HP1の勇者

HP1の勇者

GoToSevenアクション

アクションRPG

基本プレイ無料

勇者の残りHPはたった「1」!Undertale感もあるバトルが特徴の死にゲーアクションRPG

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

HP1の勇者

立ちふさがるボスキャラ達の攻撃をギリギリでよけて反撃だ!

一瞬の操作ミスが命取りの死にゲーアクションRPG

「HP1の勇者」は一撃で死ぬ緊張感あるバトルがたまらない、ドット絵の死にゲーアクションRPG。

勇者のHPはたった「1」。勇者はモンスターの攻撃をギリギリでかわしつつ、敵の攻撃を吸収して戦っていくバトルが特徴。

弾幕シューティングのような、敵の攻撃パターンを見切っていく回避&攻撃と、ドット絵と8bitのBGMが熱い一作に仕上がっている。

ギリギリで こうげきアップ!

HP1の勇者

勝つだけなら簡単。だが、★3で勝つのはかなりムズい!いいバランスだ!

攻撃をギリギリで避けるほど、勇者の攻撃力が上がり、強烈な一撃を叩きこめる。

モンスターの攻撃を見切らないと、大ダメージは見込めない。エンディングにたどり着くには、かなり厳しい条件で勝利しなくてはいけない。だからこそ燃える。

「HP1の勇者」の特徴はプレイヤーの回避テクニックが攻撃力に転ずる気持ちよさ

HP1の勇者

勇者の動きに残像がついたり、敵キャラがダメージごとに挙動が変わったりするとこにも注目。

開発はGoToSeven。パンドライド (Pandoraid)など、ドット絵のレトロゲーム愛を感じる作風だ。

敵の攻撃を回避する、弾幕シューティングっぽい戦闘に「Undertale」を思い出す人もいるかもしれない。

ただ、ギリギリで回避するのを目指すスリリングなバトルはやってみればすぐわかるが、別の設計思想を感じた。すぐ似てるとかパクりとか言うもんじゃないよ。

やりこみに耐えうるシビアな難度が燃える

HP1の勇者

倒すだけなら楽勝。だが完璧に勝つのはムズい!

正確なタッチ操作とパターン作りをキメて、大ダメージを与えられた時の気持ちよさが格別だ。何度も覚えてクリアしてくの好きなんだよな。

完璧にクリアしようとすると(そうしないとラスボスに挑めない)、何度もゲームオーバーになる死にゲーでもあるので、リプレイする時もう少し俊敏に挙動したら嬉しいんだけどなぁ。ダメすかね。

ゲームの流れ

HP1の勇者

敵の攻撃を読んでギリギリまで近付こう!なんとなくだが、肩はオッケーで顔はダメ。そんな感じかなぁ…。

序盤はまず自分の当たり判定を身体で把握するところからスタートだ。

HP1の勇者

チュートリアル後、いきなり魔王登場!回避不能の技を喰らい即死。

あー確かにこの冒頭の演出、Undertaleっぽいって言われちゃうのかもな。僕はそれ、すげー褒め言葉だと思うけど。

HP1の勇者

ギリギリでよければ大ダメージ。だがかすったら即ゲームオーバー。

勝つまでにかかったターン数に応じて★が増える。

HP1の勇者

集めた★に応じて次のボスがアンロックされていく。

各ボスキャラごとに戦闘BGMが違うのも熱いネ。

HP1の勇者

とはいえ、完全攻略しない限りエンディングを迎えられない塩梅も、アンテと奇妙な相関点も感じる。

作者さんはこういう事言われると嫌かもしれないけど。ゴメン。

「HP1の勇者」序盤攻略のコツ

HP1の勇者

最初のバトルって負けイベントなのかな。どっかに安全地帯ないかな…。

一瞬の操作ミスが死に繋がる。敵のHPゲージが線を超える度に攻撃パターンが変化するので注意。

ただ勝つだけなら、動画広告を視聴することでコンティニューが可能。パターンを覚えるまでは、ギリギリじゃない場所で回避して勝ちを目指してもいい。だが…。

エンディングまで泣くんじゃない

HP1の勇者

★を13個集めなくてはラスボスに挑めない。中々大変。

各ボスを完全攻略、つまり5ターン以内に撃破しなければ★3を獲得できず、エンディングは見れない。これが中々難しい。

勝つだけなら楽勝の序盤の敵も強敵と化す!限界まで攻撃力を高めるには、もちろんギリギリまで近づき、敵の攻撃が上下左右、どちらから来るかを読む必要がある。厳しいが頑張ろう!

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。