マッド・ドッグ:仁義なきギャング戦争(Mad Dogs)

マッド・ドッグ:仁義なきギャング戦争(Mad Dogs)

Tsartech

オンラインRPG

基本プレイ無料

ヒャッハー!残酷すぎるギャング抗争を描く、濃すぎるシミュレーションRPG。

ダウンロード(iPhone)

マッド・ドッグ:仁義なきギャング戦争

▲ヒャッハー!汚物は消毒だー!暴力の支配する街で生き残れ。

R-18の仁義なきギャング戦争残酷絵巻。

マッド・ドッグ(Mad Dogs)は、濃いビジュアルと世紀末感がたまらないヒャッハー系ギャングRPGだ。

現代を舞台に、ギャングを結成し、管理、支配していく。銃や車をアップグレードし、敵ギャングとの抗争を繰り返す血なまぐさい物語となっている。

銃撃戦があり、血潮が飛び散る。コミカルながら暴力的な演出が強烈だ。R-18指定になっているほどの異色の殺伐さを堪能しよう。

濃ゆいビジュアルと暴力に魅せられる

マッド・ドッグ:仁義なきギャング戦争

▲萌えもヘチマもないハードコアな世界観!

なんといっても北斗の拳もびっくりな、劇画調の濃ゆいギャングたちのビジュアルが魅力。肝心の戦闘はシミュレーションRPGのようにマス目上のフィールドを移動する銃撃戦となっている。

課金要素として金塊があり、宝箱の開封を早めたりコインの代替として利用可能。また、スターターキットとして240円で銃や車を一気に購入可能だ。

マッド・ドッグ(Mad Dogs)の特徴は濃ゆいギャングたちの戦略性あるバトル

マッド・ドッグ:仁義なきギャング戦争

▲火炎放射やグレネード。冷凍ガスまで使うバトル。

冷血なゴロツキの集団を率い、他のシマのギャングを出し抜く。小市民たる俺は、どこかこんなピカレスクな、野望渦巻く戦いに憧れているところがある。

そしてこの劇画調のビジュアルよ。鮮血が散る、容赦ない物語。この腐敗と自由と暴力の真っ只中、タフに生き抜くしかないのだ。

シミュレーションRPGのような戦略性のあるバトル

マッド・ドッグ:仁義なきギャング戦争

▲ジョーカーの必殺技、風船で敵を吊るすのが妙にツボ。

シミュレーションRPGのような、マス目上のフィールドで移動と攻撃をするバトルが特徴。距離を図り、コストを管理して銃撃や必殺技を放っていく。

キャラの特性や武器のチョイスが重要になってくるため、ただ強化するだけじゃなく、立ち回りや戦術が重要になるというわけだ。

ゲームの流れ

マッド・ドッグ:仁義なきギャング戦争戦闘は移動⇢スキル使用の流れになる。APがあまっていれば連続射撃も可能。

ただ銃弾も残弾数が設定されており、リロードが必要。そういうとこはリアルなのね。

マッド・ドッグ:仁義なきギャング戦争

各キャラには固有のスキルがあり、グレネードや冷凍ガス、近距離攻撃など様々。

あと敵が近づいてきたときに反応して射撃するカウンターモードもある。接近戦などでは有効になるだろう。

マッド・ドッグ:仁義なきギャング戦争

本作はスタミナ制はないが、宝箱がボックス制になり一度に4つまでしか開けられない。

クラロワ等を想像してくれればわかりやすいか。早くあけるには有償アイテムの金塊が必要。

マッド・ドッグ:仁義なきギャング戦争

武器ガチャに相当するルーレット。このあたりの硬派なつくりが好きだ。

また、車も装備扱いになり、いい車に乗ってるほどステータスがアップ。ベイビー・ドライバーは面白かったなー。

マッド・ドッグ:仁義なきギャング戦争

汚物は消毒だー!と叫びながら火炎放射。グレネード。残虐さに満ちた世界だ。

本当日本語が変なのがもったいない。とりあえずは英語でプレイしてみてほしい。

マッド・ドッグ(Mad Dogs)攻略のコツ

マッド・ドッグ:仁義なきギャング戦争

▲APの管理が大事。ミリオンアーサーにも似てるね(?)

遮蔽物に隠れるとダメージを半減させられる。序盤はゴリ押しでも大丈夫だが、後半は待ちプレイにすることで被弾を避けられるだろう。

移動と攻撃、両方にAPを消費する。近接すれば連続で攻撃もできるが、被弾するリスクも増すのでHPの管理はしっかり行おう。

日本語が通じない?それ、ニューヨークでも言えんのか?

現在、日本語にすると文字コードの関係か、虫食い文字みたいになってしまい、あまり読めないのが残念。おそらくアップデートで近日中に対応するだろう!それまではニュアンスか英語でのプレイで乗り切ろう。

ちなみにどういうわけかサウンドがなくなることが多いのだが、そういう時はオプションから音符マークをタッチすると音が復活するぞ。そういうとこまで世紀末かよ!

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。