ミニ四駆 超速グランプリ

ミニ四駆 超速グランプリ

BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

シミュレーターゲーム

基本プレイ無料

「ミニ四駆」ライフを満喫する公式カスタムシミュレーション!伝説のキャラやマシンでバトルしよう

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

mini4wdgp_01

カスタムしたミニ四駆でレースバトル。実況が熱い!

キミだけの「ミニ四駆」ライフを満喫!

「ミニ四駆 超速グランプリ」は、世代を超えて愛される玩具「ミニ四駆」をカスタムするシミュレーションゲームだ。

タミヤ・コロコロアニキ編集部が完全監修! 歴代の漫画に登場した伝説のキャラやマシン、さらにパーツまでも収録!

実際のミニ四駆パーツをスキャンして作られたリアルな3Dモデルを採用しており、豊富なパーツや懐かしいキャラとともにミニ四駆ライフを心ゆくまで楽しもう。

ミニ四駆でレースに出場!

mini4wdgp_02

パーツを組み合わせてマシンをカスタムし、レースに出場しよう。

グランプリモードでは、自分好みにカスタムしたマシンを使い、漫画に登場したキャラたちとのレースバトルを行う。

最初にマシンのスイッチを入れ、赤いシグナルの時にボタンを長押しし、青いシグナルが点灯した瞬間に指を離してスタートさせよう。

レース中はマシンの走りを見守るだけなので、あらかじめテスト走行を繰り返して好みのマシンを作り上げることが大事だ。

ミニ四駆 超速グランプリの特徴はリアルさを追求したグラフィックや機能

mini4wdgp_04

歴代のミニ四駆漫画のキャラが登場!

実際のミニ四駆パーツをスキャンして作られた多彩なパーツが収録されており、ボディの塗装や肉抜きなどマニアックなカスタムも行える。

レース中の走行音には実際の音が採用されていて、カメラアングルの切り替えによって臨場感のあるレースを楽しめた。

世界観についても、歴代のミニ四駆漫画のキャラがレースの相手として登場するなど、あの頃ミニ四駆に触れていた少年・少女心がくすぐられる内容となっている。

ただ、初期収録のパーツが多く、セッティングによっては装着できないパーツがあるなど初心者にはカスタム面での操作が難しい。

ガチャについても最高レアリティが当たりやすくなっているが、目当てのパーツが入手しづらいので、種類かキット別に分けてほしいと思った。

肉抜きもできる本格的なカスタム機能

mini4wdgp_05

多数のパーツを収録。肉抜きなどの改造システムも搭載している。

マシンには本体やシャーシ、フロント・リアタイヤ、モーターなど実在する物と同じく細かいパーツを付け替えられる。

各種パーツはショップでの購入やガチャで入手でき、チュートリアル中には無限に引き直せる10連が引ける(排出は星3パーツまで)。

また、ゲーム開始時に得られる課金通貨を使うと10連+αのガチャを引ける。パーツの最高ランクは星4、排出率は10%となっている。

ゲームの流れ

mini4wdgp_07

アプリゲームでは珍しい実写のムービーを収録している。

ミニ四駆世代にささるあの頃の日常が描かれている。

mini4wdgp_08

チュートリアル中に3台のマシンの中からベースとなるキットをひとつ選べる。

各パーツはゲーム内で入手できるので好みのものを選ぼう。

mini4wdgp_09

メインとなるグランプリモードは時間経過で回復するガッツを消費して挑む。

歴代の漫画のキャラと白熱のレースが展開される。

mini4wdgp_10

レースでは最初にマシンのスイッチを入れる。

次にシグナルに合わせてボタンをホールド→青のシグナルが発光した瞬間に指を離してスタートさせよう。

mini4wdgp_11

走行中は操作の必要がなく、カメラアングルを切り替えて動向を見守る。

勝利したら先のステージに進み、敗北したらマシンカスタムに戻ってパーツの組み合わせを模索しよう。

ミニ四駆 超速グランプリの序盤攻略のコツ

mini4wdgp_12

マシンをカスタムしてグランプリモードに挑戦。

マシンには直線に強い、カーブに強いなどの特性を持たせることができる。

セッティングの内容によって装着できないパーツもあるので、分からないうちは「おまかせ」を選ぼう。

ただし、おまかせだとパーツごとのレアリティが優先されがちになるため、細かい部分は自身で付け替えるといい。

ショップで任意のパーツを購入

mini4wdgp_13

レアリティは低いがセッティングによっては充分に使える。

パーツはガチャで入手する他にショップでも購入できる。

ガチャで入手したパーツの足りない部分を補うかたちで集めていくのがオススメだ。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。