Beat The Dead(ビート・ザ・デッド)

Beat The Dead(ビート・ザ・デッド)

OneTonGames

カジュアルシューティングゲーム

読者レビュー (0)

無限に湧き出るゾンビを撃ち殺し!武器アイテムを厳選!絶望世界で生存日数を伸ばす3Dガンシューティング

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Beat The Deadレビュー

線の少ないデザインだけどオシャレで良い感じ。

最後の人間として、全ての力を振り絞り生き延びろ。

「Beat The Dead(ビート・ザ・デッド)」は数え切れないほどのゾンビを指一本のアクションで撃退していくガンシューティングゲームだ。

プレイヤー以外の人間は全てゾンビと化した世界を舞台に、全敵殲滅などのステージクリア型ミッションを攻略して可能な限り生存日を伸ばしていく。

課金要素は強制広告の削除(190円)のみ。ゲーム自体は完全無料で遊び切れるし、手軽にハマれる中毒タイプだからチェックしてほしい。

全方位に注意を向けつつゾンビから逃げ回ろう

Beat The Deadレビュー

パーチャルパッドを360度動かして安全を確保しよう。

操作は指一本で行う移動のみで、射撃やリロードは全て自動でやってくれる。

一番近い敵にターゲットを定めて撃つが、距離が遠かったり遮蔽物があったりすると当たらないので立ち回りには気を付けよう。

弾切れ時は全弾リロードするまで射撃できなくなり、大きな隙を晒してしまう。予め装填するには周囲に敵がいない場所へ逃げ込む必要があるので工夫しよう。

武器はランダムに性能変化&取り捨て方式で強くなる

Beat The Deadレビュー

広告動画を見れば新アイテムの再抽選を受けられる。

ステージクリア時は必ず装備アイテムをゲットでき、銃の性能をカスタマイズできる。

マシンガン・ショットガン・アサルトライフルなどの武器系統があるだけでなく、最大4つのスロットに追加効果が付くトレジャーハント機能もあるぞ。

系統が気に入らなかったり、性能が不満だったりする場合は廃棄して、元々装備していた銃を引き継げるから安心だ。

「Beat The Dead」は程よい難しさと手軽なスケール感で何度も遊びたくなる

Beat The Deadレビュー

オブジェクトの周囲にある円が白く染まるまで居ればクリアだ。

本作、中々に難易度が高い。ゾンビの攻撃を一撃でも喰らうとゲームオーバー、最初からステージをやり直しなのでミスは一切許されない。

拠点防衛系のミッションステージは更に厳しくて、指定エリアの範囲内にいないと進行しないので移動が制限されてしまう。集団相手には地獄だ。

しかも四方八方から敵が無限湧きするから息をつく暇すら無く、プレイ中は常に緊張感がある。

ただし上手くいった時は2分程度でクリアできるから「悔しい!もう一回!」と良い具合に諦めきれず、挑戦心に火を付けるゲーム性となっていた。

元は上司だったゾンビを吹き飛ばせ

Beat The Deadレビュー

爆発に巻き込まれて死ぬ時の喪失感は精神的ダメージが大きい。

ゾンビにも様々な種類がいて、特性を見極めつつ適切な方法で対処しなければならない。

痩せたゾンビは走ってくるから最優先で倒したいし、太っちょゾンビは遅いけど体力が高くて死ぬ時は爆発するから離れる必要がある。

一部ステージにはボスが登場し、圧倒的耐久力と巨体のプレッシャーでプレイヤーを苦しめてくるぞ。

やっぱりレア武器が出た時は嬉しいぜ

Beat The Deadレビュー

武器の系統ごとに出やすい効果が違うみたいだ。

武器スロットの追加効果はかなり恩恵が大きく、運が良ければ連射スピードが1.3倍×4枠分で2.2倍になることも。

ステータスアップだけでなく状態異常の付与もあり、スタン系ならゾンビを足止めできるぞ。発生確率はレア武器ほど高くなる。

武器の系統は同じだろうと効果次第では使い勝手が180度変わるので、それだけレア武器の価値は高いってことだ。

ゲームの流れ

Beat The Deadレビュー

ゾンビアポカリプスが起こった世界、プレイヤーはたった一人の人間として最後まで足掻き続ける。

ゲーム中に明確なストーリーは用意されていないが、アクションを楽しむゲームなので問題なし。日本語未対応な点も気にならない。

Beat The Deadレビュー

フィールドには大量のゾンビと、ウイルス対策用の発電機やグロテスクな卵といったオブジェクトがある。

拠点防衛ミッションなら後者の近くで時間を稼ぐ必要があり、敵が無限に湧いてくるから厄介極まりない。

Beat The Deadレビュー

敵殲滅ミッションの最後にはボスモンスターが出現し、範囲攻撃などの異なるバリエーションで攻めてくる。

体力も普通のゾンビとは比にならないほど高く、一体だけとはいえ気を抜かずに攻撃し続けないと倒せない。

Beat The Deadレビュー

無事にステージミッションを達成すると一日が経過し、また新しいミッションに挑む。この繰り返し。

序盤のアイテムは有用なスロット効果が出にくいけど、ステージを進めるにつれて高レア&強い効果が増えるようだ。

ただし一度クリアしたステージは再挑戦できないので、弱い武器を選んでしまうと苦労するから注意。

Beat The Deadレビュー

やがて武器だけでなくゾンビの種類も増えていき、厳しい環境での立ち回りを求められる。

強い武器を手に入れれば楽しくなってくるので、せめて連射系までは頑張って進めてみてほしい。

「Beat The Dead」序盤攻略のコツ

Beat The Deadレビュー

石ころなどのオブジェクトに引っかかる危険もあるので、周囲は把握しておくべし。

まずは退路を意識した立ち回りを覚えたい。壁を背にして囲まれると逃げ道が無くなるから絶対に避けよう。

敵殲滅ミッションならフィールドを広く使って逃げられるが、防衛系はなるべくエリアに入っておきたいので拠点をグルグル回ることになる。

エリアから出ても進行状況はある程度保存されるから、死ぬくらいなら一旦距離を取って落ち着くのもアリだ。

使いやすくて火力の高い連射武器こそ志向

Beat The Deadレビュー

宝箱がカボチャになっていたりとハロウィン風にアレンジされていた。

弾数無限&敵大量とくればショットガンが強そうなイメージだけど、それは罠だ。

本作では一発で複数の敵を巻き込むことが難しく、リロードも遅いから使い道が無いってくらいメチャ弱い。

逆にアサルトライフル・サブマシンガンなどの連射系は超強くて、囲まれてもオート射撃で一掃してくれるのでオススメ。

偶然かもしれないが、ドロップ報酬を選ぶ時は左にすると連射系が出やすかったので試してみよう。

下に続きます

下に続きます