インベーダー 2048

インベーダー 2048

パブリッシャー Cogoo Inc.

ジャンル シューティングゲーム

価格 基本プレイ無料

名作×名作はズルい。2048とインベーダーゲーム、2つの中毒性が融合したパズルシューティング

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

インベーダー 2048

インベーダーゲームと2048が融合したら面白いっしょ。

時間泥棒ゲー「2048」とシューティングが融合!

「インベーダー 2048」は、言わずとしれた「インベーダーゲーム」と「2048」を合わせたパズル・シューティング

パズルをこなすとミサイルが発射され、インベーダーを撃退していく。時にはボスが現れ邪魔してくることもある。

より強いミサイルを作り出し、エイリアンを撃破していこう。従来の2048にはなかった新たなルールも用意されているのが魅力だ。

中毒性の高いパズルにバトル要素が

インベーダー 2048

名作×名作はズルいぜ。

同じ数字を組み合わせていくパズルをこなし、マスを長く押すとミサイルが発射されれる。

敵が迫ってくる前に全滅させれば勝ち。

言わずとしれたインベーダーゲームに、中毒性の高さで有名な「2048」を組み合わせることで新しいプレイ感を演出している。

「インベーダー 2048」の特徴は名作×名作のハイブリッド

インベーダー 2048

6×6のマスはかなりダイナミックな操作感。

麻薬的中毒性!時間がゴミのように消えていく!

はじめて「2048」をプレイした時自分はそうレビューした。明快なルール。少しずつ上達していく快楽にやみつきになり、100時間は軽くプレイしただろう。

本作はその「2048」に新たなルールを加え、敵とのバトルを加えたもの。ドット絵のグラフィックもよく、カジュアルに長く遊べそうな印象を持った。

シューティング要素がリズムを崩すときも

インベーダー 2048

中毒性あるパズルとシューティングの共演はズルい。

従来の2048と違い、6×6や5×5のマスも用意されており新しい感覚で遊べるのも嬉しかった。

反面、シューティング要素はおまけ程度で、ただの時限要素やパズルの邪魔に思えてしまうときもあった。

わがままを言わせていただくと、もう少しTAITOオリジナルの「スペースインベーダー」をリスペクトして欲しかったというのが本音かな。

ゲームの流れ

インベーダー 2048

同じ数字をあわせると数字が重なり、大きい数字になる。

マスがいっぱいになるか、盤面を長押しすることでミサイルを発射する。

インベーダー 2048

連続で消すとコンボが発生し、3コンボ以上はフィーバーモードになり連続でダメージを与えられる。これが攻撃の基本戦略。

ただフィーバー中にパズルができなくなり、テンポが落ちてしまうようにも感じた。

インベーダー 2048

ステージ数は多く、これに加え5×5や6×6のマスでもプレイできる。

新しいルールで挑む2048は新しく、遊びまくった自分としても楽しめた。

インベーダー 2048

敵も様々な妨害をしてくる。多くの敵はターンで迫ってきて、的確にミサイルを発射して倒さないとゲームオーバーになる。

動画広告が妙に挟まれるが、111%といい、韓国ゲーの主流なのだろう。

インベーダー 2048

6×6は凄まじいスピードで数字が増えていく。もちろん難易度も比例して高い。

また、ゲームオーバーにならないようにプレイする2048と違い、攻撃回数や敵が落ちてくる前に倒す、という新しい感覚で遊べるのは斬新だった。

「インベーダー 2048」の序盤攻略のコツ

インベーダー 2048

まずは階段のように積むのが基本戦略か。

基本的な戦術はこうだ。

「8」
「16」「8」
「32」「16」「8」
「64」「32」「16」「8」

のように階段状にまとめることによって、ブロックの可動領域を確保し、連鎖的にブロックを消せばコンボ、つまりフィーバーが発生しやすい。

ミサイルを発射する感覚を掴もう

インベーダー 2048

フィーバーが思いの外頼りないんだよね!何連鎖もさせないと。

だが本作はオーソドックスな「2048」と違い、敵にダメージを与えないといけない。

長押しして発動するミサイルは盤面に対応しているため、敵のいる場所に座標を合わせ、大きな数字をつくることが重要だ。

そして、マスが埋まるリスクを犯してもコンボを狙い、フィーバーモードを連続させなくてはいけない時もある。この感覚は、実戦で覚えていくしかない。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。