アイドルソルジャー(Idle Soldier)

アイドルソルジャー(Idle Soldier)

パブリッシャー captains

ジャンル カジュアルRPG

ゾンビ絶対殲滅!3DオートバトルRPG!キャラや銃器を育成し、不死者が闊歩するダンジョンを探索

※このゲームは配信が終了したかURLが変わっています。

Idlesoldier_01

見た目は3Dガンシューティング。育成以外はオートで進める!

ゾンビ絶対殲滅!3DオートバトルRPG!

「アイドルソルジャー(Idle Soldier)」は、ゾンビがはびこる世界で生存をかけて戦う3DオートバトルRPGだ。

プレイヤーは指揮官となり、屈強なソルジャーたちを率いて次々と現れるゾンビとの戦いに明け暮れていく。

キャラのレベルをガンガン上げ、武器を切り替え、ドローンのような戦術兵器を駆使してインフレ気味にキャラを育成しながらテンポ良くゲームを進めよう。

多彩なソルジャーたち

Idlesoldier_02
サングラスをかけたクールな女戦士や黒いスーツを着たエージェントスタイルの男戦士まで、多彩なキャラが登場!

ミッションの達成報酬や初期所持しているダイヤを消費し、新たなキャラを手に入れて鍛えよう。

見ごたえありのフルオートバトル

Idlesoldier_03
バトルは3Dガンシューティングのような視点で進み、4人のキャラが次々と現れるゾンビたちを自動で攻撃する。

ゾンビ討伐時に得られる資金を使ってキャラのレベルを上げ、キャラ固有のアクティブスキルや、パーティ全体に効果のある特殊スキルを適切なタイミングで使おう。

アイドルソルジャー(Idle Soldier)の特徴はガンシューティングのような見た目

Idlesoldier_04

視点を変更できるなどアクションはそこそこ見ごたえがある。

見た目は思いっきり3Dガンシューティングゲームだが、照準を合わせるなどの操作がフルオート化されている。

プレイヤーは不死者たちがガンガン吹っ飛んでいく様を見ながらキャラのレベルを上げ、スキルを使ってバトルを円滑に進めていく。この地味な作業感が心地よい

転生で得た特殊通貨でキャラを永続強化することができ、ダンジョンモードも搭載されていてボリューム感についてもそれなりにあるようだ。

リターンで特殊通貨を獲得

Idlesoldier_05
放置系RPGではお馴染みのリターン(転生)機能があり、一定のステージに到達すると最初のステージに戻って特殊通貨を獲得できる。

キャラのステータスやスキルの永続強化に費やそう。

放置して資金稼ぎ

Idlesoldier_06
本作はスキルの効果を受けない初期状態でも資金の獲得量が多く、キャラのレベルを一気に上げることができる。

アプリを閉じている間に資金を稼ぐ機能があるので、ある程度ステージを進めてから放置するのもありだ。

ゲームの流れ

Idlesoldier_07
バトルは基本オートで進むため、序盤はキャラのレベルを適度に上げていけばいい。

ステージの切り替わり時に数秒だけレベルアップが行えないので気をつけよう。

Idlesoldier_08
バトル中にキャラ固有のアクティブスキルを使用できる。

体力の回復や範囲攻撃を行う手榴弾、ドローンによる追撃など様々な効果がある。

Idlesoldier_09
画面左上にはパーティ全体に効果を及ぼすスキルボタンがある。

全体回復やヘリによる強力な攻撃を行えるようだ。こちらもアクティブスキルと同様に、使うと一定のクールタイムが発生する。

Idlesoldier_10
キャラのレベルはリターンするとリセットされる。

替わりに特殊通貨を得られるので、キャラやスキルの永続強化に使おう。

Idlesoldier_11
ステージを進行させると、通常モードの他にダンジョンにも挑めるようになる。

クリアするとダンジョン用の特殊通貨を獲得でき、ショップで貴重なアイテムボックスが買えるようだ。

アイドルソルジャー(Idle Soldier)の序盤攻略のコツ

Idlesoldier_12

小まめにリターンを繰り返そう。

序盤はリターンを行うための最低到達ステージ数が20弱なので、短いスパンで周回プレイが行える。

まずは、初期所持している各キャラを永続強化してゆき、ある程度鍛えてからより深いステージに挑もう。

ミッションを達成!

Idlesoldier_13
一定のステージに到達するなど条件を満たすことで課金通貨の「ダイヤ」を得られるミッションメニューがある。

日ごとにミッションが追加されるデイリーメニューもあるので、継続して遊ぶなら毎日達成したい。

ショップを活用

Idlesoldier_14
広告動画を視聴するかダイヤを消費するとスキルの自動使用、レベルアップ操作の自動化を行える。

5分等の時間制限はあるが操作の手間が省けるので、うまく利用していきたい。