【ドッカンバトル】メダルを集めて超ゴジータをドッカン覚醒!超激戦イベント『空前絶後の最強フュージョン』新ステージを徹底攻略!

4月28日から超ゴジータの超激戦イベント『空前絶後の最強フュージョン』に難易度[SUPER2]が追加されました。

このイベントで手に入る覚醒メダルで、「超ゴジータ/勝利への導き」や「パイクーハン/頼もしき実力者」などのキャラクターをドッカン覚醒させる事ができます。

超ゴジータには気絶と必殺技封じが無効という事でしっかり作戦を立てて挑みたいところです。

空前絶後の最強フュージョン

開催期間

2017年4月28日(金)15:15~2017年5月22日(月)23:59

※開催期間は予告なく変更される場合があるのでゲーム内お知らせを確認した方が確実です。

特攻キャラクター

リンクスキル「BOSSキャラ」を持つキャラクターが対象となり、リンクスキルが発動すればHP80%以下でATKとDEFが25%UPします。

極属性の強力なキャラクターについている事の多いリンクスキルです。

しかし、この特攻スキルを無視して超属性で組んだとしても十分戦えるので、こだわり過ぎない方が良いです。

オススメデッキの紹介

まず攻略にオススメのリーダー・フレンドと、その中身に組み込みたいキャラクターを紹介していきたいと思います。

「クウラ(最終形態)/地獄への幕開け」サンド

最終ラウンドの超ゴジータに対して得意属性で固められます。

特攻リンクが活かしやすく、力属性の敵が登場しないので有利に進められるでしょう。

○組み込みたいキャラクター
・「フリーザ(フウパワー)/帝王の執念」
「BOSSキャラ」リンク持ちの「宇宙最強の一族」兄弟として活躍してくれるでしょう。

潜在能力解放が「高成長型」なので、しっかり解放していれば極体属性屈指のアタッカーとして活躍してくれるでしょう。

・「ゴクウブラック/漆黒の脅威」
同じく「BOSSキャラ」リンク持ちです。

今回のDOKKANフェスでピックアップされていて、ドロップキャラクターで必殺技レベルを上げる事ができるので、引き当てる事が出来れば即戦力として活躍してくれます。

・「魔人ブウ(悪)/悪夢の再生」
特攻リンクはないですが、極体属性の気力・ATK・DEFを強力にサポートし必殺技で大幅にHPを回復させてくれる極体属性の要とも言えるキャラクターです。

魔人ブウ(純粋)/全てを超える魔人」サンド

2戦目のベクウに対しては苦手属性ですが、1戦目と3戦目は超技属性の敵が相手という事で有利に進められます。

このデッキも特攻リンクが活かしやすく、抜群の回復力もあり安定してクリアが見込めるでしょう。

○組み込みたいキャラクター
・「魔人ブウ(アルティメット悟飯吸収)/絶望へのカウントダウン」
魔人ブウ(純粋)/全てを超える魔人」とともに特攻リンク持ちで、強烈なアタッカー兼回復役として大車輪の活躍をしてくれます。

・「スーパージャネンバ/地獄の羅刹鬼」
今回上位互換とも言える同名キャラクターが登場しましたが、属性が違うので使い分けが十分に可能です。

極知属性の防御の要としての働きをしてくれますし、これまた「BOSSキャラ」リンク持ちで火力要員としても期待できます。

・「パーフェクトセル/繰り返される悪夢」
「BOSSキャラ」リンク持ちであり、ATKだけでなくDEFも上がるパッシブスキルは防御役としてもある程度機能してくれます。

「超サイヤ人4孫悟空/究極進化の超サイヤ人」サンド

超属性でも強力な120%UPリーダースキルサンドであれば十分通用します。

超力属性デッキであれば1戦目に速属性の敵が1体いるだけなので属性的にも問題ないでしょう。

○組み込みたいキャラクター
・「超サイヤ人3ベジータ/戦闘民族の真価」
気絶は今回効かないというのはありますが、超力デッキの防御の要としてしっかり働いてくれます。

・「超ゴジータ/絶対無敵の戦士」
スーパージャネンバ同様今回上位互換とも言える同名キャラクターが登場しましたが、超力属性にはやはりこちらを採用する事になります。

まだまだその攻撃性能は健在であり、出番はあるでしょう。

・「超サイヤ人3孫悟空(GT)(黄金大猿)/胎動する究極パワー」
「超サイヤ人4孫悟空/究極進化の超サイヤ人」とは前形態という事でガッチリリンクが噛み合います。

味方のATKサポートは勿論、大猿化が決まれば体勢を整えつつ相手のHPを削る事ができます。

ラウンド解説

今回追加の難易度[SUPER2]は4連戦となります。それぞれのラウンドについて見ていきましょう。

1戦目

「超速属性」超サイヤ人ベジータ(天使)
「超技属性」超サイヤ人孫悟空(天使)

いつも通り最初はまだ敵は弱いので、しっかり体勢を整えていきます。

属性を考えてダメージを最小限に抑えつつ攻略しましょう。

2戦目

「超体属性」ベクウ

徐々に敵は強くなっていきます。

まだ2戦目だからといって油断しているとそれなりにダメージを受けます。

知属性編成ではある程度苦戦を強いられるので、最終ラウンド並に気をつけて挑みたいですね。

3戦目

「超技属性」パイクーハン

ここまで来るとかなり敵は強いです。

少し前の超激戦イベントの最終ラウンド程度の強さではあるので、全く油断できません。

超サイヤ人4ベジータ/至高無上の超サイヤ人」サンドも今回有効なデッキですが、苦手属性という事で特に大ダメージ必至の必殺技には注意が必要です。

逆に知属性編成だとここは楽でしょう。極知属性編成であればブウでしっかり回復しておきたいところです。

4戦目

「超知属性」超ゴジータ

ラスボスの超ゴジータは気絶と必殺技封じが効きません。

逆に難しく考えず、防御が硬いキャラクター、攻防一体のキャラクターを多く入れて誰で受けるかをしっかり見極め、超火力をとにかくぶつけます。

HP、ダメージ軽減、攻撃回数、ATKは最新の超激戦難易度[SUPER2]という事もあり、非常に強烈で、120%UPリーダーサンド以外だとかなり苦戦を強いられます。

ただ、敵の超ゴジータは知属性なので「超サイヤ人ゴッドSSベジット/極まりしブルーの力」サンドのデッキは超サイヤ人ゴッドSSベジットが強烈なダメージソースになるので十分戦えます。

ATKダウンは効くので、作戦に組み込んでも良いでしょう。

超ゴジータには気絶と必殺封じが効かない!

ドロップ報酬

難易度[SUPER2]では覚醒メダルが7枚ドロップします。

各キャラクターの覚醒に必要なメダル枚数

「超ゴジータ/勝利への導き」は77枚
「パイクーハン/頼もしき実力者」は35枚
「超ゴジータ/最強のフュージョン」は10枚

となっています。

覚醒メダルを集めて超ゴジータをドッカン覚醒!

おわりに

最近の超激戦イベントはなかなか120%UPリーダーサンドでないと厳しい難易度になってきました。

120%UPリーダースキルを持つフェス限定キャラクターの種類が増えてきて、ピックアップされる事も非常に多くなってきたので自然な流れではあります。

また、潜在能力解放をしっかりしている事も非常に重要な要素になってきましたね。

ルート解放なしの部分だけでもしっかり解放すれば案外見違える程になるので、よく使うキャラクターはしっかり強化しておきましょう。

ライター: Peck

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。