きみの夢をみている

きみの夢をみている

評価4.0点

とりおん

恋愛ノベル

青春すぎる。少年は世界に絶望し、脳内の少女と恋する。だが…。傑作学園ノベルアドベンチャー!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

きみの夢をみている androidアプリスクリーンショット1

脳内の少女と学園の2人の少女が、閉塞した主人公の世界を少しずつ変えていく…。

甘酸っぱくもほろ苦い学園青春アドベンチャー+脳内妄想

「きみの夢をみている」は、日常に絶望しきって、脳内彼女と過ごす少年が、少しずつ前を向いていく、青春学園アドベンチャー。


主人公は夢の中で女の子、アイリと会い続け、現実世界を蔑ろにしている。
アイリはこのままで良いのだろうか?と心を痛めている。

アイリは、もっと主人公に現実に目を向けさせようと、『青春計画』を始めるのだった…。

現実に絶望した少年
自分を忘れてしまった少女
少年を一途に想う幼馴染
何かを抱えた孤独なクラスメイト

誰もが心を軋ませて、止まった歯車を動かし始める。
ほろ苦くて忘れられない、きっとそんな夏になる。

このストーリーを読んで、どこか胸が苦しいと思う人も、
またその類ね、と鼻で笑う人も、
是非一度読んで観て欲しい。

ちなみにAndroid、PCユーザーはフリーゲーム配信サイト「Fream!」でプレイ可能。ブラウザ版だとDL不要だ。

「きみの夢をみている」の特徴は甘酸っぱい文章とピアノの調べの美しさ

きみの夢をみている androidアプリスクリーンショット2

そんな絶望的なこと高校生でわかったふりすんなよ。

文章がとにかくいい。


ノベルゲームの地の文やモノローグは非常に重要だ。作者は女子大生とのことだが、日常パートの描き方などが卓越している。


キャラクターのデザインもいい。絵の枚数こそ少ないがタッチも表情も個性的で魅力がある。

そしてストーリー。

主人公が抱いている、世界への絶望。自意識過剰。排他的なナルシズム。都合よく優しい幼馴染と脳内彼女。どこか懐かしい、ノベルゲーム、あるいは美少女ゲームの王道だ。

脳内の恋人と甘い世界に留まっていた主人公。
まるでかつての自分じゃないか。



彼らの青春は、学園生活に馴染めなかった高校生の「俺」も拠り所にした架空の楽園みたいだ。

外に出ようとする彼女。そして魅力的な現実の少女たち。


彼らがどのように進むか、自分は最後まで見届けたい。
これが完全無料でいいのだろうか。

「きみの夢をみている」攻略のコツ

きみの夢をみている androidアプリスクリーンショット3

選択肢は好感度を上下させるのだろうか。

褒めちぎったが、本作は残念なところに、バックログや文字スピードの調整などが実装されていないので(スキップはあるが…)こまめにセーブをとって進めていかないと回想は難しい。

とはいえ、セーブデータのスロット数も限られているので、とりあえず心に刻みつける覚悟で進めよう。

スキップ機能はあるが、既読スキップではないので注意。せっかくの文章を読み飛ばしてたら勿体無いぜ。

この手のアドベンチャー、経験的に、みんなにいい顔をしてるとバッドエンドとかノーマルエンドになりがちだ。まずは好きな人を決めることだね(偉そうに…)。

ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)

ゲームの流れ

androidアプリ きみの夢をみている攻略スクリーンショット1
無垢な白いワンピース。童貞を殺す服とはまさにこのことか。
androidアプリ きみの夢をみている攻略スクリーンショット2
背景が実写を取り込んで加工してるのも特徴だ。
脳内彼女「アイリ」との逢瀬。
androidアプリ きみの夢をみている攻略スクリーンショット3
主人公のモノローグがいちいち気取ってて思春期をフリーズドライしたみたいでたまらない。
androidアプリ きみの夢をみている攻略スクリーンショット4
スーパーマーケットで肉を買うシーン。
こういう一枚のために画像を使うあたりが個人制作っぽくてグっとくる。
androidアプリ きみの夢をみている攻略スクリーンショット5
脳内の彼女アイリは、主人公ゆぅくんがこのまま自分と一緒にいつづけることに葛藤している。
androidアプリ きみの夢をみている攻略スクリーンショット6
2人のヒロインがどちらも、「萌え絵」とは違いつつも可憐でよい。
androidアプリ きみの夢をみている攻略スクリーンショット7
なんだろうこのタッチ。なんでか惹かれるのよね。
androidアプリ きみの夢をみている攻略スクリーンショット8
この集団になじめない感じ。痛いほどわかるんだよ。
ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)

レビュワーコメント

高野京介

青春の甘酸っぱさも、ほろ苦い自意識も描いている。主人公の自分語りが非常に秀逸。

高野京介

いい文章だからバックログやセーブデータの数を増やしたり、既読スキップなどにも対応してほしかったです!

きみの夢をみているの基本データ

タイトル きみの夢をみている
パブリッシャー とりおん
レビュワー 高野京介
初回レビュー日 2017年7月23日
最終更新日 2017年7月22日
ジャンル 恋愛ノベル
タグ
こちらもおすすめ