テラセネ 恋焦がしディフェンスゲーム それでも君を照らしたい

テラセネ 恋焦がしディフェンスゲーム それでも君を照らしたい

SleepingMuseum

2Dアクションアドベンチャーゲーム

413人がプレイ | 読者レビュー (0)

君のせいで彼女は死ぬ。でも少女を守れ。「KUMANTA」作者の新作は、恋焦がしディフェンスアクション!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

テラセネ 恋焦がしディフェンスゲーム それでも君を照らしたいレビュー画像

▲自分の光は、悪魔だけじゃなく、少女をも灰にするものだった。

太陽となって少女を守ろう ただし少女は光で灰になる

「テラセネ 恋焦がしディフェンスゲーム それでも君を照らしたい
」(以下、テラセネ)は、太陽の光で灰になってしまう女の子を、太陽になって守るディフェンスアクション。

太陽になって、女の子に近づく悪魔たちを、光を当てて焼き払っていく。だが、女の子が敵に接触してしまうと、傘を落としてしまい、その間に光を当てると女の子もダメージを受けてしまうのだった…。

あの娘は太陽の Komachi Angel…

テラセネ 恋焦がしディフェンスゲーム それでも君を照らしたいレビュー画像

▲手書き風ながらかわいらしい少女。守らないわけにはいかない。

陽光に当たると灰になってしまう少女。なぜか追いかけてくる悪魔たち。美しいピアノの調べ。シリアスな雰囲気のディフェンス・アクションなのに、キャラはみな人懐っこい。

想像の斜め↑をいくバカゲーアクション「KUMANTA」作者による新作。チェックしないわけがない。

シリアスなストーリーと、かわいらしいコミカルなキャラ&演出

テラセネ 恋焦がしディフェンスゲーム それでも君を照らしたいレビュー画像

▲語尾がクマの執事。絶対どこかで見たことがあるクマ。

傷つける覚悟がなければ、守れない。時にはあの娘をも。悪魔たちは人間味たっぷりに喋るのに、太陽と少女は沈黙をずっと貫いている。

なぜ太陽が少女を守るのか。なぜ少女は光に傷つくのか。謎めくストーリーにも注目しよう。

スポンサーリンク

「テラセネ 恋焦がしディフェンスゲーム それでも君を照らしたい」は魅力的なキャラクターとストーリーに注目

テラセネ 恋焦がしディフェンスゲーム それでも君を照らしたいレビュー画像

▲光にあたった時にはモンスターの姿がちゃんと描かれるのでチェックしてみてちょ。

長いタイトルと同じくらい、太陽の、少女に対する熱い想いを描いたストーリー。これをと言わずになんと呼ぶ。

実は、ふりふら氏は「KUMANTA」「クマVSマから始まる生物図鑑」など、やりごたえある骨太なアクション性、ツッコミどころ満載の濃厚演出、オリジナリティあるイラストと可愛らしいキャラクターを生み出してきた、マイ・フェイバリット・デベロッパーである。今作にも期待しまくっている。

少女も、太陽も、敵すらもかわいらしい。

ゲームしてて思うだろうが、極めてローファイな絵柄ながら、一枚一枚の絵が非常にかわいらしいことに気づくだろう。

執事のクマ、太陽。もちろん、女の子も。いつになく荘厳なピアノの調べがシリアスな雰囲気