【デュエルエクスマキナ】多彩なスペルを扱うルクソール勢力について徹底解説!

多彩なスペルで相手を制圧していくルクソール勢力。

フィールドにいる限り、効果を発動し続けるユニットが多いのも特徴である。

今回はこのルクソール勢力のカードやガーディアンなどについて解説していきたいと思う。

スペルが多彩なルクソール勢力

多彩なスペルで相手を制圧するルクソール勢力の解説

特徴

勢力基本地形は「砂漠」を扱う。

破壊されたとき、相手ユニット1体のHPを1にする「怨念」を持つユニットが存在するのも特徴のひとつ。

ルクソール勢力は多彩なスペルを駆使して相手を制圧していく動きが得意な勢力である。

相手のユニットを破壊したり、行動を制限するといったカードが豊富である。

また、フィールドにいる限り効果を発動し続けるユニットが多いため、終始自分のペースを維持してデュエルを運んでいくことができる。

そのため、序盤から相手の攻撃を抑え終盤に向かうにつれフィールドを制圧していくといった流れになる。

しかし、自分のライフを削って発動するカードもあるため、そのようなカードは発動するタイミングを見極める必要がある。

長期戦になりやすい勢力である。

序盤から低コストをメインで攻めてくる「オリンポス」や「イズモ」とは相性が悪い。

逆に量より質傾向で大型ユニットが多い「アスガルド」や「トリニティ」とはこちらの除去が刺さりやすいため相性が良い。

ガーディアンやデッキの方向性によってまた違ってくるのであくまで目安として思っておこう。

勢力ガーディアン(LUXOR)

・攻撃力低下のイシス

・地形生成のオシリス

・ドロー効果のアヌビス

これらの3種類である。

イシス

初期から使用可能である。

ガーディアンパワーは「妖しき誘惑」である。

ユニット1体のATKを-1する効果である。

永続的に攻撃力を低下させる効果は、序盤で発動すればするほど恩恵が大きいものとなる。

攻撃力が0と1の差は大きい。

序盤は攻撃力が1のユニットが多いため、すぐに0にすることができる。

0にしてしまえば強化でもしない限りダメージを受けることがない。

ただの置物となるため、状況次第では放置して相手のユニット召喚の空きスペースを無くすといったこともできる。

自分のユニットを維持しやすくなるため、フィールドにいる間効果を発動し続けられるカードと合わせて使いたい。

オシリス

ストーリーのルクソールステージ1をクリアすると使用可能になる。

ガーディアンパワーは「砂の泉」である。

地形がない自フィールド1マスを砂漠にする効果である。

現在、砂漠による恩恵を受けるユニットが少ない。

そのため、勝率を重視するのであればこのガーディアン使用はあまりおすすめできない。

砂漠による恩恵が大きくなればこのガーディアン選択も視野に入っていくだろう。

今後に期待のガーディアンである。

アヌビス

ストーリーのルクソールステージ2をクリアすると使用可能になる。

ガーディアンパワーは「魂呼び」である。

自ガーディアンに1から2ダメージを与えて、カードを1枚引く効果である。

自分のライフが少なければ少ないほど発動を躊躇ってしまうが、効果自体は強力である。

ライフダメージを気にしなければ実質1ドローとカードゲームにおいて強力な効果となっている。

積極的によりかはここぞというタイミングで発動していきたい。

「ドレイン」効果持ちのカードと合わせて使いたい。

☆5:レジェンダリー

いま現在収録されている☆5:レジェンダリーカード3種類を紹介したいと思う。

死者の書の導き

スペル/コスト4

・自ガーディアンに4ダメージを与えて、カードを4枚引く。

ダメージこそあるものの、このカード1枚消費で4枚ドローできる効果は強力である。

しかし、自分がおされている状況でこのカードを使用し、逆転できるカードを引けたとしても残りマナ数で強力なカードは発動できず、ライフを削ったが故にそのまま負けにつながってしまわないように注意したい。

ライフが4以下になってしまうと発動できなくなるので終盤になるほど腐りやすくなるカードではある。

カードの消耗が激しくなる中盤に発動するのがベスト。

ホルスの栄光

スペル/コスト8

・全ユニットを破壊する。

パッと見強力な効果ではある。

しかし、ルクソールの性質上、相手を制圧するカードが多いためにこのカードを使うまでもなくといった状況がありがちである。

また、フィールドに残り続けるほど効果を発揮するルクソールユニットを巻き込んでしまうのも勿体ない。

とは言ってもやはり盤面リセットは単純に強い。

ピンチであるほどその威力が絶大であるのも事実である。

多用するカードではないが強力な部類ではある。

大気神アメン

ユニット:タイプ神/コスト9/A4H6

・召喚時、全相手ユニットから2ドレインする。

とても強力といえるユニットである。

まず、HPが2以下の相手ユニットを破壊できる。

相手ユニット1体につき、2ドレインするため自ガーディアンのライフが最大12回復する。

そして決して悪くないステータスと優秀なユニットである。

まさにピンチをチャンスに変えることができるカードである。

コストこそ高いが、それに見合ったユニットである。

考察:多彩なスペルで相手を制圧するコントロール色の強い勢力

相手ユニットの破壊や行動を制限するといったカードが多い勢力である。

また、残り続けることで効果を発動していくユニットが多いのも特徴のひとつである。

コントロール色の強い傾向にあるので、長期戦になりがちでもある。

カードによって発動するタイミングを見極めながら序盤から勝利する流れにデュエルを運んでいきたい。

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード