EARTH WARS(アースウォーズ)

EARTH WARS(アースウォーズ)

株式会社ワンオアエイト

2DアクションRPG

Android:480円 480円 iOS:480円480円

読者レビュー

敵の能力を“人体改造”で奪い取れ!「メタルギア」「地球防衛軍」好きにブッ刺さるSFアクションRPG

ダウンロード(Android)

EARTH WARSレビュー

▲まずこのダークな世界観に惚れるよね。

己の身に怪物を宿し、地球の夜明けを取り戻せ――

『EARTH WARS(アースウォーズ)』は、未知の怪物に立ち向かう地球規模の最終戦争を描いた近未来SFアクションRPG。

崩壊した世界。人類は敵から得た“体組織”を改造手術で体に組み込むテクノロジーを唯一の反撃手段として利用。兵士達の命をも捧げて――。

元はPS4といった家庭用ゲームのDL専売作で2000円だったが、スマホならワンコイン以下と4分の1以下!追加課金ナシでお買い得!

荒々しさもあって人を選ぶ作品だが、一度気に入れば超!ハマり込めるスルメタイプなので見定めて欲しい。

スポンサーリンク

快適ロードで爽快な横スクロールアクション

EARTH WARSレビュー

▲強固な敵は、背後からゲージブレイクだ。

探索フィールドは「悪魔城」「ロックマンゼロ」のように枝分かれしていて、敵ともシームレスに戦闘可能。

攻撃技はボタン+移動キー入力で多様に派生し、条件を満たせばその場で「新技」を閃いて習得することも。

他にも5連ブーストダッシュなどスタリッシュアクションが豊富で、空も地も縦横無尽に跳び回れるぞ。

理解するとスッキリ楽しい人体改造システム

EARTH WARSレビュー

▲最初はマジ迷う。背骨はまだまだ伸びます。

敵からドロップする様々な「部位」の素材アイテムを集め、100種近くの武器やアバター防具といった新装備を開発。

作成時の配分は自由に決めるが、素材次第で燃焼・麻痺・吸血といった「状態異常・属性効果」が付くハクスラ風のやり込み要素アリ。

そして「スキルリンク」システム。百数個を1つ1つ紐付ければ、組み合わせ次第で好きに能力を発揮できちゃう。

スポンサーリンク

『EARTH WARS』は尖ってるけどゲーム然とした醍醐味を持っている!

EARTH WARSレビュー

▲ビデオ越しにストーリーを遺す演出。イイ。

人体改造に身を堕とし、の恐怖に脅かされながら、地球を救うべく、絶望的な侵略者と争い合う兵士達。

「テラフォーマーズ」「地球防衛軍」といった作品群に通じるロマンがあり、散りばめられた裏設定もすごく興味深い。

2Dアニメーションと3D背景の合成で描かれるビジュアルも非常に見栄えして、人類の命運を賭けた壮絶な反撃戦には没入すること間違いナシだ。

ご褒美の置き方が上手くて熱中してしまう

EARTH WARSレビュー

▲個性あるフレーバーテキストとかも。

新スキルはミッション中の「クリア時ランク達成」や「一定回数使用時」に得られる。つまりフツーに勝つだけじゃダメ。

難しいコンボを決め、銃は使わず剣だけ使い、あえて能力に制限を施したり。自主的な「チョイ縛り」がバトルに深みを与える。

本筋以外のサブミッションも充実しており、人類の危機より「スキル目的の寄り道」を最優先にしちゃうくらいだ。

大手の豪華作とは異なるマイナー路線が最高!

EARTH WARSレビュー

▲エフェクトが上手でチープさは皆無。

残念ながら、理不尽な敵・分かりにくいメニューといった問題点も一部ある。しかし本作は前向きな挑戦の結果だと思う。

お金を贅沢に使った作品とは違う方向、創意工夫により極限まで煮詰めた「SIMPLEシリーズ」のような荒削りの魅力。だからこんなに面白い

もちろん家庭用としての基準が前提であり、有料だろうとスマホゲームとしては別格級であることも伝えておく。

スポンサーリンク

ゲームの流れ

EARTH WARSレビュー

ストーリー。登場キャラはボイス付き。重厚なイラストが好き。

洋画のような演出があり、主人公を影で支える人物たちも描写される。

EARTH WARSレビュー

フィールドマップ。ここから各ミッションへ出撃。

一定間隔で回避不能な巨大ストーリーボスが出現し、タイマー時間が迫ると強制的に出動させられる。

つまりミッション挑戦数には限りがあり、フリーミッションも有限そうなのだが、人類が負けてしまうと……?

EARTH WARSレビュー

ステージ画面。縦にも横にも道があり、マップを見ないと迷うくらい。

ブーストダッシュでズバズバ駆け回るアクションと、コンボを駆使した爽快バトルが楽しい。

他の兵士ユニットは何してるのって感じだけど、メタルスラッグみたいな背景的扱いってことでどうか。

EARTH WARSレビュー

装備画面。製作時の素材は同系統なら、上位レアを入れて消費数を減らすといった配慮も。

属性付与の組み合わせや、レア素材を巡ってドロップ周回とか。RPGらしい要素が楽しい。

EARTH WARSレビュー

進めると2刀流や両手弓といった新武器・アクションも増え、更に幅が広がる。

ステージも雪原からマグマ地帯に至り、最終的には地球を遠くに見据える月での大決戦も……?

後はアナタの目で確かめてくれ!(お約束)

『EARTH WARS』序盤攻略のコツ。

EARTH WARSレビュー

▲トドメは範囲巻き込み攻撃としても優秀だ。

まずはスキル収集に勤しもう。微ネタバレだがフリーミッションは後からいつでも回収できる。

HPの回復手段は少なく、序盤は敵瀕死時の「デストロイアタック」くらいで貴重。進めれば吸血装備とか増える。

スコアポイントを稼ぎやすい項目を狙おう

EARTH WARSレビュー

▲魅せるアクションを心掛けるのもマル。

Sランク到達を目指すべく、遊んでいる内に見つけた簡単そうな項目はステージ開始後から意識して取り組もう。

「地上戦のみ」銃を使わず「右手のみ」。このへんは簡単に狙える1000点なので覚えておこう。

難しいけど「ノーダメ」も高い。後は「一撃で倒した」も鳥の集団にデストロイを決めればラクだ。

掴み投げを中心にコンボを組み立てる

手頃なサイズの相手には「投げ」が強く、画面端に追いやれば永久ハメ技も決められる。

剣系なら銃を使ってモーションキャンセルも出来るので様々なコンボを模索してみよう。

下に続きます