コマンドタップバトル

コマンドタップバトル

Takahiro Ueda

ダンジョンRPG

読者レビュー

高速コマンド×アクションバトル!能力とスキル技を調整して“始まりのダンジョン”攻略を目指すインディーズRPG

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

コマンドタップバトル レビュー

▲シンプルだけど、かなり熱中する内容!

やり込み育成と緊張スピードバトルが両方そなわり最強に見える

『コマンドタップバトル』は、暇潰しの一言じゃ済まされない高速でコマンドを入力するアクションバトルRPG。

主人公=プレイヤーは最初期から挑める極悪ダンジョン「Stage ZERO」のクリアを目指し、ひたすら強くなっていく。

個人開発らしい意欲的なバトルシステムとゲーム性を持っていて、インディーズRPG好きにはピッタリな作品だ!

スポンサーリンク

選ぶのも入力するのも“焦り”が生まれるバトル

コマンドタップバトル レビュー

▲画面内の枠が方向に対応し、最後に真ん中のOK!

戦闘はリアルタイム進行。画面左ゲージが溜まったら敵が攻撃してくるので急ぐ必要アリ。

攻撃は下の4枠から選び、ランダムに表示された上下左右の「コマンド」をタップで素早く打ち込むことでスキル発動。

強い技ほど入力数が増えて難易度が上がり、入力の速さor単発威力のどちらを取るかを迫られる。

何度でも調整可能なカスタマイズ性の高さ

コマンドタップバトル レビュー

▲コマンド数を一個減らしたり、効果イロイロ。

レベルアップ時に得るBPは各ステータスに振り分けることができ、増減の配分をいつでも変更可能。

伸ばすほどに必要ポイントが高まるので、特化だけじゃなくコスパを考慮した上げ方も大事だ。

後述する「スキル」編成も含めれば自在なカスタマイズを施せて、これが楽しい!

スポンサーリンク

『コマンドタップバトル』は緊張と思考と快感が混ざり合ってエライ事に!

コマンドタップバトル レビュー

敵のゲージ溜まり速度もそれぞれ違うし▲

ダンジョンクリアで順次解禁される「スキル」は、近接・魔法・バフ・デバフ・防御の5種類。

防御系の中にも、確実にダメージ軽減する「ガード」と、効果は一秒弱と短いけど完全無効化の「回避」など様々な効果がある。

敵にも個性があり、ゲージ溜めの遅い脳筋なら「回避」を合わせ。速い奴ならこっちまで焦って、後何発ブチ込めるかを瞬時に計算とか。

リアルタイムだからこその緊張感×自由度。「MOTHER2」のドラムロールHPが優しく感じるレベルだ。

効率良く遊ぶための試行錯誤はゲームの醍醐味

コマンドタップバトル レビュー

▲作者さんがテンプレも用意してくれてる。

プレイ中はDPS(ダメージ効率)や、攻略スピードを極限まで高めるべく、自分に適した戦闘スタイルを探ることに。

ダメージ=攻撃ステ×スキル補正と超計算しやすく1の差が大きく響くので、パラメータを何度も調整しつつ、ステージ毎の最適解で挑む。

RPGらしく地道に強くなって突破するか?入力の腕前=上手さでゴリ押すか?と、バランスまで上書きできる勢いも一興。

結局はシンプルなアクションに没頭してしまう

コマンドタップバトル レビュー

▲ながーいのも一瞬で打ち込めるようになるぜ。

色々と小難しく書いたが実際のプレイでは、正確かつリズミカルな高速連打をずっと、何度でも迫られる。

スマホに食い入るほど集中し、指にシュバババと効果音の付きそうな世界、アップテンポなBGM、湧き上がる気持ち良さ?脳内麻薬?

考えるのはスキルを選択する一瞬だけで、後はぜーんぶ忘れてコマンド入力に勤しむ。このギャップがまた良い。

スポンサーリンク

ゲームの流れ

コマンドタップバトル レビュー

開始後、チュートリアルもなくダンジョン選択画面から。

ここは実質ラストダンジョンなので、ボロ負けして「なんだよこのクソゲー」とか思わないで。草原が最初なんです。

ステージゼロが始まりで終点ってのはカッコイイけどね……。

コマンドタップバトル レビュー

バトル画面。うん、忙しい。だって正しいコマンドを間違えず、素早く、戦況見つつだぜ?

それでも適応するのが人間のスゴイ所。一周回って気持ちよくなってからがホンバン。

コマンドタップバトル レビュー

クリア後は追加スキルがショップに並び、習得できるように。

「スロウ」を付与して「ディレイ」攻撃して敵ゲージを遅らせまくったり。ずっと俺のターン!

構築次第で色んな攻略法を考えられる。まー大抵火力ゴリ押しが安定とはなるけど。

死ぬ前に殺しきれるか、何発耐えるかってジリジリ感がイイ。

コマンドタップバトル レビュー

スキル以外に、即物的に使える消耗品「アイテム」もある。4つまで持ち込み。

ゲーム的な判定としては、やはりトレジャー装備などのランダム性のあるドロップ要素もあると嬉しかった。

こういうひたむきに強くなるコンセプトも好きなんだけどね。ガチャも無く確実だし。

コマンドタップバトル レビュー

敵のデータを図鑑で見れたり、さり気ない基盤作りも好感触。

Takahiro Uedaさんのバトルシリーズ3作目、今後の作品にも注目していきたい。

後はアナタの目で確かめてくれ!(お約束)

『コマンドタップバトル』序盤攻略のコツ。

コマンドタップバトル レビュー

▲上の難易度はクリア次第解禁。

ゲーム開始後はメニュー右下の「マニュアル」に目を通そう。チュートリアルが無いけど大丈夫。

初期位置のダンジョンは罠で、右の草原から進めていく。ここが実質最初のステージ。

難易度は最初のNormal>>>後半のEASYなので、草原にこだわらず全ステージ制覇=スキル習得を目指そう。

火力ステータスを調整して残りをHPやMPに

コマンドタップバトル レビュー

▲稀にメタられるから下見も必要。

敵のHPが50なら攻撃力25を二発当てれば倒れるわけで。基本はAtkに「5の倍数」を割り振っていこう。

スキルが増えると少ないコマンドで高威力を出せるが、序盤は大差ないので通常「アタック」技だけでOK。

状況に応じて中途半端に使い分けるより、最初から完全特化で脳死スキル連打した方が大抵強い。

片道切符の稼ぎプレイでレベル上げ

コマンドタップバトル レビュー

▲100EXPでどばーっとレベルアップ!

ステージによって経験値入手量が違い、ザコだろうと倒せば一律。途中で死んでもデメリット無し=死ぬ前提でヨシ。

MPも使い放題で、最高火力をバンバン撃ちまくって「Normal」あたりを周回しよう。ボスは無理だからザコ専で。

「ファイア」魔法を覚えてMgcに40ほど極振りすれば「StageZERO」の敵も倒せて爆ウマ。入力頑張ってみよう。

下に続きます