猫勇者RPG(CatHeroRPG)

猫勇者RPG(CatHeroRPG)

パブリッシャー LVUP

ジャンル コマンドバトルRPG

価格 基本プレイ無料

猫が勇者…BGMはラップ!?2Dと3Dとイラストが融合したカオス極まりないコマンドバトルRPG。

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

猫勇者RPG(CatHeroRPG)

なんだぁ!?このカオスな雰囲気はよぉ!?

カオティックな雰囲気ヤバいコマンドバトルRPG

「猫勇者RPG」(CatHeroRPG)は、猫の世界に迷い込んでしまう異世界転生コマンドバトルRPG。

トラックに惹かれた愛猫を救うため、少女えりちゃんは、異世界に転生するのだが…。

2Dと3Dがまざったグラフィックが最大の特徴。BGMはラップやEDM。何かがおかしい。というか、何もかもがおかしい。

セリフまわしもグラフィックも、マジで異世界。お試しあれ。

王道のコマンドバトルRPG!?だが…?

猫勇者RPG(CatHeroRPG)

いちおうしっかりしたつくりのツクール系コマンドバトル。

基本的には仮想パッドで移動し、コマンドバトルで戦う「ドラゴンクエスト」スタイルの王道のRPG。オートバトルも実装し、セーブもいつでもできる。

2Dと3D、そしてイラストが混在したカオスなビジュアル、異世界のキャラクターたち、そしてカタコトの翻訳すべてが奇妙な面白さを醸し出している。最近やったなかで頭ひとつぬけて変なゲームだ。

「猫勇者RPG」(CatHeroRPG)の特徴はツッコミどころ満載のビジュアルと世界観

猫勇者RPG(CatHeroRPG)

なんかこのイラストもFLASH倉庫的な魅力があるような…。

猫の国を救う異世界転生譚。というと聞こえがいいが普通に人間も登場(たぶん、ツクールゲーだから…)。

2Dと3Dが混ざった、レトロでも最新でもないグラフィック。ただ、奇妙。PS1くらいのゲームをはじめて触れたような「違和感」に満ちている。

そのくせ、隠された秘密ボスとサブクエストが存在し、選択肢によって異なるマルチエンディングまであるらしい。マジか。あんま信用してねーぞ。

ここ最近でいちばん変なゲームかもしれない

猫勇者RPG(CatHeroRPG)

どんどん脳が溶けてくのを感じちゃうわ。

日本語翻訳がテキトーだとか、操作性がちょい悪いとか、3Dマップだと宝箱が見つけづらいとか、そんなこと、この奇妙キテレツな世界観の中では些末な問題だ。

いや、些末ではないが、このアクの強い世界観に、勇者やゾンビ、美少女に満ちた昨今のスマホゲームに足りない「勢い」みたいなものを感じちゃったんだよな。

ちなみにゲームとしてはそこそこ面白い。

ゲームの流れ

猫勇者RPG(CatHeroRPG)

舞台は現代!えりちゃん遅刻するゥ!

と思ったら愛猫がトラックにひかれてしまう…。天使のいうことを聞いて猫の世界に異世界転生!

猫勇者RPG(CatHeroRPG)というわけで猫の姿になって冒険だ!テキストが小さいが我慢しよう。

面白いのがスマホがメニュー画面ってとこ!GOLDで動画広告観る代わりに金貰えるぜ。

猫勇者RPG(CatHeroRPG)

ダンジョンや町並みは3D!とはいえ、別段美麗というわけでもない。

不思議な質感だ…。あとモンスターはシンボルエンカウント!変なゲームだ…。

猫勇者RPG(CatHeroRPG)

猫はイラスト、敵は妙に精細なドット絵。このイミフな整合性のなさが本作の特徴だ。

なんか心も混乱してくる。操作性もちょっと悪いので気をつけてくれ。ゲームとしては遊べなくはない。

猫勇者RPG(CatHeroRPG)

あ、わかった。このゲーム、なんでこんなに無視できないか。

多分おれや君たちが昔、自由帳に書いたRPGみたいなんだよ。絵もノリも。

「猫勇者RPG」(CatHeroRPG)の序盤攻略のコツ

猫勇者RPG(CatHeroRPG)

回復アイテムは買っておいたほうがいいかもネー。

やっとゲームの内容に触れるぜ…。とりあえず、出来たら回復アイテムは買っておいたほうがいい。

ケアルやホイミ的なものを序盤は使えないからだ。あとは頻繁に回復ポイントがあるので、ガンガン魔法と必殺技を使って乗り切ろう。敵は逃げられるし。

困ったらメニュー画面から「アップグレード」

猫勇者RPG(CatHeroRPG)

もう少し日本語翻訳は頑張ってほしかったなー。

無料ゲームとはいえガチャなどはない。ただ、メニュー画面から、動画広告を観てゴールドを入手ができる。また、ゴールドで「アップグレード」と称し、レベルを上げることができる。

倒せない敵がいたら、まずは回復アイテムと装備を買い込み、それでもダメならアップグレードを検討してもいいだろう。昭和のゲーマーとしては、なんか腑に落ちないけど。