【FGO】元祖バーサーカー「ヘラクレス」の性能をチェック

初期から☆4バーサーカーとして登場し、チュートリアルガチャからも入手可能な「ヘラクレス」。その性能について解説します。

ヘラクレス

☆4バーサーカー「ヘラクレス」

ステータスとコマンドカード

まずは、基本となるステータスとコマンドカードについて解説します。

ステータス

☆バーサーカー
最大レベル:80
最大HP:10327/最大ATK:10655

ATKの値は、☆4バーサーカーで1位であり、☆5バーサーカーであるナイチンゲールを上回ります。

クラススキル

狂化 B
自身のBusterカード性能をアップ

神性 A
自身に与ダメージプラス状態を付与

[神性]が特攻条件のスキル、宝具は多いためそれを持つサーヴァントには注意しましょう。

コマンドカード

Quick1枚/Art12枚/Buster3枚

バーサーカーらしい攻撃的なカード構成です。宝具を使わずバスターブレイブチェインが出来るのは嬉しいところ。
バーサーカーのため、NP効率は悪いと思われがちですが、アーツのNP獲得率は結構高いため、3枚目におくことで意外と獲得できます。
PTでアーツチェインが狙える場合は、3枚目に置くことを意識しましょう。

バーサーカーのスキル

次にスキルを解説します。

勇猛 A+

自身の攻撃力と精神異常耐性を3ターンアップさせます。
攻撃力アップの倍率は高く、3ターン持続するため火力アップに大きく貢献します。クールタイムも最短5ターンと短いため、どんどん使っていきましょう。

心眼(偽)B

自身に回避状態(1ターン)と3ターンのクリティカル威力アップを付与します。
脆いバーサーカーの耐久を補える優秀なスキル。ただし、必中や無敵貫通には注意。

もう一つの効果であるクリティカル威力アップは、スター集中率の低いバーサーカーのため、クリティカルを狙うのは難しいですが、発生した場合の威力は目を見張る物があります。スターが飽和した時は、それを目当てに使うのも良いでしょう。

戦闘続行 A

自身に5ターン持続するガッツ状態を付与します。
心眼と合わせることで2ターンの延命が出来、心眼では防げない必中や無敵貫通攻撃に対する対策にもなります。

最後の一人がガッツ状態のサーヴァントしかいない場合、残り攻撃回数に関わらず、ガッツが発動したところで攻撃はストップします。
そのため、ヘラクレスは殿としての適性が高く、残り一人となってもバスターブレイブチェインを連発して最後の一押しとなってくれます。

ただし、火傷や呪いなどのスリップダメージはガッツ発動後にダメージが入るため注意。

シンプルながら強力な性能『射殺す百頭』

ヘラクレスの宝具について解説します

性能と効果

敵単体に超強力な攻撃を行うバスター宝具。防御力ダウンの追加効果があり、OCで効果がアップします。

バスターブレイブチェインを狙おう

敵単体への超強力な攻撃という、ボスキラーとして運用したいヘラクレスにマッチした性能。追加効果の防御力ダウンも、後続のダメージを高める事ができる地味に優秀な効果。

本領はやはり、宝具BBEXのバスターブレイブチェイン。宝具で防御力をダウンさせた上でバスターブレイブチェインを行うため、大ダメージが見込めます。

相性のいいサーヴァント・礼装

定番の諸葛孔明とマーリンを除いた上でのオススメです。

ナイチンゲール

☆5バーサーカー。
3ターンの間バスターを強化する『天使の叫び』が非常に強力。ヘラクレスの攻撃力をさらにアップさせてくれます。
ナイチンゲール自身もバーサーカーのため、とくに考えずとも弱点をついて敵を倒せるのもメリット。

難点は、バーサーカー二人という脆い組み合わせのため、残る一人が絞られる点。『鋼の看護』のHP回復力は高いですが、それだけでは間に合いません。
二人を守るためには、マシュやレオニダスと言った盾役を用意しましょう。レオニダスの場合は、後述の点でも相性がいいです。

レオニダス一世

☆2ランサー。フレンドガチャから入手できます。
スキル『殿の挟持』と宝具『炎門の守護者』のターゲット集中状態によって、ヘラクレスを守ることが出来ます。
強化クエストクリアで解放される『戦士の雄叫び』は、味方全体のバスターを強化することができるため、ヘラクレスの攻撃力をアップすることができます。

難点は、レオニダス自身のNP効率は良くないため宝具の連続使用が難しいところ。短期決戦を心がけるか、アーツクリティカルで補いましょう。
宝具使用でスターを獲得できるため、編成次第ではレオニダスもクリティカルが狙えます。

月霊髄液

☆5礼装。
自身に3回の無敵と与ダメプラス200を付与する礼装。
開幕からヘラクレスを使いたい場合は、これがオススメです。3回の無敵付与によって被ダメを抑えることが出来ます。

絆礼装

ヘラクレスが装備時のみ、3回のガッツを付与します。
こちらは殿時に向いた礼装。前述した通り、ガッツ付与サーヴァントしかいない場合は、そこで攻撃がストップするため、『絆礼装』『心眼』『戦闘続行』と5ターン粘ることが出来ます。
注意点は、絆礼装のガッツが残っている時に『戦闘続行』を使用すると失敗します。必ず絆礼装のガッツを使い切ってから使用しましょう。

難点は、要求絆ポイントが多く入手が難しい点。ヘラクレスを積極的にパーティに組み込み周回を行いましょう。

執筆者: 編集部

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。