お前はまだグンマを知らない名産品篇

お前はまだグンマを知らない名産品篇

DokyoGames, inc.

マンガ・アニメキャラ収集ゲーム

読者レビュー

ニッポン最後の秘境『グンマ』の秘密を解き明かす!?名産品でグンマを知るアニメ公式の放置型SLG!

ダウンロード(iPhone)

お前はまだグンマを知らない名産品篇

こ、ここが「古代グンマ―帝国」か!

謎多き土地グンマの名産品をあつめ、生粋グンマ人からグンマの秘密を暴く放置系SLG!

「お前はまだグンマを知らない名産品篇」は、グンマの知られざる日常を描いたアニメ『お前はまだグンマを知らない』の公式アプリ

グンマの名産物をあつめて、グンマ人からグンマの秘密を暴き出す放置系シミュレーションゲームだ―――キミは生き延びることができるか!?

スポンサーリンク

多大に勘違い(?)されているグンマ人をコレクション!

お前はまだグンマを知らない名産品篇

グンマのことはグンマ人に聞け!

グンマとは、山間部に囲まれた土地であり『ニッポン最後の秘境』などと呼ばれ、ある事ない事ひどい事を散々吹聴されているのが現状。

実態は、あまり知られていないが沢山の名産品や他では見られない風習、ローカルなネタ満載の面白く風光明媚な地域なのだ。

ゲームでは屋台にその名産品の数々をセットすることで、生粋のグンマ人をコレクションしていくことができるぞ。

グンマの秘密を暴き出せ!

お前はまだグンマを知らない名産品篇

一度食ってみたい焼きまんじゅう。

グンマ人をあつめることでグンマの秘密は一つずつ分かってくる。

アニメでも紹介されているローカルなネタ詳細に説明されているので、これを知ってキミもグンマに潜入してみよう!

例によって、君、もしくは君のメンバーが捕えられ、あるいは殺されても、当局は一切関知しないからそのつもりで。なおこの記事は自動的に消滅する(わけがない)。成功を祈る!

スポンサーリンク

「お前はまだグンマを知らない名産品篇」の魅力は、驚くべきグンマの姿!

お前はまだグンマを知らない名産品篇

おなじみの面々もコレクション!

本タイトルはグンマについて調べるだけの内容ではなく、しっかりとアニメ『お前はまだグンマを知らない』の公式アプリであることを忘れてはいけない。

そう、といったJKJJomo Karta Jugend、上毛かるたユーゲント)の面々も登場する。

グンマから追い出そうとする・・・なんて要素はないので安心してコレクションしていこう。

知れば知るほど『秘境』!?グンマ脅威の真実!

お前はまだグンマを知らない名産品篇

グンマの号令は「起立・注目・礼・着席」。「注目」時 何に注目するかは、担任・グンマの神・となりの人など諸説あり。

などといった他の県からしたら冗談だろ?と感じるネタも、リアルのグンマ人に聞いてみたら『ほぼ間違いない。うちの学校では注目時は担任をみてた』などと証言がとれた。

そう―――信じられないコトに、これらのほとんどがグンマにおける常識なのだ。興味が出たら隅々までじっくりと見てみよう。

侮れない名産品群!

お前はまだグンマを知らない名産品篇

知らない物が多いなぁ。

アニメでも登場している名産品たち、本タイトルのメインともいえるモノ。

近隣の県の住民でも知らないモノが多く、やや不思議にも思えるのだが説明の面白さも相まって、非常に食べてみたくなる名産品ばかり。

見ているとマジでグンマに言ってみたくなるから恐ろしい。

スポンサーリンク

ゲームの流れ

お前はまだグンマを知らない名産品篇

ゲームルールは簡単、屋台に名産品をセットして待っていると、グンマ人があつまってくるぞ。

お前はまだグンマを知らない名産品篇

はじめは出店数が少ないが、レベルアップすることで屋台を増やしていける。

手始めに焼きまんじゅうで集客を狙う。

お前はまだグンマを知らない名産品篇

さぁ、うまいぞぅ~。グンマのソウルフードたんまり用意したぞぉ~。

お前はまだグンマを知らない名産品篇

新たな名産品をゲット!更にグンマ人をあつめられる。

それにしても旨そうだな・・・。

お前はまだグンマを知らない名産品篇

グンマ人をあつめて、また一つグンマの秘密が解き明かされた!

しかし、グンマって本当に不思議な県だなぁ。(失礼)

「お前はまだグンマを知らない名産品篇」の攻略のコツ

お前はまだグンマを知らない名産品篇

グンマを楽しめ!

本タイトルに攻略上のテクニックはほぼないに等しい。

だが、敢えて言うならば名産品惜しみなく使うこと、それと新しいモノを優先してセットすると効果的だろう。

他のゲームの合間に、名産品のセットグンマ人あつめを繰り返せばキミもグンママスターになれる―――と、思うぞ。

ちなみに「上毛かるた」の全貌が知りたいなら、実物を調達することをおススメしたい!内容が本当に面白いから。

下に続きます