サヴェージ・キング

サヴェージ・キング

パブリッシャー インゲーム

ジャンル カジュアルファンタジーRPG

価格 基本プレイ無料

神話の神々が覇を競う戦略シミュレーション!城内で資源を生産し、英雄を育成してマップを攻略

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

savage-king_01

マップ上に複数ある拠点を占領せよ。

神話の英雄を収集&育成するSLG!

「サヴェージ・キング」は、神話の神々が覇を競う戦略シミュレーションだ。

歴戦の英雄、古の悪魔、目覚めた神々を従える力の源「運命の石版」。

大陸に散らばったその欠片をめぐり、領地で資源や兵士を生産しながら英霊たちを使って大陸の統一を目指そう。

マップと城内で繰り広げられる戦略バトル!

savage-king_02

バトルはフルオート進行するので進軍や育成をメインに進めよう。

マップ上には自身と他プレイヤー、さらに未占領の領土(拠点)が存在する。

他プレイヤーとは同盟を組むことができ、未占領の領土に軍を送り込んでいこう。

軍が領土に到達するとバトルが発生。フルオート進行し、敵部隊と城壁を破壊できれば占領が完了する。

サヴェージ・キングの特徴はソロで進む仕様と街づくりの手軽さ

savage-king_04

建設でひとつひとつをアップグレードする必要がないのは良い。

シナリオごとにマップが移り変わるため、序盤はPVP要素が薄い。

自分のペースで進めていけるうえ、ヒーローの育成や編成によって戦略的に立ち回ることもできる。

街づくりパートについても、城内で施設を設置・アップグレードしていくが、施設数が絞られていて一括建設・アップグレードができ、同時に待ち時間を減らせるのが良かった。

100体を超える英霊を入手&育成!

savage-king_05

最大で6体セットでき、複数の部隊でいくつかの拠点を同時に攻められる。

バトルにおける部隊を指揮するのはアーサー王やゼウス、クトゥルフなどの歴史上の英雄、神、悪魔たち。

最大で6体の英霊をセットでき、彼らひとりひとりに紐づくかたちで兵士を付属できる。

英霊にはレベル、装備、魔力付与や昇格といった育成メニューがあり、占領した拠点でも資源の生産施設の配置やアップグレードを行える。

ゲームの流れ

savage-king_07

メインマップはストーリーごとに変化する。

他プレイヤーもいるが同盟を組むことでPvPを回避できる。

savage-king_08

自拠点には予備兵、銀貨、パンの3つの資源生産施設を建てられる。

大工等の制限なく複数個を一度に建設・アップグレードでき、同じ種類の施設であれば一括操作も可能。

savage-king_09

部隊の主となる英霊をセットし、そこに生産した兵士を加えて部隊を編成する。

準備ができたらマップ上で攻める拠点を選択し、進軍するのを待とう。

savage-king_10

部隊が未占領の拠点に到達するとバトルが発生。

バトルはフルオート進行し、英霊たちの固有スキルも発動する。

savage-king_11

ゲームを進行すると連盟に加入でき、現状は8つの連盟が用意されている。

この連盟同士で覇を競う連盟戦モードも実装されている。

サヴェージ・キングの序盤攻略のコツ

savage-king_12

まずは近隣の土地を攻め落としていく。

マップ上では初期拠点を中心に、隣接する未占領の領土を攻めていこう。

占領した領地には予備兵、銀貨、パンの3つの資源生産施設を建てることができる。

管理が面倒なときはひとつの領土の土地すべてに同じ種類の施設を建て、領土ごとに一括強化を行うのがオススメだ。

アイテムボックスを確認!

savage-king_13

SR召喚書が手に入るので必ず使っておきたい。

ゲームの進行に合わせていくつかのミッションを達成でき、報酬はアイテムボックスに入れられる。

最初のマップでもボックスを覗くとSR英霊の召喚書が2つほど入っており、レアガチャ(上級募集)を単発で引ける課金通貨も所持しているので、序盤の部隊はそれらで整えよう。

上級募集において排出される最高ランクはSSRで排出率は2%だ

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。