ローグハーツ(Rogue Hearts)

ローグハーツ(Rogue Hearts)

Ninetail Games

ターン制RPG

Android:120円 120円 iOS:120円120円

読者レビュー (0)

正統派ローグライクが斬新なバトルへと進化!ただのディアブロ系で終わらせない無限ダンジョンを踏破せよ

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

ローグハーツ レビュー

▲久しぶりに手放しで推したくなる面白さ!

王国を崩壊させた帝国を討つ、叛逆の物語。

『ローグハーツ(Rogue Hearts)』は3Dクオータービューの自動生成ダンジョンを探索していくローグライクRPGだ。

自分が動けば敵も動くターン制バトルを軸に、タクティクス系SRPGの戦略性ハクスラ風のトレジャー要素を加えたゲーム性がとても面白い。

ジックリ遊び込める良作なので、腰を据えてエンディングを目指すRPGをお探しならゼヒ有力候補にしてほしい。

一進一退の駆け引き&スキルの自由度

ローグハーツ レビュー

▲表示されるマスを見て有利に立ち回ろう。

フィールド上の敵はグループとして固まっており、一定範囲まで近付くと全員で囲むように襲ってくる。

複数のモンスターと一度に戦うから不利な場面が多いけど、範囲攻撃や防護バリアといった「スキル」で突破可能。

巻物などの便利な消費アイテムは使えないけど、スキルはターン経過で再使用できるから強力な効果を何度でも繰り出せるのが嬉しい限りだ。

ローグライクだけどストーリー攻略が中心

ローグハーツ レビュー

▲マップ上にランダムダンジョンが増えていく。

主人公のレベルはダンジョンを出ても恒久的に引き継がれる。近接戦士と遠距離弓師、2つのジョブを切り替えながら育てよう。

明確なシナリオが設定されているのも特徴的。メインクエストを埋めて街の住民やギルドを助けると物語が進展していく。

「宝の地図」を使えば新ダンジョンを発見してアイテム掘りの寄り道をできたりと本筋には関係のないサブクエストも充実しているぞ。

『ローグハーツ』の特長は目新しさと王道的な面白さの両立にあり

ローグハーツ レビュー

▲設定で縦持ちもできる。遊びやすい!

主人公は毎ターン進む毎にライフやスキル充填時間を回復させるので「戦闘を長引かせるほど有利」という普段とは真逆のコンセプトが個性的だ。

満腹度の概念が無いからお腹が空く心配も無用だし、6歩ほど動けばスキルを再発動できる短期的サイクルなので如何に一歩分の猶予を稼げるかが重要となる。

細かいアレンジを統合させたシステムが斬新で、最初はローグライクにグリッド系の戦略を取り入れただけと思っていたが全く別のバトルへと発展していた。

攻撃時はタップ1つでオートターゲットなど操作性もバツグンだし、後述するやり込み要素を含めて完成度はトップクラス。これで120円は安い。

ガチャを排除した自力獲得型の成長システム

ローグハーツ レビュー

▲高難易度ほどレアな図面や素材がドロップしやすくて燃える。

装備アイテムは一個毎にステータスが違い、同じ見た目でもレアリティやランダムオプションによって性能が大きく変わる。

「図面」があれば直接製作することも可能。ダンジョン内の木箱や鉱石を壊して素材を集めれば確実に手に入るのが嬉しい。

ドロップ目当てで何度も潜りたくなるハクスラ系の中毒性と、快適かつ飽きないローグ×タクティクスバトルの相性がとてもイイね。

ゲームらしい面影にドップリ浸りたくなる

ローグハーツ レビュー

▲多少野暮ったい3Dモデルも逆に味が出ている。

一応追加課金すればゲーム攻略を便利にできるアイテムも買えるけど購入時の120円だけでも理不尽さを感じさせないレベルデザインが絶妙だ。

スタミナ類の制限要らずで遊び続けられるし、裏ボスダンジョンや伝説装備といったクリア後のお楽しみも隠されているのもポイント。

有料アプリならではの家庭用ゲームっぽいコンセプトが硬派でステキ。トロールやドワーフが登場する北欧ファンタジーな世界観も魅力よ。

ゲームの流れ

ローグハーツ レビュー

プロローグでは幼少期の主人公が王国を滅ぼされる瞬間を目の当たりにしてしまう。

本編は十数年後の話なので平和だが、どこか影のある背景設定が戦記RPGらしくてイイね。

興ざめするコミカル要素もなく硬派なイメージを保つビジュアルも好印象だ。

ローグハーツ レビュー

ダンジョン内の長期戦が有利なのは探索面でも共通している。デメリット無しでアイテムを探せるから超気楽。

部屋ごとにトラップが仕掛けられていて、指定ターン数以内にオブジェクトを破壊すれば宝箱が貰えることも。

ネトゲにもよくあったパズル要素を落とし込んでおりローグライクの皮を被った新タイプとして良い感じだ。

ローグハーツ レビュー

一部の希少な宝箱は開封にレア通貨を必要とすることもあるが、あくまでオマケの存在なので開けなくても問題なし。

上位ダンジョンへ入場できるようになる地図やチケットを手に入れたら更なるレアアイテム入手のチャンス。終わりが見えない。

ローグハーツ レビュー

使用するスキルは自由にセットでき、装備を分解して得たAPで威力やクールタイムを高められる。

当てるだけで敵を気絶させるなど強力な技も多い。アイテムをケチってしまう貧乏性な筆者にとっては遠慮なく使えて良かった。

ローグハーツ レビュー

拠点となる街にはたくさんのNPCがいてクエストの受注や専用アイテムを買い取れる。

他にも「酒場」で他のプレイヤーが同席するMO要素があったりとまだまだ楽しめそうだ。

後はアナタの目で確かめてくれ!(お約束)

『ローグハーツ』序盤攻略のコツ

ローグハーツ レビュー

▲弾数無限で撃てるから遠距離楽しい。

まず最初にワールドマップの環境設定から操作設定をクラッシックに変更しよう。スマートだと一歩単位の調整が難しいのでオススメできない。

序盤はサブクエよりも黄色く表記されるメインクエストに絞って進めたほうがおトク。ストーリーの中で手頃な装備が整うしプレイヤー経験値もウマイ。

最初のダンジョン「モネディア鉱山」を制覇すると新主人公アーチャーが使えるようになるので、まずはそこを目指そう。

ボス毎の対処法を見出して攻めすぎないように

ローグハーツ レビュー

▲ダメージダウンがあれば持久戦に持ち込みやすくなる。

ダンジョン最深部で出現するボスは各々がユニークな特性を持ち、ザコ兵を召喚したり正面方向のダメージを無効化したりする。

特殊アクション発動時には気合溜めオーラを発するので、見えたら必ず退こう。その後の隙にスキルをぶち込めばオッケー。

ステータス的に厳しい場合は大人しくレベルを上げるか、道中をくまなく探索して「篝火」を拾おう。ステータスボーナスが付いて戦闘がラクになる。

アイテムの還元して効率的に強くなろう

ローグハーツ レビュー

▲製作時は鉱夫組合で素材を生成するのを忘れずに。


要らない装備を「分解」するとAPを獲得でき、スキルの強化に使える。最強装備以外は全て処理してしまってオッケー。

ただし高レアアイテムは温存推薦。装備の強化には同レアリティ素材が必要なので青色以上は残しておいて損はない。

「製作」は序盤なら後回しにしてメインクエストが辛くなってきたら装備を見直すぐらいの感覚で進めよう。

下に続きます

下に続きます