魔界戦記ディスガイアRefine

魔界戦記ディスガイアRefine

パブリッシャー 株式会社日本一ソフトウェア

ジャンル 育成シミュレーションRPG

価格 Android:4,040円 iOS:4,040円

レベル9999!やりこみSRPGの原点がスマホで登場!8倍速&オート戦闘でほぼ別ゲー化!?

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

disgaea-refine_01

やり込み系シミュレーションRPGの原点をスマホアプリ化。

レベルもダメージも限界突破の人気SRPG!

「魔界戦記ディスガイアRefine」は、快適すぎる機能の実装で生まれ変わったやりこみシミュレーションRPGだ。

全世界での累計販売本数300万本を突破! 魔界ウォーズやディスガイアRPGなど派生作も人気!

そのシリーズの原点が自動戦闘や倍速、チート屋を実装して登場だ。

プレイヤーは魔王の息子「ラハール」となり、小悪魔エトナや天使フロン、家臣たちを従えて空位となった魔王の座を賭けた戦いに挑んでいくことになる。

連携がカギを握る!タクティカルバトル

disgaea-refine_02

物語の進行に合わせてステージを進める。

拠点を歩き回り、エリアやステージを選んでシナリオを進めていくとタクティカルバトルに突入。

キャラや家臣たちを出撃させ、グリッドで区切られたマップを移動させて攻撃や特殊技で敵を殲滅していこう。

魔界戦記ディスガイアRefineの特徴は移植再現度の高さと便利機能の追加

disgaea-refine_04

世界観は当時のまま再現。新機能が便利すぎる。

当時のキャライラストやボイスをそのまま収録しており、ベースはPSPの移植版に近い。

キャラの成長度も当時のまま再現されていてレベル9999や1億ダメージといった規格外の数値も叩き出せるようだ。

さらに、Refine版からの追加要素として自動戦闘最大8倍速のバトル高速化、経験値の獲得量などを自由に設定できる「チート屋」を実装している。

1回のバトルのテンポアップがすさまじく、膨大な時間をかけていたキャラ育成をかなり時短できるのが良かった。

最大レベル9999!膨大なキャラ成長度

disgaea-refine_05

最初はステータスが低いが、徐々に異常な数値になってくる。

キャラや魔物はバトルで経験値を得て成長し、最大レベル9999まで成長する。

キャラクターには1つの武器と3つの防具枠があり、そこに様々な効果が付与された装備品を付けていく。

アイテム界と呼ばれるダンジョンに潜り、各階層を攻略していけばアイテムのレベルを上げることができ、より強力な装備品になっていく。

ゲームの流れ

disgaea-refine_07

拠点では画面をタップしてラハールを移動させ、家臣たちとの会話やショップでの買い物を行える。

イベントを発生させたらバトルエリアへ向かおう。

disgaea-refine_08

イベント中はアドベンチャーパートが挿入され、ラハールやエトナ、フロンたちの掛け合いを楽しめる。

初代のキャライラストが懐かしい。

disgaea-refine_09

バトルでは最初に自軍のキャラをすべて行動させる。

キャラごとに移動と攻撃、特殊の使用先を決めよう。

disgaea-refine_10

一定のキャラの使用先を決めたらターンメニューにある攻撃開始を押す。

複数のキャラで同じ敵を一気に攻撃するなど、条件を満たすと連携が発動して与ダメージがアップする。

disgaea-refine_11

うっかりラハールを殺してしまった「小悪魔エトナ」が主人公のモードも最初から選択できる。

ラハールがいないので難易度は高めになっている。

魔界戦記ディスガイアRefineの序盤攻略のコツ

disgaea-refine_12

倍速オートバトルとキャラの回復を小まめに繰り返すのがポイント。

基本的には拠点での情報収集→エリアマップの追加→それを攻略してキャラを育成しつつ昇格試験に挑む。

今作からオートと倍速が追加されたため、攻略しやすい低難易度ステージを高速周回して資金やマナを稼ぎ、ショップで装備品を購入するなどしてじっくりキャラを育ててから進めよう。

暗黒議会で仲間をキャラメイク

disgaea-refine_13

キャラ作成はベースとなるキャラを強くすることでより強いキャラが作れる。

拠点にある「暗黒議会」メニューでは、敵を倒して手に入れたマナを消費して様々なお願いごとを提案できる。

キャラクターの作成や昇格試験などを提案すると議会のメンバーが集められ、彼らにワイロを渡して賛成側に回したり、反対する議員に戦いを挑んだりと裏工作を行いながら可決を目指そう。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。