【FGO】「カルデア・ラジオ局」に鶴岡聡さんが登場して生「流星一条(ステラ)」を披露!セイバーのジルは「ジル・リリィ」?

「Fate/Grand Order(FGO)」は、2月7日21時~22時に、文化放送インターネットラジオ「超!A&G+」にて、公式ラジオ番組「Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局」の生放送を行いました。

パーソナリティは、マシュ・キリエライト役の髙橋李依さん、ニトクリス役の田中美海さんです。

ゲストはジル、アーラシュ役などの鶴岡聡さん!

今回のゲストは、FGOではジル・ド・レェ、アーラシュなど5役を演じる、鶴岡聡さんです。

鶴岡さんは、2月4日の全国イベント「ダ・ヴィンチちゃん・コード」で北海道会場にゲストで出演されました。

「Fate/Zero」でのセイバーとジルの裏話

イベント会場ではアルトリア役の川澄綾子さんと一緒にステージに上がりましたが、お互い「Fate/Zero」の作品内では敵同士の役柄です。

「サウンドドラマからアニメまで、ずっとジル・ド・レェ役を演じ続けてきたので、役に入りすぎて川澄さんに話しかけづらかった」とのこと。

セイバーのジルは「ジル・リリィ」?

「Fate/Zero」では、ジル・ド・レェ(キャスター)がアルトリアのことを一方的にジャンヌ・ダルクだと勘違いし続けていました。そのことについて川澄さんから「私、ずっと(「Fate/Zero」で)勘違いされていた」と言われたそうです。

川澄さんからは、「セイバーのジル・ド・レェは『ジル・リリィ』!」という名言も出たそうです。

ジル・ド・レェ(キャスター)の演じ方

ジル・ド・レェの演技や声は、風貌から入るとただ気持ち悪い声になるから、いろいろ複合させてみようと思いつき、「歌舞伎の口調」+「桃井かおりさん」を合わせて完成されました。

もちろんこの時から、百年戦争の頃のジル・ド・レェ(セイバー)のことも考えて演じてきたので、「僕としては第4次(聖杯戦争=「Fate/Zero」)で終わっていたから、(FGOで)また(ジル・ド・レェを)やれてうれしい」と語っていました。

 鶴岡さんのFGOパーティ

鶴岡聡さんのFGOパーティ

17:35

鶴岡さんはFGOを事前登録して、配信された直後からプレイしていたそうです。

ジャンヌ・ダルクを守りたいパーティ!

FGOのパーティは諸葛孔明(エルメロイⅡ世)、アーラシュ、ジル・ド・レェ(セイバー)、ジル・ド・レェ(キャスター)、ジャンヌ・ダルク(ルーラー)です。

このパーティは「ジャンヌを守るためのパーティ」で、「ジャンヌは後ろに控えて、ジル・リリィで守る」配置になっています!

ジル・ド・レェ(セイバー)はレベル100!

ジル・ド・レェ(セイバー)は聖杯を使ってレベル100に、アーラシュにも聖杯を使っています!

福袋でジャンヌを引いた!

ジャンヌ・ダルクはお正月に福袋でEXTRAクラスで引いたそうです。

この福袋では、1/2の確率でジャンヌ・ダルクを引くことができます。

もしここでジャンヌが引けなければ、FGOをやめようと思っていたそうです。

FGOでは5役を演じている!

鶴岡さんはFGOでは、ジル・ド・レェ(キャスター、セイバー)、アーラシュ、スパルタクス、カリギュラの5役を演じています。

鶴岡さんのキャラだけでパーティも組めて、ジャンヌも入れたら理想的なパーティになります!

収録は全キャラ1日で録ったそうで、喉に負担をかけないように、ジル・リリィ→アーラシュ→ジル・ド・レェ(キャスター)→スパルタクス→カリギュラの順で、「まともに喋れるキャラから順番に録った」そうです。

理想の王様ランキングはイスカンダルが1位!

今日の「Fate Grand Ranking」は、「理想の王様ランキング」です。

鶴岡さんの選んだランキングは、3位ギルガメッシュ、2位アルトリア、1位イスカンダルとなりました。

「Fate/Zero」で王が語り合う「聖杯問答」という1シーンから選んだそうですが、実はサウンドドラマ版のイスカンダルの宝具「王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)」の兵士役もやっていたそうです!

また、イスカンダル役の大塚明夫さんがすごい、という理由も明かしました。

生「流星一条(ステラ)」が聞きたい!

今回は生放送でしたが、放送中に「鶴岡さんの生『流星一条(ステラ)』が聞きたい!」というメールが殺到したようです。

「流星一条(ステラ)」は、敵に大ダメージを与える代わりに自身が即死してしまう、いわゆる自爆技です。

全国イベントでも「流星一条(ステラ)」が大人気!

アーラシュはFGOのメインストーリーにも活躍するため、多くのファンを持つサーヴァントです。

先日の全国イベントで、自身が演じるアーラシュの宝具「流星一条(ステラ)」を披露したところ、大勢の観客を沸かせました。

そこで「会場に行けなかったけれどラジオで『流星一条(ステラ)』と言ってほしい」というメールが届きました。

生「流星一条(ステラ)」が聴けました!

49:28


リクエストに答え、鶴岡さんが「流星一条(ステラ)」をラジオで披露! 感激のあまり髙橋さんが六章のように飛びました…!

少し真面目なラジオ番組でした!

今回は鶴岡さんの演技の話が聞けて、いつもとは違った真面目な雰囲気でした。

「流星一条(ステラ)」が聞けたのもうれしかったですね!

聴き逃した方は、後日YouTubeに動画のアーカイブ版がアップされるので、そちらをご覧ください!

ライター: 虹乃

シェアする

関連するキーワード