Dark Dungeon Survival -Lophis Fate Card Roguelike

Dark Dungeon Survival -Lophis Fate Card Roguelike

DreamSky

カードRPG

読者レビュー

どのカードが必要か?それが悩ましい!冒険しながらデッキ構築しカードバトルで戦うローグライクRPG

ダウンロード(Android)

Dark Dungeon Survival レビュー画像

カードバトル的な戦闘と、デッキ構築的な探索。TCGとRPGの見事な融合。

戦闘と探索にTCGの要素を盛り込んだローグライク・RPG

「Dark Dungeon Survival -Lophis Fate Card Roguelike(ダーク・ダンジョン・サバイバル)」は、戦闘と探索にTCG(トレーディングカードゲーム)の要素を盛り込んだローグライクRPG。

戦闘では効果的にカードを使って敵を倒し、探索ではデッキ構築を行う。

ローグライクRPGデッキ構築の面白みが融合しており、「どのカードを手札に残すかか」が悩ましくも楽しい…!

スポンサーリンク

バトルはまんまTCG!エナジーを消費しカードを使おう

Dark Dungeon Survival レビュー画像

Energyを消費してカードを使用。中にはEnergyを回復効果を持つカードも。

戦闘システムはTCGそのもの

毎ターン手札からカードを使用し、敵を全滅させれば勝利。

カードを使うにはEnergyというリソースが必要で、カードを毎に定められたコスト分のEnergyを消費する。

「追加でもう一枚カードをドロー」とか「Energyを回復」とかいったカードの効果を上手に組み合わせることが戦闘のカギになるぞ。

探索はローグライク!探索しながらデッキを構築

Dark Dungeon Survival レビュー画像

ひええ!全滅した。Scrollを持っていれば、特殊効果つきで復活できるのに…。

探索シーンではマップ上のポイントを選んでゲームを進めていく。

ポイントによって敵と戦闘や、商人とのカード取引が可能。

ちなみに、死んでしまうと入手したカードを失い、最初のポイントからやり直しローグライクRPG的に作られている。

なお、有料アイテム「Soul Stone」との交換で手に入る「Scroll」があれば、その場で復活することもできるぞ。

スポンサーリンク

「Dark Dungeon Survival」の魅力は冒険を通じてデッキを構築していく楽しさ

Dark Dungeon Survival レビュー画像

ポイントでは様々なイベントが発生。お金を使うべきか否か?実に悩ましい…。

本作、いかにもTCG的な戦闘シーンもおもしろいのだけど、それ以上に探索シーンがおもしろい

本作の探索シーンでプレイヤーが行うことは、ポイントの探索や商人との取引といったイベントを通じて「どのカードをデッキに加えていくか?」という行為。

つまり、本作の探索シーンは、まんまTCGのデッキ構築なのだ。

コインでカードを購入!どのカードをデッキに入れる?

Dark Dungeon Survival レビュー画像

どのカードを手に入れる?商人から買う時に限らず、カード選択が悩ましい。

取引で商人からカードを購入するためには、コインが必要。

コインは戦闘で勝利すればゲットできるけど、戦闘はひとつのポイントで一度きり

なので、限られたコインで、カードを購入することになる。

だから、どのカードを買うか、めちゃくちゃ悩む…。もちろん、だからこそ、おもしろい。

どの順番で探索する?常に突きつけられる選択

Dark Dungeon Survival レビュー画像

探索を続けると、後ろから行動不能ゾーンが迫り、行動範囲が狭くなっていく…。

カードを購入するタイミングも、悩みのタネ。

商人のいるポイントは繰り返し訪れることができるのだけど、画面がスクロールして後戻りできなくなってしまう

ある程度コインを稼いだらカードを買っちゃうか、じっくりコインを貯めてからにするか。

探索面でも、デッキ構築面でも突きつけられる「選択」が、本作の魅力だと感じた。

スポンサーリンク

ゲームの流れ

Dark Dungeon Survival レビュー画像

チュートリアルでは、ストーリーと同時に細かく操作方法をガイダンスしてくれる。

けど、残念ながら日本語に翻訳されていない。とりあえず画面の表示通りに操作を進めよう。

Dark Dungeon Survival レビュー画像

プレイヤーキャラクターは複数用意されていて、ゲーム中に条件を達成するとアンロックされていく。

最初に使えるのはSwordsman。次のキャラクターは、最初のボスキャラを倒せばアンロックされるぞ。

Dark Dungeon Survival レビュー画像

マップから探索するポイントを選ぼう。

ポイントによって、戦闘が発生したり、商人との取引が発生したり、カードが手に入ったり…と様々なイベントが発生する。

Dark Dungeon Survival レビュー画像

戦闘中、カードを長押しすることでカードの効果を確認できるぞ。

英語ではあるけど、単語レベルな上ゲーム的な語感の言葉が多いので、なんとなく効果は理解できるハズ。

Dark Dungeon Survival レビュー画像

ボスはHPが高いうえ大量のカードを使用してくるので、ちょっとやそっとじゃ勝てない。

計画的にデッキを構築する必要があるぞ。

「Dark Dungeon Survival」の攻略のコツはSECRET KILL+STAB

Dark Dungeon Survival レビュー画像

ダメージに加えてカードを追加ドローできる「Wind Blade」。

本作の戦闘で威力を発揮するのが、手札にカードを加えてくれる「追加ドロー」の効果を持ったカード。

中でも「Secret Kill」は、強力な武器になってくれる。

ずっとオレのターン!SeCRET KILL

Dark Dungeon Survival レビュー画像

「Secret Kill」は「Stab」との組み合わせが強力!

「Secret Kill」はコスト1Energyのカード。

その効果は、敵に5ダメージを与える。もし「Secret Kill」の攻撃で敵が死亡した場合、1Energyを手に入れ、手札に「Secret Kill」自身をコピーするというもの。

追加ドローではないが、コピーも手札にカードが追加される点では一緒。

「Secret Kill」で敵にトドメを刺す限り、Energyも「Secret Kill」も減らない。「ずっとオレのターン!」が実現できてしまう。

とはいえ敵のHPはたいてい6以上あるので、コスト0で使える「Stab」と組み合わせることがポイントになる。

必要なカードだけ買う!デッキはいたずらに増やさない

Dark Dungeon Survival レビュー画像

このデッキではボスを倒せなかった…。デッキ構築を若干失敗しちゃった例。

戦闘でもっとも望ましいのは、毎ターン目的のコンボに必要なカードだけが出るという状態。

このため、カードを購入する際は「これ使うかも…?」程度のカードではなく、「これは絶対に使う」と、使いどころが具体的に想像できるもののみにしよう。

カードを適当に買ってデッキの枚数を増やしてしまうと、「オレのターン!…いらないカードばかりで行動できないぜ…!」なんて状況になっちゃうぞ。

下に続きます