Days of Doom

Days of Doom

パブリッシャー Atari, Inc.

ジャンル コマンドバトルRPG

価格 基本プレイ無料

文明崩壊後の世界。ゾンビたちが徘徊する黙示録の荒野で聖域をつくりあげるイカしたグラのシミュレーションRPG

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Days of Doom

いかにもアメコミ感のあるグラフィック。なんとアタリ謹製。

黙示録の世界で人類は戦い続ける

「Days of Doom」は終末世界を舞台にしたポストアポカリプスRPG

疫病により、ゾンビや古代生物がはびこる世界。生き残った人類達は徒党を組み、多種多様なゾンビ軍団と戦っていく…。

洋ゲー感あるグラフィックと、国作り系シミュレーションがいい感じに配合。敵味方キャラ、全員ツッコミどころ満載のいなたい造形でイカしてるぜ!

ゾンビもののコマンドバトルRPG!

Days of Doom

こんな仮面つけたヒロインなんかいる!?聖闘士星矢のシャイナさんか!?

施設を建造して国を発展させ、キャラを育成させる国作り系ゲームと、コマンドバトルRPGがうまくミックスされている。

強力なスキルを使う時はクールタイムが発生し、数ターンに1度だけ使える。キャラの育成はもちろん、どの順番で敵を倒すかが重要になっている。

レベルがあがっていくにつれて様々な施設が建造できるようになり、ゲームとしても新要素がアンロックされていくぞ。

「Days of Doom」の特徴はいかにもアメリカンな洋ゲーっぽさ

Days of Doom

ネルシャツ、汚いジーンズ。カート・コバーン・スタイルですな。

とにかくこのアメコミっぽい無骨なグラフィックよ!ゾンビものに加えてサイバーパンクなアメコミっぽさもミクスチャー。

もう世界観の辻褄はさておき、いなたさも込みでテンション高まるというもの。ゲーム内容も無難に遊べるわかり易い内容。やや序盤はテンポが悪いケドね。

アタリ謹製のゾンビRPGってだけで燃えない?

Days of Doom

説明不要とはいえストーリー描写はかな〜り少なめ。いけず。

制作はなんと、アメリカのビデオゲーム史に燦然と輝く「アタリ」。

施設を発展させ(待ち時間がかかる)少しずつ戦略を増強していくおなじみの国造り系シミュレーション。そして簡易的にではあるが王道のコマンドバトル。斬新さこそないものの、遊びやすくまとまっている。

倍速プレイを駆使しても戦闘はもっさりめなのと、現在日本語に対応していないので、ストーリーやシステムの把握が面倒なのはやや難点だが、それを差し引いてもこの雰囲気はアリですな。

ゲームの流れ

Days of Doom

20XX年!世界は疫病に襲われ、ゾンビや古代生物が復活してしまう。

そのわりに結構徒党を組んでコンビネーションがうまいのがこのゲームのゾンビ。

Days of Doom

コマンドバトルでゾンビを倒せ!いつのまにやら仲間はきっと増えてる。

明日がそっぽをむいても走りまくれよ。

Days of Doom

施設をレベルアップさせて食料=スタミナ、資源=金を稼ごう!

ちなみにレベルアップもトレーニングで時間と金が必要な現実的なスタイル。

Days of Doom

各ステージ。相手の戦闘力が表示されるので参考にしよう。

仲間が揃うまではやや厳しく地味なバトルを強いられるが、増えてくると楽しい。

Days of Doom

レベルアップには「本」と「トマト」が必要。それも伸びしろ低め!

とはいえ強くしないとゾンビ軍団に勝てないからね。鍛えて仲間増やすしかないね。

「Days of Doom」の序盤攻略のコツ

Days of Doom

仲間さえ増えればこっちのもんよ!

序盤はゴッツいネーちゃんとあんちゃんで戦う。範囲攻撃できるネーチャンとにいちゃんでうまく倒せるようになると★3を獲得できるかな。

レベル3まで本部(?)を発展させ、酒場を作れば3人目の仲間を加入させられるようになる。ガチャではなく酒場方式。強そうなやつは有料アイテムって感じ。

レベルを上げるのも資源消費や待ち時間が必要なので、序盤はその間クリアしたステージの周回し、アイテムを稼ぐ必要があるかも。けっこう厳し目なゲームバランス。

ちょっとの戦力差なら跳ね返せる時もある

Days of Doom

有料アイテムは待ち時間の短縮に使うべきか、酒場ガチャに使うべきか…迷うね。

定期的に畑で食料(トマト)とナット(資源)を受け取ろう。各種リワードを達成して装備を揃えるのも忘れずに。レベルがあがったら新施設を建造だ。

もちろんオートモードじゃなくマニュアルで効率よくスキルを使い敵を撃破したほうが強い。少々の戦力差なら戦術で跳ね返せる。集中攻撃で撃破だ!