キングダムオブレギオン

キングダムオブレギオン

Ozaak Soft

ターン制ストラテジーゲーム

読者レビュー (1)

ちょいエロ脱衣ありのファンタジー戦略シミュレーション!指揮官を招集し、兵士と合わせて戦略バトルに挑戦

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

kol_01

指揮官と兵士を編成して挑め。

クセは強いが、やりこめる戦略SLG!

「キングダムオブレギオン」は、編成がカギを握るファンタジー戦略シミュレーションだ。

都市を繁栄させ、多数の部隊を編成&育成して魔族に征服された五つの王国を奪還しよう。

一部のキャラはタップすることでダメージ(脱衣)絵が表示され、所持する指揮官の数だけ施設を同時にアップグレードできるなど、不具合は多いが良い部分も見えるゲームだ。

スポンサーリンク

内政と戦略の2パート進行

kol_02

編成が勝敗を左右する戦略バトル。

ゲームは内政と戦略パートに分かれていて、内政ではバトルの勝利報酬や時間経過によって獲得した資源を使い、施設を拡張していく。

施設の強化やバトルではキャラが指揮をとるので、内政であらかじめ兵士を生産してキャラとともに編成しておこう。

バトルは対戦する魔族部隊を選ぶとオート進行する。

3×4マスのフィールドでミニキャラが戦い、立ち絵を使ったスキルアニメーションも再生される。

キングダムオブレギオンの特徴はクセの強いシステム

kol_04

2Dビジュアルの雰囲気は良好。

ゲストログインすると知らないアカウントで強制スタートされる、チュートリアルが分かりにくい、UIがごちゃごちゃしているなど所感はあまり良くない。

ただ、そこを乗り越えると良い部分がちらほら見えてくる。

キャラは初回作成時にランダムでプラス・マイナススキルが付与されるが、資源等の消費なくワンボタンでやり直せるので厳選できる。

デザインについても日本向けの2Dビジュアルになっていて一部のキャラにはダメージ絵も用意されている。セリフのパターンがそれなりに収録されているのも好印象。

内政パートについても既存作なら大工の数が決まっていて2~3つほどしか同時にアップグレードできないが、本作はキャラの数だけ同時に施設を強化できる。

序盤から30分ほどで6つの施設のレベルを同時に上げられるなど、手間のかからない仕様になっていた。

内政とバトルで活躍するキャラの育成

kol_05

都市を開発して資源を獲得し、キャラも強化。

キャラはバトルで経験値を得て成長し、一定の確率で新たなスキルを習得する。

兵士の増員、装備品などでステータスを底上げすることもでき、特殊な素材を消費すれば+値強化や昇給も行える。

スポンサーリンク

ゲームの流れ

kol_07
ゲーム開始時に主人公と4人の初期指揮官を作成する。

キャラは生成ボタンを押すたびに変わり、習得しているプラス・マイナススキルも変わる。

kol_08
内政パートではそれぞれの施設に指揮官を置き、資源を消費するとアップグレードできる。

強化されるまでに時間はかかるが、指揮官の数だけ同時進行でアップグレードが可能だ。

kol_09
バトルでは指揮官と兵士を組み合わせた複数のパーティを使う。

あらかじめ編成を行い、3×2のフィールドに配置しよう。

kol_10
バトルはオート進行し、スキルや敵指揮官との戦いは立ち絵で描写される。

倍速も設定可能だ。

kol_11
拠点にある英雄の殿堂で新たな指揮官を雇える。

資金でも確率獲得でき、失敗しても何度でもチャレンジできる。

キングダムオブレギオンの攻略のコツ

kol_12

まずは内政を進める。

ゲーム開始時から豊富な資源を所持していて指揮官もそれなりの数が揃っている。

まずは、内政パートで各施設に指揮官を置き、時間を経過させてアップグレードしていくといい。

配置したキャラの能力にもよるがだいたい30~40分で施設レベルが上がる。

バトルでキャラの能力をアップ

kol_13

兵士の数を増やしておこう。

内政をある程度進めたら指揮官とそれに付随する兵士を編成する。

資源があれば兵士を増やしたり、転職させたりできるのでうまく使おう。

兵士と同様に、指揮官に装備品を付けておくのも忘れずに。

下に続きます