【デュエルエクスマキナ】他TCGにはないデュエルエクスマキナの魅力はマス目式と多彩なキャラクターのセットだ!

シャドウバース、ハースストーンといったTCGが現在人気ですね。

そんな中、最近新たに始動したのがデュエルエクスマキナ。

そんな最新のTCGの魅力について書いていきます。

デュエルエクスマキナ

新型TCGの魅力についての記事!

デュエルエクスマキナとは?

携帯スマホでの基本無償アプリゲームとなります。

ゲームの舞台は戦場!戦う舞台は2×3のマス目式のバトルフィールドです。

刻々と変化するフィールド上で、カードとガーディアンの力を駆使し、勝利を掴み取るゲームですね。

全国の相手とのオンラインバトルも白熱です!

1VS1で真剣勝負!自分の戦略次第で、勝ち負けが決まるゲームとなります。

そしてマス目を使って、うまく相手を翻弄して、戦場を駆け抜けろ!

そんな熱くなるTCGゲームです。

5つの勢力

デュエルエクスマキナには5つの勢力があります。紹介します。

オリンポス

オリンポス

序盤から攻撃に特化した速攻持ちが多い。

そして地形の海洋を使った、スピーディーな展開がとても特徴的。

イズモ、ルクソールに有利な戦いをすることが出来る。

また終盤ユニットも強力なカードが多いので、序盤から終盤まで、オススメできるカードがあるぞ!

ガーディアンとそのガーディアンパワーを紹介します。

・アテナ:海風の梟(海梟グラウクス(A1H1、海洋にいるとき、速攻を持つ)を1体出す)

・ハデス:死角の一撃(ユニット1体かガーディアン1人に1ダメージを与える)

・ポセイドン:猛る海(地形がない自フィールド1マスを海洋にする)

ルクソール

デュエルエクスマキナ

妨害スペル系や除去スペル系に非常に特化している。

他の勢力と比べると、やや終盤型で序盤に強力なユニットはあまり存在しない印象。

しかし、終盤では強力なユニットやスペルが多数控えている。

その終盤の破壊力から、序盤は相手の攻撃から耐えしのぐ戦略が必要となってきます。

終盤までいくと、デッキによってはほとんど負けることはないと思います。

相手のからHPをドレインできるカードがあるのも魅力的です。

ガーディアンとそのパワーを紹介します。

・イシス:妖しき誘惑(ユニット1体のATKを-1する)

・オシリス:砂の泉(地形がない自フィールド1マスを砂漠にする)

・アヌビス:魂呼び(自ガーディアンに1から2ダメージを与えて、カードを1枚引く)

アスガルド

アスガルド

序盤から中盤、終盤の全てを得意とした万能的な勢力です。

氷河による地形の恩恵を受けるユニットも多く、それを使った攻めも魅了的です。

そして、ユニットカードやガーディアンを回復させるカードも多いため、盤面のユニットを維持しやすいのも特徴的ですね。

他の勢力にはない、臨機応変な万能型と言えるでしょう。

色んなデッキが組めます。

ガーディアンとそのパワーを紹介します。

・フレイヤ:慈愛(ユニット1体かガーディアン1人を1から2回復する)

・ロキ:氷の眼差し(地形がない自フィールド1マスを氷河にする)

・トール:死戦士の召集(永劫戦士 エインヘリヤルを自フィールドに1体出す)

イズモ

デュエルエクスマキナ

イズモは序盤からの攻めが得意です。

そしてトリッキーな戦略ができる勢力でもあります。

相手ユニットを横に動かしたりしてまるでパズルのような攻撃をします。

相手を手玉にとるような戦略が可能です。

基本は序盤から一気に攻めるタイプのデッキがおすすめですね。

アグロデッキによる、序盤からの攻めはとても強力です。

ツクヨミによるガーディアンパワーでの横に移動してからのガーディアンへの攻撃も魅力的ですね。

もう一つは、隠密という効果を持つユニットがイズモに存在します。

隠密は相手のスペルカードの選択対象になりません。

つまり全体除去はやられてしまいますが、選択スペルの単体除去はされないので普通に強力です。

現在隠密のカードはあまり多くありませんが、アマテラスというカードが全体を隠密にしてくれるので、ぜひ試してください。

ガーディアンとそのパワーを紹介します。

・ツクヨミ:月の招き手(相手ユニット1体を横に1マス動かす)

・アメノウズメ:山の舞(地形がない自フィールド1マスを山岳にする)

・スサノオ:烈刃(両ガーディアンに1から2ダメージを与える)

トリニティー

トリニティー

トリニティーは2つの特徴があります。

1つは、ユニットカードの効果の鉄壁です。

鉄壁はカードダメージを1減らすという効果で、1ダメージは0になります。

つまり、攻撃力1のユニットやスペルダメージはまったくくらいません。

前衛に鉄壁がいると後衛は安心できるというわけですね。

まさに鉄壁の守りです。

そして2つ目は、マナのブーストです。

マナのブーストによる序盤からのはやい展開も得意です。

マナブーストカードが、初期カードでも手に入るので、序盤からトリニティーは使いやすい勢力でしょう。

このマナブーストによるアドバンテージは、はやければ早いほど強いです。

終盤でももちろん機能するので、トリニティーも万能型ともいえるかもしれません。

ガーディアンとそのパワーを紹介します。

・ミカエル:信仰の力(自ユニット1体のATKを+1する)

・ラファエル:緑の恩龍(地形がない自フィールド1マスを草原にする)

・ガブリエル:施しの心(聖樹の雫を1枚手札に加える)

まとめ

デュエルエクスマキナには他にはないガーディアンの多さが魅力的です。

ガーディアンも1人1人特徴があるので、15通りのキャラクターを使える楽しさと、デッキを組む無限の楽しさがあります。

皆さんもこのマス目式のTCGをぜひ体感あれ!

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード

下に続きます