魔法禁书目录(とある魔術の禁書目録)

魔法禁书目录(とある魔術の禁書目録)

NetEase Games

3DアクションRPG

読者レビュー (25)

3DRPG「とある魔術の禁書目録」の未公開版が日本のストアに掲載(※非公開に)!アニメとゲームが交差する見事なクオリティ

kinsyoindex_01

ハイスピードアクションバトル。

アニメ放送に合わせた公開!?あの人気ラノベ原作のゲーム!

「魔法禁书目录(とある魔術の禁書目録)」は、科学と魔術が再び交差する人気ライトノベルを題材にした3DRPGだ。

2018年10月より放送されるアニメに続き、中国で公開されていた「魔法禁书目录」が日本のストアに未公開(β)版として登場!(※公式発表はまだありません)

今回のレビューは中国版で行ったが、角川が有する人気IPを活用し、「荒野行動」などを手がけるNetEase Gamesが開発した迫力のアクションバトルを一足お先に体感してみよう。

    DL方法

    1.ダウンロードボタンから同タイトルの公式サイトに飛び、画面上にある「遊戯下裁」をタップしてアプリをDL。
    2.アプリを起動し、左下にある快速遊戯(ゲストログイン)をタップ。

    日本のGoogleplayストアに登場か!?

    kinsyoindex_02
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.netease.index.netease_global

    日本のGoogleplayストアからDLできる未公開版が公開されていた(現在スマホ上では非公開となっています)。

    デベロッパーは中国版と同じNetEase Games。データDLは可能だったが、サーバーはオープンされていない状態。

    URLにglobalとの表記があるので今後の情報発表に期待したい。

    あの人気曲と共にオープニングムービーが流れる

    kinsyoindex_03
    冒頭からTVアニメ「とある科学の超電磁砲」OPテーマ「only my railgun」がボーカル付きで流れ、3Dモデルの上条当麻やインデックス、御坂美琴、一方通行らが戦いを繰り広げる。

    ゲーム内でもゲームパッドを使った爽快なアクションバトルを体感でき、原作を再現した各キャラのアクティブスキルも駆使できるようだ。

    魔法禁書目録(とある魔術の禁書目録)の特徴は原産再現度の高さ

    kinsyoindex_04

    禁書の世界が余すところなく再現されている。

    ゲームでは原作やアニメの物語を追体験していくのだが、随所で3Dキャラによるムービー+ボイスが再生され、まさにアニメを視ているような感覚で遊べる。

    このキャラモデリングの再現度がなかなかに高く、違和感がほとんどなかった。

    さらに、物語の節目には爽快なアクションバトルが挿入され、キャラの個性を活かした戦い方ができる。

    科学と魔術ではないが、アニメとゲームが交差するような作りは、非常に魅力的でおもしろかった。

    biribiri動画とのコラボなのかアドベンチャーパートに弾幕が表示される独自性もあるが、この点については好き嫌いが分かれるかもしれない(非表示にすることは可能)

    キャラクターを育成!

    kinsyoindex_05
    キャラはバトルで成長し、ステ振りや攻撃アクションスキルを強化できる。

    キャラカードらしきものをセットしてステータスを上昇させる育成メニューもあり、ステイルなど原作に登場する多彩なキャラを操作できるようだ。

    パチンコでキャラを獲得!

    kinsyoindex_06
    本作のガチャメニューは昔のパチンコのような遊技台で行われる。

    チュートリアルとして1回無料で利用でき、キャラが排出されたが、他にもゲーム内のメールボックスに各種報酬が届いているのでうまく使おう。

      ゲームの流れ

      kinsyoindex_07
      メインストーリーは、原作小説ごとにエリアが分かれている。

      時間経過で回復する脳ポイントを消費し、ステージを選択しよう。

      kinsyoindex_08
      各ステージではムービーシーンのような物語が再生される。

      御坂美琴(CV:佐藤利奈)さんなどアニメと同じ人気声優によるボイスも再生される。

      kinsyoindex_09
      バトルフィールドではゲームパッドを使ってキャラを操作する。

      左側にあるスティックで移動、右側には通常攻撃やハードアタック、ジャンプ、アクティブスキルなどのボタンが配置されている。

      kinsyoindex_10
      アクティブスキルはキャラの特性をうまく再現していて見ごたえバツグン!

      カメラアングルの変化などこだわりぬいて作られている。

      kinsyoindex_11
      当麻の自宅が拠点になっていて、テレビをタップするとストーリーモードへ進む。

      小さい本棚はキャラ育成、大きい本棚はキャラカード、スマホをタップすると全体メニューを閲覧できる。

      魔法禁書目録(とある魔術の禁書目録)の攻略のコツ

      kinsyoindex_12

      ストーリーを進めよう。

      中国語版ではあるがテキストを読まなくても日本語のボイスが再生されるため、ストーリーの内容を把握しやすい。

      とある科学の超電磁砲」のキャラも登場するため、今年10月に放送されるアニメ三期の予習として楽しむのもありだ。

      多彩なキャラを育成

      kinsyoindex_13
      ストーリーではシナリオごとに出撃できるキャラが限定されていることがある。

      基本は上条当麻を鍛えつつ、遊技台で手に入れたキャラなどを育成していくといい。

      好感度システムもあり

      kinsyoindex_14
      メインメニューの「好感度」では、キャラごとの感情を確認できる。

      関係を深めることで様々なボーナスが得られるようだ。

        下に続きます