無人島生存

無人島生存

評価3.5点

Sponge Mobile

RPG

採鉱!伐採!釣り!素材をちまちま集めて2Dスクロールバトルに挑む放置型サバイバルRPG

ダウンロード(Android)

無人島生存 androidアプリスクリーンショット1

左右から現れる敵をスクロールアクションで倒そう。

無人島でデッド・オア・アライブ!生きるために戦う放置系RPG

「無人島生存」は、モンスターが棲む島で生きるために戦うサバイバル放置系RPGだ

不慮の事故によってとある島へと流れ着いた主人公。そこは、人の気配がないモンスターの楽園だった!

採取パートでは時間経過によって採鉱・伐採・釣りの3つを進めることができ、それぞれで素材を獲得できる。このパートはタップ連打で少し加速させられる。

採取で得た素材と通常通貨であるクリスタルを消費し、キャラや拠点や守護獣を強化して準備を整えたらディフェンスモードに挑もう。

このモードは、ステージをクリアすることで日付が進み、その日数によってPvPなどの各種機能がアンロックされ、ミッション報酬も得られる。

バトルは2Dスクロールアクションになっていて、左右移動・攻撃・回避ボタンで左右から現れる敵を倒す。こちらもオート設定が可能だ。

モンスターは中央にある拠点を狙ってくるので、守護獣の力を貸りて左右の敵をバランス良く倒しつつゲームを進めよう。

無人島生存の特徴はシンプルなゲーム性とスクロールバトル

無人島生存 androidアプリスクリーンショット2

素材の採取はオートでも行える。

採鉱・伐採・釣り・で素材を集め、クリスタル(資金)とともに消費してキャラや拠点、守護獣を鍛えていくRPG。

採取パートは放置系に分類され、オートで進む他、タップで少しだけ作業が加速する。

チケットを利用すればさらにテンポアップできるようだが、入手方法が少なく、アプリを閉じても採取できず、一度に獲得できる量も微々たるものなので根気が必要。

アプリを起動したまま放置する、もしくはミッション報酬とログインボーナスで充分な量を補填できるので、気長に遊ぶならありだ。

バトルは2Dスクロールアクション形式で、左右移動や攻撃ボタンを使うシンプルな作りになっている。

こちらもオート設定ができる他、プレイヤーが操作するとキャラの移動速度が増すので操作感はそこそこ良かった。

無人島生存の攻略のコツ

無人島生存 androidアプリスクリーンショット3

キャラを小まめに鍛えよう。

今作は序盤から敵が強く、素材を集めないとどうにもならないので、まずは採取ゾーンで3つの素材を集めることに専念する。

アプリを起動している状態で放置するかタップして素材を集め、ミッションの達成報酬で追加の素材を得たらディフェンスモードへ。

序盤のステージ(日数)で倒されながらクリスタルを獲得し、それと採取で集めた素材を使ってキャラとガーディアンを強化していこう。

日数をこなせるようになるとPvPといった各種モードが開放され、PvPに勝利すると課金通貨のジェムが得られるようだ。

ダウンロード(無料)

ゲームの流れ

androidアプリ 無人島生存攻略スクリーンショット1
ゲームはディフェンスと採取ゾーンに挑み、キャラを鍛えながら進めていく。

ディフェンスゾーンはスタミナ等の消費なく挑めるようだ。

androidアプリ 無人島生存攻略スクリーンショット2
ディフェンスゾーンにおけるバトルはスクロールアクションになっていて、画面左下にあるボタンで移動。

右側には攻撃ボタンと緊急回避ボタンがある。

androidアプリ 無人島生存攻略スクリーンショット3
敵は中央にあるテント(拠点)に向かってくる。左右の敵をバランス良く倒して近づかせないようにしよう。

拠点が壊されると焼き魚による体力回復が行えなくなる。

androidアプリ 無人島生存攻略スクリーンショット4
採取ゾーンでは時間経過で3つの素材を獲得でき、タップすると収集スピードが増す。

この他、ログインボーナスでも各種素材が得られるようだ。

androidアプリ 無人島生存攻略スクリーンショット5
バトルなどで宝箱をドロップし、それを開けると装備品が得られる。

装着するとステータスが増す他、見た目も変化するようだ。

ダウンロード(無料)

レビュワーコメント

納谷英嗣

素材を集めてキャラ、拠点、守護獣を鍛え、スクロールバトルに挑むシンプルなゲーム性が良いね。

納谷英嗣

素材の入手量が少なく、ゲームのテンポを損なっている。アプリを閉じている間にも稼げるといいのに。

無人島生存の基本データ

タイトル 無人島生存
パブリッシャー Sponge Mobile
レビュワー 納谷英嗣
初回レビュー日 2017年8月6日
最終更新日 2017年8月5日
ジャンル RPG
タグ
こちらもおすすめ