ロボッツー

ロボッツー

Sponge Mobile

カジュアルRPG

読者レビュー

2DスクロールRPG+放置生産&合体!粘れば最初から上位機体が作れる!パイロットも搭乗させて敵を倒せ

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

robotwo_01

機体を操ってバトル。

ガンダム風のロボットを生産→合体→バトルさせよう!

「ロボッツー」は、2Dスクロールバトルが楽しめる放置式合体ロボットRPGだ。

それとなくガンダムやマジンガー、勇者王に似ているロボットたち生産&合体させ、世界を侵略しようとするロボット軍団と戦わせよう。

ロボットだけでなくパイロットの雇用機能があり、放置系RPGには珍しいアクションバトル要素も備えたRPGだ。

スポンサーリンク

拠点で機体を生産せよ

robotwo_02
ゲームの主な流れは、拠点で適度に時間を経過させながらタップで機体を生産する。

同種の機体を重ねて合体(上位機体へ進化)させ、この生産→合体→生産…を繰り返して強力な機体を作ろう。

バトルモードは自身で操作できる!

robotwo_02
スタミナ制限のない単独戦や団体戦は、自操作する機体を選び、ゲームパッドを使って敵のロボットに立ち向かう。

操作感は奥行きのないスクロールアクションバトルに近く、アクティブスキルを駆使した広範囲攻撃も繰り出せる。

しかも、報酬の受け取りを含むフルオート機能付き。

このバトル中にも生産ゲージが溜まるため、生産→合体→バトル(ゲージ溜めと素材獲得)を繰り返すことも可能だ。

スポンサーリンク

ロボッツーの特徴は放置系では珍しいアクションバトル要素!

robotwo_04

魅力的なパイロットも雇用できる。

徐々に溜まっていくゲージを消費してロボットを生産!

同じ種類のロボットをドラッグ操作で重ね、上位種のロボットへ合体!

いつもの放置系RPGならここまでだが、本作にはゲームパッドを使った2Dスクロールバトルが採用されている。

既存作と比べてプレイヤーが操作する要素が多く、パイロットの雇用(いなくても機体だけで動く)、単独戦や団体戦、レイドといったモードも豊富で遊びごたえがあった。

研究を行おう

robotwo_05
ゲームの進行で手に入る「赤ジェム」を消費することで、拠点に保有できる機体数や生産ゲージの最大量を増やせる。

赤ジェムの消費量が少ないため、まずは研究メニューを中心にアップグレードするといい。

オーパーツを活用!

robotwo_02
持っているだけで機体の攻撃力などを高めてくれるオーパーツ機能があり、こちらはガチャシステムではあるが、単独戦や団体戦を進めるとチケットが無料で配られる。

赤ジェムを研究費に回せるので、基本的にはチケットだけで利用しよう。

スポンサーリンク

ゲームの流れ

robotwo_07
バトルモードは単独戦と団体戦があり、拠点で生産した機体を使用する。

どちらのモードもパイロットがいなくても出撃できるようだ。
robotwo_08
バトルフィールドではゲームパッドを使って操作し、左にあるスティックで左右移動。

右側にあるボタンで通常攻撃を行い、アクティブスキルを放つ。
robotwo_09
団体戦では、味方のうち1体を操作して次々と現れる敵を倒していく。

ステージクリア時の報酬の受け取りを含むフルオート機能も設定できるようだ。
robotwo_10
敵を倒すとネジや金塊といった素材を獲得でき、それを消費して機体を強化できる。

生産と合体をメインにするなら進化段階の低い機体はなるべく鍛えずに素材をとっておきたい。
robotwo_11
通常のバトルモードの他に、巨大なボスと戦うレイドモードが用意されている。

生産と合体を進めて強力な機体を手に入れてから挑もう。

ロボッツーの攻略のコツ

robotwo_12

単独戦で時間をつぶす。

まずは、最初に配られる赤いジェムを消費して研究メニューの各項目をアップグレードする。

生産環境を整えたらしばらくは拠点だけで合成と生産を進めよう。

強い機体ができてきたら単独戦に挑み、オートでステージを進行させよう。

余裕ができたら生産→合成→バトルを流れで行う

robotwo_13
バトルで時間を経過させて戻ると生産ptが溜まっている。

ふたたび生産→合成を行い、この流れをループさせて上位機体を作ろう。

パイロットは後回しでOK

robotwo_13
パイロットの雇用には赤ジェムが最低でも300個必要になり、研究で消費する量を考えるととても非効率になる。

赤ジェム自体はミッションのクリア報酬や時間経過によって自動生成されるため、まずは研究に費やすといい。

下に続きます