ディープインサニティ アサイラム

ディープインサニティ アサイラム

パブリッシャー SQUARE ENIX Co.,Ltd.

ジャンル リアルタイムバトルRPG

価格 基本プレイ無料

求めるのはシンソウか、それともキョウキか。TVアニメ・マンガ・ゲームで展開されるスクエニの新作シングルプレイRPG!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

ディープインサニティ アサイラム

最“狂”にディープなミステリーアドベンチャーとは一体…うごごご!

巨大地下世界(アサイラム)を冒険するシングルプレイRPG

「ディープインサニティ アサイラム」(Deep Insanity ASYLUM)は、記憶を失った青年が地下世界を冒険するシングルプレイRPG

人類が未知の難病におかされた近未来を舞台に、世界の謎や絶望に抗う人々の戦いが描かれる。

TVアニメ・マンガ・ゲームにおいて、共通の世界を舞台に異なる時間軸の物語が展開される「ディープインサニティ」プロジェクトの一旦。

「深層」の「真相」に、挑め。

「名状しがたく理不尽で不当な恐怖」に抗う物語

ディープインサニティ アサイラム

エグいほどに勝ち目のない戦い。どうするんだよ。

危機に瀕して人類を救うため、奈落の底に挑んでいくRPG。

戦闘はオートで攻撃しつつ、リアルタイムでスキルを選択していくスピード感あるバトルになっており、コンボや「ブレイク」を狙うのが楽しい。

「ディープインサニティ アサイラム」の特徴は強烈かつ緻密につくられた世界観

ディープインサニティ アサイラム

なんだろう、この異形と未知の奈落に挑むメイドインアビス感。

「PSYCHO-PASS -サイコパス」などを手がけた深見真氏、「がっこうぐらし!」「ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-」などの海法紀光氏が世界観原案をつとめる。

原因の不明の奇病に抗うため、底しれぬ奈落に挑む人類。「どうあがいても絶望」な状況がこれでもかと描かれる。

ゲームとしては遊びやすく、育成や豊富なサブクエストなどのやりこみ要素も網羅しているので安心だ。

地獄のような奈落は謎と魅力でいっぱい

ディープインサニティ アサイラム

育成システムは遊びやすくチューンアップされている。

選択肢のあるストーリー演出、キャラを直接操作して探索するクエストなど、コンシューマーゲームのような雰囲気を大事につくられてる印象を持った。

なにより謎めく世界観が突出して魅力的だ。キャラクターも濃厚で、善悪を超えて行動する意思の強さが際立つ。

アクの強すぎる設定のキャラ、絶望的な状況。トラウマになるようなゲームが好きな人、いるだろう。や、自分なんすけどね。

ゲームの流れ

ディープインサニティ アサイラム

地球全土に、覚めない眠り、ランドルフ症候群が蔓延する。その原因と思われるのは
南極に出現した巨大地下世界。

人々は、ランドルフ症候群解決のため、生物群の遺伝子情報や地下資源から巨万の富を得るために、命と魂をかけた潜行に挑む。

ディープインサニティ アサイラム

敵と互いに前線を押し上げ戦うバトルは、セミオートとはいえ戦略性とスピード感のあるもの。

倍速プレイやオートなども実装しているのでレベル上げなども快適に行える。

ディープインサニティ アサイラム

素材を集めてグレードやスキルなどをアップグレードする。

謎だけじゃなく育成も奥深いというわけ。

ディープインサニティ アサイラム

本作で一番興味深かったのが、善意や正義のためではなく、己の欲望に従い行動してるようなキャラ設定。

元地下アイドルや同人作家など、強烈なキャラたちが多数登場。なんでか親近感を覚えてしまう自分は歪みきっているのだろうか。

ディープインサニティ アサイラム

フィールドを探索するかのようなクエストもあり、ここらへんは家庭用ゲームのRPGのようだ。

もはやRPGの旗手とも言えるスクウェア・エニックスの新作だが、攻撃的でチャレンジングな雰囲気に満ちた野心作。続きが気になるね。

「ディープインサニティ アサイラム」の序盤攻略のコツ

ディープインサニティ アサイラム

属性の異なるSSRキャラを集められたらベストやね。

まずは報酬で貰える「ガチャ証×30枚」を使い戦力を増強だ。キャラにもよるがSSRのユニットを揃えられればかなり序盤は有利に戦える。

バトルがきつくなったらメインのクエスト以外にも「育成素材獲得エリア」を寄り道したり「調査レベル」を上げていく。これでだめならパーティの役割と属性の見直しか。

「Deep insanity」プロジェクトを堪能しよう

ディープインサニティ アサイラム

達成した報酬は忘れずに受け取るっす。

10月12日よりTVアニメ「ディープインサニティ ザ・ロストチャイルド」が放送開始され、月刊「ビッグガンガン」にて先行して「Deep Insanity NIRVANA」が連載されている。

異なる時系列の物語なので、観なくても楽しめるのだが、本作の綿密につくられた絶望的な世界観がたまらない人なら、ぜひ鑑賞をオススメしたい。