Dragon Strike: Puzzle RPG

Dragon Strike: Puzzle RPG

Ember Entertainment

クラクラ系ゲーム

基本プレイ無料

放て、ドラゴンストライク!国造り系とパズルRPGを両方楽しめちゃうドラゴン育成パズルRPG

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Dragon Strike: Puzzle RPG

マッチパズルRPGと国造りシミュレーションが同時に楽しめる!

たくましいドラゴンを育てて敵を討て!

「Dragon Strike: Puzzle RPG」(ドラゴンストライクパズルRPG)はマッチパズルRPGと国造りシミュレーションを融合させたファンタジーRPGだ。

数百を超えるヒーローやドラゴンを召喚し、 帝国を成長させ、国家を復興させていく。

ストーリー描写もしっかりあり、どこか懐かしいファンタジックな雰囲気に浸れる。スクショ以上に面白いゲームに仕上がっていたぞ。

パズルRPGも建国ゲームも同時に楽しめる

「Dragon Strike: Puzzle RPG」

色に対応した属性で、消したブロックの場所を攻撃するシステム。

コンボをつなげて強烈な魔法を放つ。スマホゲーマーには親しみやすいマッチパズルをRPGに仕上げている。

それだけでは普通と言われかねないが、建国シミュレーションのような育成も楽しめ、PvP的なオンライン要素も実装。日本語にも対応。え、結構すごくない?

「Dragon Strike: Puzzle RPG」の特徴はパズルも建国もできるゴージャスさ

Dragon Strike: Puzzle RPG

洋ゲー感あるキャラデザもいい感じなんだよなぁ。ムチムチ。

「パズドラ」「クラクラ」以降、現れては消えていったパズルRPGや建国ゲー。まさか別ジャンルを掛け合わすとは。恐れ入谷の鬼子母神。

国造りの育成、マッチパズルの戦闘、どちらのクオリティも高い。節操ないミクスチャー具合がゴージャスだよ。

模倣ではない戦闘システムが楽しい

Dragon Strike: Puzzle RPG

大連鎖を組んだときの中毒性は言うに及ばず。

その中でもパズルRPGの戦闘システムに注目したい。消したパズルの色だけじゃなく「場所」によって攻撃対象が変わるのが独自要素だろうか。

これにより縦に消して集中攻撃したり、横に消して範囲攻撃をしたりと、パズルにも戦略が広がる。

もちろん属性やスキルもあるので作業ゲーにならないバトルを楽しめるのだ。

ゲームの流れ

Dragon Strike: Puzzle RPG

やはり海外ゲーでも負けイベントからスタートがセオリーか!

というわけで国を追われるヒロイン。日本語はちょっとカタコトかな?

Dragon Strike: Puzzle RPG

よっしゃ国造りじゃ!復讐じゃい。この荒れ地を帝国にしていくのだ!

たとえ1分の建設だろうと無料じゃできないのがシビア。だがそれがいい。

Dragon Strike: Puzzle RPG

よっしゃードラゴンゲッチュ!

このゲームではいわゆる「装備」のようにステータスをバフさせる役割。要強化。

Dragon Strike: Puzzle RPG

敵の色が属性。弱点をついて攻撃しよう!連鎖も組みやすいように調整されてる模様。

もちろん4つ、5つと同時消しして強力な攻撃が放てる。スキルが溜まったらタップで発動だ。

Dragon Strike: Puzzle RPG

広大なワールドマップ。俺たちの戦いははじまったばかりだぜ!

チャットやギルドもあるし日本語ユーザーも結構いるっぽい。レベル4まであげて会話を楽しもう!

「Dragon Strike: Puzzle RPG」序盤攻略のコツ

Dragon Strike: Puzzle RPG

とにかく召喚しまくって強化素材にしまくろう。

まずは城を最優先でアップグレードしていきたい。石材が不足しがちなため、優先的に採石場のレベルを上げてたほうがいい。

あとは訓練用のヒーローを募集し、彼らを素材(失礼)にして強化しまくっていこう。ドラゴンもキャラもレアまでは無課金でも獲得できそうな雰囲気だ。

最適な行動を選択して戦おう

Dragon Strike: Puzzle RPG

後は各ユニットの属性をばらけてパーティ編成することかな。基本ですかね。

バトルについては、全体回復持ちのキャラを優先的に強化するのがセオリーだろう。敵の色に合った属性攻撃をすることは…まあこの手のゲーム好きなら当然か。

オンラインや強敵とのバトルでは、敵の攻撃順番を考慮して狙って倒せるとベター。レアじゃないキャラのほうが弱いのでそいつを狙うのもまたベター。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。