ることが出来ます。
Artsカードが2枚あるため、アーツチェインが狙いやすく、宝具の回転率を上げることが出来るのも長所です。
バーサーカーやアヴェンジャーといった脆いサーヴァントを守ることを徹底したい場合にオススメです。

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

下に続きます