WonderWorlds(ワンダーワールド)

WonderWorlds(ワンダーワールド)

パブリッシャー Tequila Works, SL

ジャンル 3Dアクションアドベンチャーゲーム

価格 基本プレイ無料

指先一つで有料級ゲームが誕生!?「リトルビッグプラネット」のように遊べる3Dクリエイトアクション

ダウンロード(iPhone)

WonderWorlds(ワンダーワールド) androidアプリスクリーンショット1

▲アクションと謎解きのプレイ感じは3Dゼルダに近い。

指先一つで、アナタだけの3Dゲームを創造。

WonderWorlds(ワンダーワールド)イメージ

『WonderWorlds(ワンダーワールド)』は、プレイヤーの創作力をゲームに直接反映させられるアドベンチャー。

絵本世界や「どうぶつの森」を思わせる3Dグラだが、「リトルビッグプラネット(LBP)」のように“創って遊ぶ”ツクール系となっている。

ステージを直接いじくれる規格外アクション!

操作は仮想パッドで移動、ボタンのジャンプ「持ち上げ」を使い、高低差のある立体ステージで駆け回る。

謎解きやパズルが主役なのでギミックは多彩。中でも面白いのが「デコ」モードによるプレイヤーの介入。

スワイプで橋を引き寄せたり、岩の精霊に「目」を付けてゴールへ導いてもらうなど個性的な仕掛けがたくさん。

スマホだけで有料レベルの作品が創れる!

オブジェクトを好きに配置した新ステージを創っての共有により、全世界のプレイヤーが遊び合える。

3D空間での自由度と、直感的スマホ操作での配置やプログラミングによるとっつきやすさは前例のないスケール。

その凄さは見たほうが早いので、気になったら公式から動画を見てほしい。スマホアプリの進化を感じられるハズだ。

『WonderWorlds』はこれまでのツクール系をひっくり返す出来!

WonderWorlds(ワンダーワールド) androidアプリスクリーンショット2

▲山に表情を付けてあげたら喜んだ!

まずは小難しいクリエイト要素を置いといて、3Dアドベンチャー単品として遊んでみよう。

ソロモードではギミックを発展させた「可能性」の見本を提示しており、攻略が楽しい上質アクションとなっている。

ステージには髪型といったアバター、クリエイトに使えるデコアイテムも落ちていて、隠し道を見付けだすコレクション要素も。

無料なのが申し訳ないくらいのクオリティ!

バリエーション豊富なギミック
精巧なモーションと物理エンジン
高精度な影をリアルタイムに反映する表現力

無料じゃそうそうお目にかかれない技術をスマートに備えていて、ゲームプレイも視覚的にも大満足。

元が凄いと、ユーザーが創ったステージも品格が出る。そこでクリエイトにも手を伸ばしたくなるワケだ。

プレイヤーの想像力がある限り、なんでも創れる!

指でなぞると足場を描けたり、木から垂直に木を生やしたり、動く棒と玉で「巨大クモ」を創ったり。

踏むとBGMが始まるフラグなど素材のギミック自体も豊富だが、組み合わせ次第で「可能性」は無限に広がる。

工夫を活かし、皆が共有して楽しめる環境。スマホクリエイト系の到達点とすら思える完成度だ。

『WonderWorlds(ワンダーワールド)』序盤攻略のコツ。

WonderWorlds(ワンダーワールド) androidアプリスクリーンショット3

▲適当に置いただけでもソレっぽくなってしまう。

いきなり「創る」のは難しいので、まずは「遊ぶ」側として楽しもう。

ソロモードではコイン的な綿毛コレクションアイテムを収集するとランク経験値を得られる。

他の人のステージで遊んだら「お気に入り」スターを残してあげよう。喜んでくれるハズだ。

ジャマする敵は攻撃後のスキを突こう!

持ち上げたニンジンなどは長押しで投げるが、狙うよりも近付いてから置いて当てるのが安全かつ確実。

離してからもしばらく攻撃判定は残るので、相手を誘導するように立ち回ると効果的。

クリエイトモードは予想以上にできる事が多い!

操作自体は直感的だが、説明がないのでイロイロいじくって覚えよう。

例えばオブジェクトは配置後、点滅中にピンチインで拡大拡縮。スワイプで回転。もう一度タップで確定だ。

平面で考えるより、ブラシなどで高低差を付けると本格度が増すのでオススメだ。

ゲームの流れ

androidアプリ WonderWorlds(ワンダーワールド)攻略スクリーンショット1
さあさあ始まりました。まず絵本のような導入に感動。

ソロ全ステージや追加オブジェクト等のフルアンロックは課金が必要だけど、ゲームモードは全て遊べるので支障がない。

androidアプリ WonderWorlds(ワンダーワールド)攻略スクリーンショット2
アバター設定。面白いのが、口や小物は好きに指定配置すること。

細かい表情もできるし、顔中を花で埋め尽くす狂気の所業も。

androidアプリ WonderWorlds(ワンダーワールド)攻略スクリーンショット3
ステージ画面。

奥にあるのは海の写真。画像貼り付けも自由。

遠隔作動スイッチも、全てスマホでプログラミングできる。

androidアプリ WonderWorlds(ワンダーワールド)攻略スクリーンショット4
持ち上げギミック。埋まっているニンジンを掘り起こし。

指紋マークは指で触って直接動かせる。スマホならでは。

androidアプリ WonderWorlds(ワンダーワールド)攻略スクリーンショット5
夜のステージ。この奥行き…ほんと無料で遊べるのがスゴイ。

エフェクトは何種類もあって、同じマップ配置でも全く雰囲気が変わる。

androidアプリ WonderWorlds(ワンダーワールド)攻略スクリーンショット6
ユーザーが創った雪原の立体ステージ。

有料ゲームでありそうな光景。こんなのを誰もが創れるのだ。

androidアプリ WonderWorlds(ワンダーワールド)攻略スクリーンショット7
ユーザーステージは評価などでランキングも用意される。

この人は顔にネジを埋め込んで目にしてるね。ほんと工夫次第だ。

androidアプリ WonderWorlds(ワンダーワールド)攻略スクリーンショット8
同ジャンルでの遊び幅、敷居の低さ、クオリティ。どれもが最高級だ!

この先はアナタの手でプレイしてみてくれ!(お約束)

関連動画